出張雑感

中国への出張から帰ってくると、
何やら事件があったとの事で、船橋が「船橋国」的になっていて
なんだか物騒な感じですが、ある意味サウス・コンプトン的かも。
ということで、遅ればせながら入手したケンドリック・ラマーの新作、
物凄くて簡単にレビュー出来ないので、それはまた後日。

ということで、久しぶりの中国ですが、初めて泰山の近くまで行きましたよ。
思ったほど高くなく、拍子抜けですが、何となく嬉しい。
封禅の儀を執りおこない、皇帝に即位しようかと思いましたが、
革靴しかないし、玉牒も用意していなかったので、今回は見送ることに。
e0147206_18305445.jpg

訪問先の工場の総経理(女性、50代)が徳光和男に激似で驚きました。
髪型もほぼ同じ、来ている服のセンスが微妙に違うこと、
体型が本物よりももう少し丸っこいこと、胸があることを除けば、
ほぼ同一人物。やはり中国は広いな、と。

写真を何とかして撮りたかったのですが、
うまい口実が見つからず断念。これが一番の心残りだな。
ちなみにこの総経理、回教徒で豚肉はNGなのだが、
なぜかビール飲みまくりなのが、個人的には大きな疑問ですね。
盛大にゲップをぶちかますのにも驚きましたが。
e0147206_18401776.jpg
こちらは夜のテレビのバラエティに出ていた楊穎。
やっぱり中国は広いっすね。

あと、初めて噂の新幹線に乗ったのですが、ここでも色々な発見が。
e0147206_18352051.jpg


e0147206_18325184.jpg
駅に自動改札があり、出発時刻の12分前から5分前までの7分間しか、
改札してくれない。

e0147206_1833112.jpg
待ち時間が暇なので、線路側の窓に寄ってホームを見ようとすると、
警備員がすっ飛んできて、窓に近づいて行けないと怒られる。
きちんと封禅していれば、そんな事態にならなかったであろうことを思い、少し後悔する。
(でも、窓の近くに掲示板があって、最新ニュースが張ってるんですけどね)
腹いせに望遠で写真を撮ってみる。

e0147206_18345698.jpg
無事、自動改札を通りホームに行くと、駅員が早く乗れと叫んでいる。
不審に思いながら乗ると、すぐにドアが閉まり、出発。
社内の電光掲示板の時計は9時17分。
この電車の定時は9時20分発。
時空を軽く超えるというか無視するのが素晴らしい。

皆さんも乗る時は気をつけましょうね。
ちなみに中身はほぼ日本の新幹線と一緒(というかパクリ)です、はい。

北京の春は思ったより黄砂も少なく、空気は悪いが、
柳やポプラの種子がフワフワと舞っていて、なかなか趣はありました。
でも、写真には上手く撮れないな。
e0147206_18364050.jpg
NBAは依然として人気の模様。町中にシャックが溢れていました。
[PR]
by zhimuqing | 2015-04-25 17:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)
<< イイネイイネ ベタベタした追悼は似つかわしくない >>