訓練は大事だ

アオブダイのテロ発言に乗っかろうと思ったのだけど、
タイミングを逸してしまったのでありますね。
でも、みんな揃いも揃って「お前の顔もテロだ」と言い過ぎだ。
私も言いたかったのに。

さて、昨日我が家のマンション(というほどのものではないが)で、
毎年恒例の防災訓練があったのですね。
消防車がやって来て、消火器を使ってみたりする、あの訓練。
e0147206_1332722.jpg
で、初めに携帯電話で消防署へ火災発生時の電話の練習をするのですが、
今年、防災係になった隣のおじいさん(我が家では銀さんと呼んでいる)の
携帯を使って、所轄の消防署へ連絡することになった訳です。

御歳70の銀さんは久々の大役に大張り切りです。
自分の携帯に消防署の番号を登録して、集まって来た人達を指名して、
さあ、あなた、火事が起きたと思って、電話をしてみてください等と
携帯を渡していたのですが、渡された方もドギマギして要を得ないわけです。
銀さんは、消防隊員のアドバイスと講評もそこそこに、
訓練とはいえ、もっと真剣にやった方がいい!等と強めに指導しています。

そんなこんなで、周囲にやや微妙な緊張感が漂い始めた頃、
銀さんは3番目の人(人生のベテラン的なお歳の男性)を指名しましたよ。
電話をする方も、先の2名が銀さんから熱血指導後の緊張感が漂う中、
いきなり指名されて、こちらも真剣ですからね、
これはもう迫真の名演技なのですよ。

もしもしっ!か、か、火事です!火事です!火災が発生しましたっっっ!
F橋市の◎◎台のE◎◎◎◎の3号棟です!
てんぷら油が引火して、火事なんです!上の階に寝たきりの老人がいます!
しょ、しょ、消化器で火を消そうと思ったのですがっ!!
火が大きくなってしまいましたっっっ!
上の寝た切りの老人がぁぁぁ。


と、この時点で誰も想定すらしていなかった設定で、周りもビックリの大熱演です。
ただね、この時点で誰ひとり予想していなかったことが、
もう一つ発生していましたよ。

銀さん、熱血指導が過ぎるあまり、興奮してしまったのか、
指名した人に自分の携帯を渡す時に何かを押し間違えたようで、
消防署でなく自分の知人の電話番号を呼び出していたようなのですね。


先方も大騒ぎですよ。興奮したオジイサンが話も聞かずに
火事だ火事だ寝たきりがぁぁと叫んでいる訳ですからね。
異変に気付き、困惑の表情を隠せない周りの観衆と消防隊員を尻目に、
興奮して電話に向かってどなる老人。
そして、その横で満足げに腕を組んで頷いている銀さん。
これこそ、人生の醍醐味ここにあり!という瞬間ですね。
e0147206_1335975.jpg
やはり、練習とか訓練なんてものは、馬鹿にしてはいけませんね。
きちんとやっておくべきものだなぁと大変勉強になったのであります、はい。
[PR]
by zhimuqing | 2013-12-03 01:34 | Mickey's Monkey Job | Comments(2)
Commented by ぼん at 2013-12-07 11:09 x
これさ、ネタでしょ(笑)?
だって、面白すぎるもの。
Commented by zhimuqing at 2013-12-07 15:12
>> クール・ボン様

嬉しいことに、これはネタじゃないっすよ。
困ったのは、私も今年理事会のメンバーで広報担当なんで、
これから広報にこの事を書かなければならないことなのです、はい。
<< 私が我が魂の指揮官なのだ なにも土曜の夜に逝かなくても >>