マーヴィン76

e0147206_1832754.jpg
ここ数年盛り上がりを見せているレコード・ストア・デイ(RSD)、
レコードの小売店をサポートする目的で、年2回限定のブツを
リリースしているのですが、あからさまなコレクターズ・アイテム狙いが、
多少あざとい感じもあり、あまり踊らされたくない思っているのですが、
こういうのがこっそり出ていたとなると、どうしても慌ててしまうのが、我ながら情けない。

e0147206_0344937.jpg
ということで、昨年ひっそりとリリースされていたブツがこちら。
マーヴィン生誕75周年とブルーノート75周年を同時に祝おうという12インチ。
A面がマーヴィン・ゲイ、B面がドナルド・バードという、
モータウンとブルーノート(この時代なんでLAですね)という、
反則技過ぎるカップリング。
限定盤で入手も困難になっているみたいなので、
私の周辺で気になる方はご一報を。あまり大きな声では言えませんけどね。


カップリングのバードはブルーノートのスタジオ盤に収録されていて、
出来はまあ当然のことながら良いのですが、問題はA面のマーヴィンの2曲。
なんと1曲は完全未発表、もう1曲も未発表曲の別ミックス。
どちらも72年録音の未発表!
プロデュースはフォンス・ミゼルとフレディー・ペレン、
曲はラリー・ミゼルとラリー・ゴードン!
ジャクスン5のデビューをサポートしたザ・コーポレーションから
ドナルド・バード等をサポートしたスカイ・ハイ・プロダクションへと
繋がるミッシング・リンクを埋める音源(少し大げさだけど)
しかも、その音をバックに歌うのが72年のマーヴィン。
悪くなるはずがありませんね。
e0147206_035676.jpg
ミゼル兄弟とマーヴィンはこの頃、アルバムを作る話を進めていたそうだが、
数曲録音した時点でマーヴィンとモータウンが揉めて中断した模様。
結局、そのトラブルが解決した時には、移り気なマーヴィンは
サントラの『トラブル・マン』に取り組んでいたそうで、何とも残念。
残っているであろう未完成曲はいつか聴いてみたいですね、
マーヴィンの仮歌、もしくはインストだけでもいいので。
まあいつかそういうのも出てくる可能性もあるのでしょうけど。

完全未発表の”Woman of the world”、これは相当良いです。
ミゼル兄弟にずっと近づけた、マーヴィンではありそうでなかったタイプ。
エレピにマーヴィンのモーンで始まる少しだけ不穏なイントロだが、
リズムが入ると多幸感溢れる展開に変わり、そこにサム・クックの木霊が
聞こえるような、スムーズで力まないけれど、腰の入ったマーヴィンの歌。
この時期のマーヴィンの曲に多い、延々と聴き続けたくなる曲ですね。
煌びやかなエレピをバックにコーラスも実に決まっている。

『Let’s Get It On』のデラックス盤に収録済みの”Where are we going”は
ミックス違いとはいえ、大きな違いはないようですね。
冒頭の口笛とか、ラストにボツっと入ってくるファンキーなリズムが
カットされていますが、印象的には大差ない。
(このファンキー部分が延長されているのではないか?と期待していたのだ)
途中のコード進行があの曲に似ているのと会社とのトラブルがお蔵入りの原因かな?
マーヴィンの歌も多分に未完成というか、あくまでも仮歌という感じですが、
単なる添え物にならないのが凄いところですね。

気持ち良さを徹底に追求したスカイ・ハイの華麗な(華麗すぎる)音は、
私も一時期熱心に集めたものですが、バックの個性が強すぎて
どれも同じに聴こえる嫌いもあるのですね。
ドナルド・バードやボビ・ハンフリー、ゲイリー・バーツ、
それぞれ聴くとカッコいいんですけど、なにか一味足りないというか。
e0147206_0352046.jpg
しかしそこにマーヴィンの歌が乗っかると、一気に味がしまると言うか、
微妙な色合いが加わり、しかもその表情が様々に変化するのが凄い、凄すぎる。
フリップのドナルド・バードが同じ曲をやっているので
その差がはっきりと分かります。
やはり、不世出の歌手だったのだなぁと改めて再認識。
本当にマーヴィンは何度聴いても新しい発見がありますね。

ちなみにRSDですが4月にも結構な数がリリースされる模様。
中にはジョージ・クリントンのロンドンでのライブのセット、
LP 2枚にCDとDVDのセット、しめて2万円なり!なんてのもありますが
2万円オーバー、しかも2014年のライブ、そんなに価値を感じませんな。
ディアンジェロの新作からの7inchカットも気になりますが、
CD/LPそのままのカットなんで優先順位は低いかな。
ラリー・ヤングの未発表ライブも後日拡大版が出るみたいなので、パス。
e0147206_183414.jpg
ということで、今回の最大の売りはスライ&ザ・ファミリー・ストーンのライブですね。
驚きのフィルモア・イーストでの68年のライブ!
まあ、どうせ後からCDが出ると思うのですけど、やっぱり気になりますな。
あとは、KMDのBL_CK B_ST_RDSのデラックス版かな。
e0147206_185302.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2015-03-25 23:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< シック!シーク!シーク! またしても本日です! >>