16年と半年ぶり

ピンチヒッターとして急遽ライブ。
昔々、その昔にやっていた元ウルトラ・メガトンズというバンドの
鍵盤担当のプロフェッサー・リョー(メガトンズでの源氏名ですな)の要請に応え、
中国出張から帰国して僅か2日後にいきなりですよ、おくさん。
e0147206_1464354.jpg
本番当日も曲があまり把握できていないという、なかなか痺れる状況の中、
何故か元メガトンズの友人ミスターPが宮崎からはるばる上京、
バンドに参加というのには驚きましたね。
この3人で一緒に演奏するのは実に16年半ぶりなのだ。
(さっき指を折って数えたのだ)
まあ、私の周りにもライブのために福岡と大分から上京した猛者もいましたが、
あれは一応れっきとしたバンドですからねえ。
e0147206_147106.jpg
曲(というより曲名も)を理解できないまま、瞬発力と反射神経だけで、
個人的にはかなりご無沙汰なファンク・ロックに挑むわけですが、
プロフェッサー・リョーが必殺のピラピラしたキーボード・ワークを魅せるし、
バックで太鼓を叩いているのはミスターPとなると、
実に心強く、こちらも俄然盛り上がる訳で、大変楽しかったですね。
それにしても、モ氏、ボ氏、オ氏、ヤ氏、デ氏、そしてミスターP、
私はドラマーに恵まれているな。
e0147206_1473745.jpg
ミスターPと盛り上がる!
e0147206_148951.jpg
メガトンズ時代の習性で思わず前に出て踊りながらアジテートを噛ますP氏。

e0147206_1501049.jpg
会場は新宿のスモーキンブギというお店だったのだけど、
この店、なんと新宿2丁目のど真ん中にあり、
店の外でたむろしていると、まあ明るいうちはそうでもなかったけど、
暗くなると濃厚な雰囲気に包まれて実に味わい深い。
流石、日本を代表?する場所なだけありますね。
この辺の研究はなかなか面白そうでもありますが、
がしかし、他の皆様にお任せしておきたいところです。
e0147206_1502320.jpg
左側の看板が大いに気になるぞ!
e0147206_151232.jpg
雲行きを読もうと新宿2丁目で空を見上げるP氏。
去年会った時より、少し痩せたな。

ということで、ボロボロになりつつも楽しかった緊急ライブですが、
でも、何か足りないのは気がするのは、やはりあの男、メガトン剛田。
誰か東京まで引っ張りだしてくれんかのう。
[PR]
by zhimuqing | 2014-04-30 01:34 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)
<< メロウだと安心していると殺られるよ! 4000年間濃縮すると底が見え... >>