リメイクというよりラジオ番組なんだけど

ソウル~R&Bの名曲をリメイクしたと一部で評判になっている
レイクウォンが先日発表したミックステープ、ようやくDL。
基本的に名曲の冒頭部分にレイクウォンが自分のラップを重ねたもので、
これはリメイクというよりも、ラジオ番組といったほうが良さそうなイージーな作り。
e0147206_1435136.jpg
古いところではスティーヴィーの66年作に始まって、
ジャクスン5時代のマイケル、オージェイズ、アイズリー、スピナーズの70年代名作群、
ギャップバンド、ルーサー、ティーナ・マリー、デニースの80年代、
メアリーJ、フェイス・エヴァンス(新作楽しみ)他の90年代と
ややマニアックな曲もあるが、王道中の王道の選曲。
それにしても、向こうのコワモテはみんなメロウな曲が好きですね。

では、これがつまらないかというと、そうはならないのが
レイクウォンの素晴らしさ。
メロウな名曲の冒頭に塩辛い声が絡むと旨みが増幅され、
名曲の度合いをさらにグイッと上げてくるのは、
さすがにザ・シェフの異名を持つだけのことはある。
(もっともこの場合のシェフは別の粉関係を意味するとの噂だが)
マイケルのThe Girl Is Mineなんか甘ったるい印象が強くて
最近は真面目に聴くことがなかったんだけど、やっぱりいい曲だな、とか、
色々と再発見も多い。
やっぱ、アンジェラ・ウィンブッシュの声はたまらん!とかね。
ミックステープのタイトルは”We Wanna Thank You”、
確かに先達に対する感謝の念もバシバシ感じるかも。
e0147206_1436413.jpg
ということで、DLするのはタダだし、
適当にパソコンでかけたりとか、街を歩くときに気持ちがいいので、
とりあえず早めに入手しておくことをお勧めします。
DLはここからです。



1. Wishing On A Star (Rose Royce)
2. Stop Tripping (Horace Brown)
3. Footsteps In The Dark (The Isley Brothers)
4. Ooh La La La (Teena Marie)
5. Could It Be Im Falling In Love (The Spinners)
6. Give Me Your Love (Sylvia Striplin)
7. Flawless (original: (Luther Vandross)
8. When I See You (Fantasia)
9. Yearning For Your Love (The Gap Band)
10. I’ll Be Good (Rene & Angela)
11. Got To Be There/The Girl Is Mine (Michael Jackson)
12. Close To You (Gwen Guthrie)
13. You Used To Love Me (Faith Evans)
14. Hey Love (Stevie Wonder)
15. Heard It All Before (Sunshine Anderson)
16. Why Dont We Fall In Love (Amerie)
17. Back Stabbers (The O’Jays)
18. All Night Long (Mary J. Blige)
19. Can’t Believe (Carl Thomas)
20. Zoom/Free (Deniece Williams)
[PR]
by zhimuqing | 2014-11-12 01:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 充たされる者と充たされざる者と 遂に上陸 >>