なんという香ばしさ

萩生田光一官房副長官
5月13日午後の記者会見

スポーツ庁の報告によると、招致委員会では招致計画づくり、プレゼンの指導、国際渉外のアドバイスや、実際のロビー活動、情報分析など多岐にわたる招致活動について、当時、複数の会社と業務委託あるいはコンサルタント契約を行っており、今回報道されている招致委員会からの支払いは、そのうちのひとつであることが確認できた。

本件は正式な業務委託に基づく対価として支払ったものであり、疑惑を持たれるようなものではないと思っている。

組織委員会によれば、契約した代理店は、2015年の北京国際陸上の招致のコンサルタントなどを請け負った、大変実績のある会社であり、かつ、アジアや中東の情報分析のエキスパートであったことから、依頼を行ったものと聞いている。


そのコンサル会社の所在地となっている公営住宅がこちら

e0147206_16532496.jpg


NHKKKより

この会社の所在地として、シンガポール東部にある公営住宅の1室が記載されていて、NHKの取材班がこの場所を訪ねたところ、男性の家族とみられる女性が応対し、男性が住んでいることを認めました。そのうえで、「自宅にはめったに帰ってこない」とだけ話して、それ以上の取材には答えませんでした。また、近所に住む女性は「家族は知っているが男性に会ったことはない。この公営住宅で会社を経営している人がいるなんて聞いたことがない」と驚いた様子で話していました。
[PR]
by zhimuqing | 2016-05-14 16:53 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< タイの夜 木曜日は紫の日 >>