ラフでラフでタフかな

そんなわけでVOODOO LOTUS、新春1発目は
恒例?のレコーディング。
e0147206_12744100.jpg
昨年1月に【黄色い太陽】をレコーディングしたわけですが、
バンドの名刺代わりの一曲を音源化せんといかんやろ?とのことで
今回選ばれたのはごく一部の間でテーマ曲とも呼ばれている
ライブのオープニングを飾るこの曲、
【Here Comes VOODOO LOTUS】
そうです、ミスターPの語りが最高の一曲です!

前回と同じように、今回も試行錯誤の荒波の連続。
狙っているけど的に当たらない、とか
狙いは抜群なんだけど、結果的に的に当たらなかったとか、
方向性は良かったのだけど届かなかった、とか、
そもそも的そのものが見えていない、とか
まあ、様々なドラマがありつつも
レコーディング・エンジニアのT橋さんの手腕と
最新テクノロジーによりなかなかの仕上がりです。

一部スリリングな展開というか演奏もありますが、
それはラフでタフな演奏だということで、
まあ良しとしようではないですか?。

次の録音がいつになるかは未定ですが、
あの曲を音源化して欲しいとのリクエストは
随時受付中ですので、ご希望される奇特な方は
是非ともご一報を!

e0147206_1281483.jpg
クールに佇む鋼鉄の喉を持つ男、ケンドリックス!
e0147206_1282464.jpg
やはり1年後も敏腕プロデューサーに変身!
かっちょいいソロ弾いとります!プリーチャ!
e0147206_1283932.jpg
この曲はこの人の語りなくして成立しません。
ミスターPィィィィィ!
e0147206_1285061.jpg
要のクール・ボン!
昨年の反省点を踏まえ、見事にアジャスト出来るのが素晴らしい!
e0147206_129528.jpg
私のことはまあ、どうでもいいでしょう。
週末の仕事のトラブルを無事回避。
歳を取るにつれ、繊細という言葉がほど遠い男になりつつあります。
e0147206_130095.jpg
みんなでコーラス。こういうのはかなり楽しいですな。
e0147206_1301180.jpg
エンジニア歴20年!の敏腕エンジニアT橋氏。
ポンコツな演奏にも気長にお付き合いくださいまして
ありがとうございます。
[PR]
by zhimuqing | 2016-01-25 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 芸人魂がビシバシと! ムスメとふたり >>