色々と変わってしまいますけど

家から割と近い場所に仕事で3日間カンヅメにされた後、そのまま福岡に出張。
仕事は溜まっているものの、カンヅメの後には街に繰り出したくなるわけで、
とりあえず福岡の街を歩いていたのですが、
天神からてくてく歩いて、久しぶりの大濠公園を見たりしつつ、
六本松のほうに向かったのですね。
なんと言っても、ここは私の高校、大学がありますのでね。

ところが、わが母校、あれだけ汚かった男子校が、
余りのぼろさに、外の道路から見える外壁だけを塗装し直していた、
あのオゾマシイ高校が改築というか、完全に立て直された状態で
なんとも近未来的、もっと言えば、惑星連邦の本部みたいに綺麗になっている。
元のグランドの部分に新校舎がドカーンと建っているのだが、
まったく不必要な空中回廊みたいなものまであるし、
一体どうなっているのだ?
e0147206_1881744.jpg
高校のHPより。
悪いけど、アメリカの刑務所のように見える。(入ったことはないけど)

羨ましいとは思わないが、あの朝の補修で酒臭すぎる教師陣とか
練習をサボっていた生徒をアスファルトの上で頭から投げ落とす柔道教師とか、
その暴力体育教師陣が恐れるピッコロ大魔王のような教師とか、
はたまた全身から妄想が溢れ出る、汗臭かったであろう2400人の男子生徒とか、
ああいうものは随分遠い時代になってしまったのだなと、遠い目をしつつ、
六本松のほうに歩いていくと、甘酸っぱい思い出のモスバーガーはあるものの、
目の前にドーンと大きな更地が広がっているではないか?
イモQの教養学部がどこか地の果てに移動してしまったことに気づいて、
またまた驚いてしまったのであります。
e0147206_1816135.jpg


とまあ、そんなわけで軽いカルチャーショックを受けつつ、
でもね、CDが売れない時代と言われて随分経ちますが、
田口商店とかGROOVIN'とかJUKEとかボーダーラインはまだまだ元気ですよ。
時間が遅かったので、店内で物色するまでには至っておりませんが。
警固の田口商店は20時過ぎても開いていたので、銀盤も黒盤もじっくりチェックすると、
予期していなかったCDを見つけて大コーフンですよ。
e0147206_1817172.jpg
イギリスで10年以上前にモータウンの割とマニアックなアルバムが
2in1で再発されていたのですが、その1枚のジュニア・ウォーカー、
≪Shotgun≫と≪Soul Session≫のカップリング盤!
世界的にもレアというか、結構な高値が付いているものなので、
まさかぶらりと寄ったお店で入手できるとは、予想していませんでしたよ。
≪Soul Session≫はずっと聴いてみたくて、高円寺のバカ高いオリジナル盤を眺めて、
ため息をついていたものなので、800円で買えると素直にうれしいのだ。

ジュニア・ウォーカーはなかなか再評価が進まず、
いつも再発されるのは≪Shotgun≫ばかりで、
あとはいつもベスト盤でお茶を濁されているのですが、
この10年前の再発は一味違い、この≪Soul Session≫とのカップリングや
≪Road Runner+Home Cookin'≫なんかもあるスグレた再発。
e0147206_18192894.jpg
もっとも、これは更に入手困難、ううっ。

こういう仕事を見ると、イギリス人の仕事はやはり肝が据わっている、というか、
ノーザン・ソウルに対する理解度が素晴らしいと思わざるをえませんね。
この時の再発では、エドウィン・スターでも≪Soul Master≫と≪25 Miles≫という、
ノーザンから見たスターの美味しいところを組み合わせてみたり、
その数年後のグラディス・ナイトの再発でもモータウンでのほぼ全録音を
5枚のCDに詰め込むと言う荒業もみせてみたりと、
なんというか仕事の厚みが違いますね。
日本もサザン・ソウルでは負けていないんですけどね。

ということで、早速ウォーカーをリピートしながら聴いているわけですが、
もうね、たまりませんな。
栄光のワンパターンなブロウが楽しすぎるとしか言いようがない。
高カロリーの演奏が連発されていて、疲れの溜まった体には、
さぞかしシンドいのではと思わせつつ、全くそんなっことがない。
いや、これは後で副作用がない、カンフル剤のようなもんですよ。
体に優しいスタミナ料理と言ってもいい!
e0147206_1820161.jpg
斯界ではメイシオという必殺技の持ち主がいますが、
ジュニア・ウォーカーもまったく引けを取りません。
というか、イントロから連発するブッピーというホンク、
何回繰り返されてもOKという技は世界でも類を見ないのでは。
世間で言われるほど、ヴォーカルはワイルドだとは思わないけど、
たしかに暑苦しさではこれまた相当なレベルだし、
これはいよいよ他のアルバムも聴いてみたくなるところですね。
今ではあまり聴けなくなったスタイルが美しい。
特に、2枚あるライブ盤、これは気になるところです。
高額なオリジナルではなく、格安の再発盤を足で探すことにしましょう。
e0147206_18202628.jpg
ジャケの裏側がカッチョいいので、LPが欲しいかな、やっぱり。
e0147206_1821786.jpg
7インチまでは手が伸ばせないけど。
[PR]
by zhimuqing | 2014-09-13 18:24 | Change! | Comments(0)
<< いよいよ明日! 突然の来日ですな >>