百聞は一見に如かず

職場のD氏から借りた極秘の裏VHS、家で観たのですが、
流石に古いというか歴史を感じさせるブツなもんで、
解像度が悪いのは仕方ないのですが、テープヒスも凄く、
トラッキングも上手くいかず、途中で画面が見えなくなる代物なのですが、
いやいや中身はもう大興奮、家族の手前、一家の大黒柱として
威厳を保たないといけない訳ですが、年甲斐もなく涎を垂らす羽目に。
e0147206_1237432.jpg


なんといっても、あれですよ、63年のモータウン・レビュー丸ごと1本!
場所はこれまたアポロシアター!ですよ。
メンツがまた物凄い。
ヴァンデラス、コントゥアーズ、スプリームス、マーヴィン、スティーヴィー、
マーヴェレッツ、メリー・ウェルズwithテムプス、ミラクルズ。
バンドはチョーカー・キャンベルなんだけど、他のメンバーは分からず。
ドラムはもしかしてパパジータ?
e0147206_281334.jpg
ちょうど、この時期ですね。メンツもほぼ一緒。

画像は悪いけど、カメラを3台使っていて、アップのカメラは結構鮮明で、
しかも録音も実はなかなか良いし、演奏は上手いしで、もちろん大満足ですが、
私がやはり驚いたのはシンガーの姿と歌。
これまでの先入観が覆されましたよ。

コントゥアーズのステージングが楽しいであろうことは予想していたが、
あんなに激しいアクションをぶちかましていたとは知らなかった。
63年当時、JBも凄かったかもしれないけど、絶対に負けていない。
グループとしても見せかたが実にカッチョ良くて、もうファンキーだ。
63年なんで、まだ初期のメンバーが残っているはずなんで、
激しいアクションで魅せるリードはオリジナルメンバーのビリー・ゴードン、
同じく目立ちまくりのベースシンガーはヒューバート・ジョンソンでしょうね。
e0147206_293386.jpg
コントゥアーズ愛が最近特に深くなっていく私。

リトル時代のスティーヴィーとか、初々しくも力強いマーサ・リーヴスとか
ヒット飛ばしまくりで自信に満ち溢れたマーヴェレッツなんかは
期待以上のカッコ良さだけど、でも想定内とも言えるかな。
(それでもスティーヴィーやマーヴェレッツの観客を盛り上げる力は凄い)
驚いたのは、マーヴィン、ダイアナ・ロス、そしてメリー・ウェルズ。

ダイアナ・ロスはまだ全くブレイク出来ず、ノーヒット・スプリームスと
陰口を叩かれていた時代だが、驚くほど力強いというか、
後の時代では全く聴くことが出来ない力強いシャウトを決めていて、
私はびっくり。
マーヴィンだって、よくモノの本に、ステージングに自信が無く、
ステージから逃げ出そうとしていた、なんて書かれているが、
ここでの力感溢れる、ピチピチしたステージングは物凄い。
曲が初期の名作(ヒッチハイクなんか)ということもあり、
歌も剛速球のストレートでズドーン(マーヴィンだと、ドッゴーンかな?)。
この辺は全くイメージが違いますね。
e0147206_2115757.jpg
多分この時代のちょっと前ぐらいだな。

特に印象が180度変わったのはメリー・ウェルズですね。
ネルソン・ジョージのモータウン本は世に溢れるモータウン本の元ネタとして、
そのほぼ9割を引用されていると思うのだけど、ウェルズのステージを
「一番派手に動いたとしてもせいぜい体を左右に揺するといった程度」と
書いているけど、レコードとは全く違う力強い声でシャウトする姿は
相当に教会育ちの素養を伺わせるし、バンド・リーダーのベーシストの
派手なアクションと共に、観客も物凄く盛り上がっている。
「確かにコントゥアーズの後では多少地味」なのは間違いないが、
それをいうと、スプリームスやヴァンデラスの方がもっと地味なもんです。
e0147206_214985.jpg


ちなみに私の愛するテムプスは63年の時点ではブライアントが抜けた直後で、
デイヴィッドが加入するのがこの冬だったので、この時点では4人。
一曲もヒット曲が無いのでウェルズのバックでコーラスをやっているが、流石のカッコよさ。
カメラがバック・コーラスをわざわざ捉えることなんかするはずも無く、
その辺はちょっと残念ですけど、でもまあ仕方ないですね。
でも、長身でスリムな4人組は見た目も相当イケてます。

ミラクルズはモータウンで一番別嬪だと思うクローデット入りの
最高の編成。スモーキーはライブ盤でもその歌声が乱れることはないのだが、
ここでは思わず熱くなったのか、音盤で全く聴くことが出来ないシャウトも披露。
それにしてもミラクルズはコーラスの見た目の凸凹ぶりといい、
クローデットのコーラスの目立ち良いといい、
改めてみるとやっぱり変わったグループですね。
そうそう、マーヴ・タープリンももちろんいます!
e0147206_2152213.jpg


ということで、音楽というのはやっぱり百聞は一見に如かず。
改めて痛感しましたよ。
モータウンはもっとこの辺の丸秘映像を持っているはず。
出し惜しみせずにさっさと世の中の為に放出するように!
この項、続くかも。
[PR]
by zhimuqing | 2014-03-03 23:28 | Funkentelechy | Comments(2)
Commented by ケンドリックス at 2014-03-04 21:33 x
おお すごい。Dさんは、いろいろもってますねー
Commented by zhimuqing at 2014-03-04 23:29
>> ケンドリックスさま

Dさん、本当に底が知れないです。
全く驚かされます。

コントゥアーズはヴォーカリストたるもの、必ず見ておいた方がいい逸品なので、
今度見せてあげますよん!
<< やっぱり凄いや!地球人離れしている。 相変わらず手元がおろそかに >>