『悪意がない』

c ナンシー関
e0147206_1162382.gif
データを改ざんして自分の都合の良いように加工しないように、とか
実験のデータはきちんとノートにまとめておきなさい、とか、
そのようなことを私は大学や院に在籍している時に
指導する立場の人から一度も言われたことはない。
決して優秀な学生でなかった私でも、ね。
だって、わざわざ教えることまでも無い。
当たり前のことだから。

はっきり言って、「悪意」の問題ではない。
データの改竄、画像データの捏造、サンプルのすり替え、
この行為には仮に悪意が無かったとしたら、
それはそれで科学者のあるべき姿として一丁目一番地から180度間違えている訳で、
それは未熟とかそういう問題ですらない。

いみじくもネイチャーが初めに論文を却下した時のコメントでも
まだ不足しているとしかいいようがない。
「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している」
過去何百年の生物細胞学どころでなく、過去の科学の歴史を否定するレベルだからね。

共同執筆者や理研、加えて早大の論文のチェックが甘かったのは
間違いないのだろうけど、論文というものは悪意の有無は別としても、
データや写真の捏造、サンプルのすり替えはあり得ないという前提に
立っているのが当たり前。
第一義に責を負うべきは小保方氏でしょう。
トカゲのしっぽ切りにさせないために理研等を追及することも大事だが、
論点を混同させるべきではない。

あと、200回の成功のお話には心底驚いたが、
久しぶりに故ナンシー関の言葉を思い出しましたよ。
少しずれてはいるのですけどね。

ここでは言えない面白い話があるのですけどね、と言う人は
本当に面白い話を持っていないと思う。
本当は走るのが早いと言っている人と同じように。


手元に本がないので、引用元が書けないのが、我ながら情けないところだ。
決して悪意があるわけではないのだが。

それにしても、話は変わるが、ナンシー関。
パクろうとしている人は山ほど出ているが、
ナンシー山脈の麓にすら立てていない。
本当にナンシー関の不在が惜しまれる昨今だ。
斎藤美奈子に頑張ってもらうしかないな。
私のお気に入りを引用しておきましょう。引用元もきちんと明記して。

e0147206_1165560.jpg
【本音のコラム】 「壊れたトイレ」 斎藤美奈子 (東京新聞2013.8.13)

先日,水洗トイレにトイレットペーパーの芯を流すという失態をやらかした。
あっと思ったときは後の祭り。二十分ほど格闘するも,異物がつかえて水が流れない。

次の手を思案しつつ思い出したのが「原発はトイレのないマンション」という言葉である。
使用済み核燃料の最終処分場も決まらないまま稼働する原発を皮肉った表現だけれど
「トイレがない」は実感に欠ける。
怖いのは壊れたトイレだ。

レベル3(重大な異常事象)の認定が検討中の今の福島第一原発は
壊れたトイレに近い。
汚水が便器からあふれ出し,バケツを集めて次々ためるもバケツも破損。
汚水は床にたまり,トイレの外に侵出し,このままだと家中の床はおろか
玄関から外に出て隣家にも影響しかねぬ状況だ。

それなのに,この家の主は「うちで五輪を開こうぜ」などとはしゃいでいる。
私には壊れたトイレを放置して,友人をパーティに招こうとしているように見える。
まともな友人なら「順番が違う」と思うだろう。

汚染水漏れは「五輪に直接関係しない」と語った猪瀬直樹東京都知事。
同じく「影響はない」と述べた菅義偉官房長官。このセンスが事態を悪化させる。
私は五輪を歓迎しない。
「お手上げなんだ。助けてほしい」と首相は他国に頭を下げるべきなのだ。
官邸のトイレにトイペの芯を流しに行きたい。


e0147206_1185798.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-04-10 01:08 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< 7NEN ミラーマンではない。 >>