パリでのフェラ・クティ・トリビュート

パリでのフェラ・クティのトリビュートライブ。

石田昌隆さんのところで存在を知ったのですが、
なんとシェウン・クティのライブ映像がフルでアップされていて、
盛り上がります。
あの可愛いコーラスの二人を見て、かなり前に観た(何年前でしたっけ?)ライブを
思い出します。
シェウンの体の動かし方は何度見てもカッコよく、
タイのアパートで独り真似をしているのは秘密です。
(あと、服もかっこいいね)



このライブの売りはトニー・アレンがゲストで登場、
大名曲"カラクタ・ショウ"を叩くところなのですが、
録音のバランスの問題なのか、バスドラがあまり聞こえず、
なんというか物凄い不安になるリズムになっていて、
うーん、その部分は少し残念かな。

このトリビュートにはローリン・ヒルも出ていたらしく、
アンコールの映像もありますね。
"Ex -Factor"からの"Zombie"。
途中からシェウン達も乱入。



正直に言ってもいいでしょうか?

シェウン・クティ、単独で観る分にはとてもいいけど、
やっぱりローリン・ヒルの圧倒的な存在感には勝てませんね。
サックスも迫力も足りない気もしますが、これは録音との関係もありそうなんで、
まあ、良いとしても、スターとしての華やオーラの部分ではまだまだかな、と。

圧倒的すぎた親父さんとどうしても比べられてしまう損な役回りだし、
ブランクがあるとは言え、ローリン・ヒルと比べられて華で勝てる人も
そうそういないのですけどね。

ということで、ローリン・ヒルは10月に来日しますが、
圧倒的なオーラに負けない圧倒的なチケット代!のビルボードは無しとして、
ゼップ東京辺りは行っといたほうがいい気がしてきましたね。
が、しかし、先立つものが・・・。
[PR]
by zhimuqing | 2016-09-18 06:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 昔りぞらばという曲がありましたな 人生は一期一会 >>