手伝わせてくれんかのう?

スモーキー・ロビンソン、4年ぶりの新作≪Smokey & Friends≫。
ここ数年、一番聴いているのはスモーキーの諸作だったりする私には、
こうやって元気に新作が届くのはとても嬉しいことですね。
e0147206_14123527.jpg
黄金のモータウン時代にスモーキーが作った名曲の数々を
有名ゲストを迎えてデュエットするという企画盤。(ソロ時代の曲も2曲ほど)
ゲストのメンツはかなり豪華です。
エルトン姐さん、スティーヴン・タイラー、ジェイムズ・テイラーから
メアリーJ、ジョン・レジェンド、レディシ、シーロ―といった中堅どころ、
ミゲル、アロー・ブラックといった若手まで万遍なく目を配った人選。

はっきり言ってしまうと、オリジナルを超える出来ではありません。
あの頃のモータウンは奇跡が起きたようなもの、というか奇跡そのもの。
超えることはおろか、再現することも限りなく難しいわけで、
そんなことは当たり前ですね。

とはいえ、このアルバムが単なる懐メロの緩いアルバムかと言えば、
決してそうでもないな、というのが私の感想。
スモーキーとは相性がばっちりとは言えないゲストもいるし、
過去の名唱、名演に縛られてしまった感があるトラックもありますが、
なんといっても不滅の名曲、多少アレンジが変わろうと、
歌い手の解釈に違和感が残ろうと、それをねじ伏せて、
優しく包み込むだけの懐の深さがあるのだ。
e0147206_1413071.jpg
暫定的なベストはジェイムズ・テイラーとの“Ain’t That Peculiar”、
マーヴィンの溌剌としたヴァージョンと全く違う大人な構成が渋い!
意外に良かったのがミゲルやアロー・ブラックとの“My Girl”。
メアリーJやレディシは抜群の安定感。スリルはないけど、これはこれで◎。
逆にもう一つなのが、原曲に捉われすぎた“Get Ready”。
シーロー・グリーンは悪くないけど、少し期待しすぎたか。

懐の深さというと、スモーキーの歌唱力。
ミラクルズとしてデビューして以来、声変わりし続けるスモーキーですが、
声の艶やフレージングの妙といったところは全く衰えない。
ファルセットを多用するシンガーは声の衰えが早いとの定説を
軽々と覆してみせる御年74歳、実に素敵です。
e0147206_14152259.jpg
ちなみにこのアルバム、ソロになってからのスモーキーのアルバムでは
87年の名作≪One Heartbeat≫以来の売れ行きらしく、
やはりそういうニュースは嬉しいですね。
第2弾を作るとしたら、ゲスト選びを手伝わせてもらえないでしょうかね?
大御所枠ではアリサにグラディス、ロン・アイズレー、オージェイズ、シャカ。
男性歌手枠ではケリスやベネイ、キース・スウェット、ジョニー・ギル
女性では、フェイス・エヴァンス、エリカ・バドゥ、モネイちゃん。
グループだと、アン・ヴォーグ、シルクかソロを入れたい。
声の質感で選ぶのであれば、サディーク、ディアンジェロに
エル・デバージ、マックスウェル、ラサーン・パタースンあたりかな。

ただ、こうやってまだシンガーとしてイケている姿を見せられると、
セルフカバーでお茶を濁すのが勿体なく感じてしまうのですね。
スモーキーは名曲をたくさん書いているのだけど、
実はいろいろなパートナーと組んで作った曲が多いのだし、
今の現役バリバリ(スモーキーだって現役だけど)と組んで、
新曲いっぱい書いてアルバム作ってほしいのですが、どうでしょう?
e0147206_14173150.jpg
ソウルクウェリアンズ周辺、ケムとかラファエル・サディーク、
エリック・ベネイとジョージ・ナッシュのコンビあたりは
間違いなく相性抜群で相当良いものが出来るはず。
リズムに対する鋭い面を引き出すのであれば、飛ぶ鳥を落とすファレル、
ダンサーへの自在な対応力を見せつけるということでデイム・ファンク、
本気でファンクするンデゲオチェロ&マイロンなんかとの組み合わせは想像するだけで
鼻血が出そうになるのは私だけ?
もう少し地下系統だったらジェシー・ボイキンスⅢ、
ヒップホップ方面だとドゥームやエイドリアン・ヤングもいいが、
思い切ったところでDJクィックなんかが、はまりそうな予感がする。
うーん、この中のどれか一つでもいいので、やってんもらえんかのう?
e0147206_1417521.jpg
ゴーディーとの2ショット。やはりこの組み合わせはうれしいねぇ。
[PR]
by zhimuqing | 2014-09-17 19:28 | Funkentelechy | Comments(2)
Commented by hide at 2014-09-19 08:18 x
ギル!!!!…と、過剰に反応すると術中にはまってしまうので止めときます。趣旨は違えどメイズのトリビュートアルバムもかなり良かったけど、外したい曲もチラホラ。う~ん難しい。ちなみにワタシのケータイのアドレスはロビンソン爺に由来します。余談ですが。
Commented by zhimuqing at 2014-09-19 19:19
>> hide兄様

くそう、ギル姐のトラップに引っかかりませんでしたか!

メイズのトリビュート、たしかに選ばれたシンガーと楽曲から考えると、
もう一つ足りないものが結構あったかも。
いい曲といいシンガーを組み合わせても、単純にうまくいかないというところが、
この手のトリビュートの難しさを実感させますね。
音がパキパキしている曲が多すぎたかな。
もっとモコモコとレイドバックした音のほうがいいので、
ボブ・パワーとかその辺の90年代のヒップホップが得意な人が
ミックスしたらまた違ったと思うのですけどね。

ケータイのアドレスは薄々そうでないかと思っていましたよ。
タバコも確か吸われなかったと思うし。
<< It just happene... 無事終了! >>