見えていなかった景色

e0147206_134985.jpg
それにしても坂本慎太郎の≪ナマで踊ろう≫ですが、
聴けば聴く程、素晴らしくなるばかり。
“未来の子守歌”から始まり、“この世はもっと素敵なはず”で締めくくる、
アルバム全体の流れが本当に凄すぎて、悶絶ですね。
友人諸氏に偉そうに薦めまくっている訳ですね。
新参者中の新参者なのにね。

歌詞の凄さや面白み、メロディーのリズムへの乗せ方、楽器の重ね方、
そのような部分はもちろんのこと、あくまでも推測にすぎませんが、
生音自体は小さい音で、しかし例えば弦や皮をしっかり鳴らしきっている、
そういう状態で単にバカでかい音では決して捉える事が出来ない、
リッチな振動が音として刻み込まれていることに、驚かされるばかり。
アンプから出るデカイ音では捉えられないファットな音。
楽器を鳴らしきるという、そういうことについては、モヤーン氏とも
よく話しているのですけど、そういうのを目の当たりにさせられるとね。

もう一つ言えば、演奏において肉体的な躍動感を可能な限り消すことで
逆にくっきりと見えて来るファンキーな肉体性、その部分も衝撃的です。
ロボ声が一番分かりやすい部分ですが、ドラムやベースの演奏にも
もちろん本人の歌にもそれがはっきりと表れている。
見えていたはずの景色が見えていなかったことでも言いましょうか。
個人的には、ディアンジェロのVoodoo以来の衝撃かもしれませんね。

そんな訳で、アルバムで一番キャッチーなこの曲が遂に発売ですね。
あなたもロボットになれるfeat.かもめ児童合唱団/坂本慎太郎
e0147206_126121.jpg
アルバムでは本人が歌っていた曲を児童合唱団に歌わせることで、
可愛い子供の声と恐ろしい歌詞、可愛く流暢な演奏と逆の肉体性、
色々なものが倍増されて迫ってくる、くっきりと浮き上がってくるという、
もうね、坂本慎太郎の思う壺と言いましょうか、為すがままといいましょうか?
フェラ・クティの“Zombie”に匹敵する諧謔精神。
まあ、大傑作である事は間違いないですね。
e0147206_1281521.jpg
ジャケットのポップで可愛く、既にうちの子供も歌っちゃったりしていますが、
その辺も徹底していて、「きりとりロボットカード付き」なんですが、
ロボットの裏側にはそれぞれの説明が付けられている訳です。
e0147206_1263776.jpg
e0147206_1265542.jpg
うーむ、なかなか可愛いですな。
警察(けいさつ)ロボットの説明はこんな感じ。
e0147206_1275368.jpg
たまりませんね、このセンス!
脱帽して髪の毛まで抜けおちるレベルです。

カップリングは野口五郎のカバー。
ですが、A面の衝撃にどうしても聴きこむまでに至らず。
まあ、今年一番のシングルでしょう。
プレイヤー持っていない人も買っといた方がいいんじゃないかなと。
e0147206_1283999.jpg


ちなみに、同期が何故か上手くいかなかった私のiPod、
日本語の表記がいい感じにまともが分からない状態に。
e0147206_12949.jpg
まともがわからない感じが濃厚で、そのままにしておきたい感じも。

この昨年頭に出たシングルも、小さい音量でリッチな音を録るという、
素晴らしい音が楽しめますね。
ベースの音が実に気持ち良いですね。
Peace Musicの中村宗一郎の技なんでしょうかね。
e0147206_1293972.jpg
≪ナマで…≫と同じようにサイケな心持ちが伝わる名作ですが、
カエターノやスライを感じさせた≪ナマで…≫に対して
こちらは70年代のODEONでのマルコス・ヴァーリの諸作を彷彿させます。
これまた必聴。




[PR]
by zhimuqing | 2014-11-08 01:37 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 遂に上陸 社内シンジケートについて >>