モヤーン襲来その2

モヤーン氏のウェディング・パーティーにて
マクンヴァ・アーケストラ復活ということで、
1月に引き続き、都内某所で練習。
本番が来週に差し迫る中、限られた時間ではあるのだけど、
そこは昔取った杵柄、密度の濃い練習で本番が楽しみだっ!
e0147206_20243684.jpg
と思わせつつ、練習後に虎ノ門某所のW親分の元をモヤーン氏紹介がてら訪問。
すると、まさかの夜中1時からのスタジオでのガチンコ対決で
精も根も尽き果て、翌日は昼前まで爆睡するのでありました。
これはこれで学生の頃を思い出しますねぇ。
e0147206_20254098.jpg
本邦初公開、ピアノを弾くモヤーン氏。
e0147206_2026445.jpg
カウベルとペダルを用いて謎の特訓をしている
モヤーン氏とレイ。
e0147206_20272855.jpg
モヤーン氏おすすめの2冊。
次回のタイ出張までに購入して持っていく予定。

氏と音楽を聴くと色々発見があるのですが、
今回気に入ってもらえてうれしかったのが
リー・ペリーの最初期音源を集めたこの編集盤。
e0147206_20283360.jpg
スタジオ・ワンでコクソン・ドットの子分として活動しつつ、
自分名義で吹き込んでいた曲を集めた全12曲。
60年代半ばの録音、ということはバックはスカタライツ!

ペリー好きの間ではあまり評判になることはないと思うけど、
これはこれで結構な名盤だと思うのです。
他のヴィンテージのスカに比べると、
なぜかネチャとかムキャとしたナ行の音が目立つ気がする。
もちろん歌が上手いわけでないが、上手い下手で良し悪しが
決まるわけでないところが、音楽の良いところ。
ペリーならではの楽しい仕掛けも随所にちりばめられている。

個人的にはロイド・ニブのドラミングが素晴らしいというか
猛烈の興味がそそられるところでありますが、
モヤーン氏はベースのロイド・ブリヴエットが肝だ!ということで、
同じリズム隊でも聴いているところはやっぱり違うなぁと。
ということで、結婚式は来週土曜日!いったいどうなることやら。
[PR]
by zhimuqing | 2016-02-13 23:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)
<< ヴァレンタイン 臍を噛む >>