大胆な犯行予告が2件も!

11月になんとも大胆な犯行予告が舞い込んできましたね。
世界中を揺るがすこと間違いなし。
まったくもって許しがたい!

まずは新興(でもないけど)常習犯のNUMERO。
ここ数年、大胆な犯行を積み重ねてきていたが、
ここにきて更なる大胆な犯行を計画しているらしい。

犯行予告は11月11日。
予告されたブツはこれです!
Purple Snow: Forecasting The Minnneapolis Sound
なんと70年代末のミネアポリスのソウルやファンクを取り纏めたもの。
e0147206_1395020.jpg
常習犯NUMEROの狙いはマニアックすぎて、
手を出すのをためらっていたおかげで、
これまで私の財政は被害を受けなかったのだが、
流石にこれは避けることは不可能だな。

プリンスのデビュー前の音源はこれまで多少出回っていたが、
ジミー・ジャムのバンドであるMind & Matter(初耳)や、
その後テリー・ルイスと組んだFlyte Tyme(アレックス入りなのかな?)、
そしてそのアレックスやアンドレ・シモーンなんかのソロナンバーが
ドバッと32曲もまとめてあるという、恐ろしい犯行だ!
時代的に打ち込み全盛になる前だし、
色々刺激になりそうなものが多そうな予感もする。
e0147206_1312288.jpg
早めに買っといた方が良さそうだが、問題はCDにするかLPにするかだな。
4枚組のLP、選んでおいた方が良いような気がする。

もう一つは、常連犯というか、老舗Rhinoの犯行予告。
予告日時は11月12日。
予告されたブツはこちら。
Donny Hathaway  Never My Love: The Anthology
ダニー・ハザウェイの未発表曲が23曲も入るという、
これまた許しがたい犯行ですね。
e0147206_13104099.jpg
最近気がついたのだが、ダニー・ハザウェイの未発表曲を
Record Store Dayというところがシングル発売するという犯罪を犯したようで、
これは逮捕しとかないといかんと思っていたところ、
更に大胆な犯行予告ですよ、奥さん。

4枚組アンソロジーということで、数年前にフランスで発売されたブツに
近いものかな、と高を括っていたところ、全く違うもの!
件のシングルを含む未発表スタジオ録音が13曲、それだけでも許しがたいが、
71年10月のビターエンドでの未発表ライブがなんと10曲!
すべて既発の曲ではあるが、あのバンドは凄いので、
演奏の度に中身もいろいろと変わっているはず。これも大興奮ものだ。
常習犯だけに、手の込んだ犯行だな。
正直言って、ディスク1と4は不要なんだけど、
まあ、それだけの価値はあるかな、と。
ウウ、財政基盤が年末にかけてぐっと脆弱になるなぁ。
e0147206_21473523.jpg
ちなみに今日はダニー・ハザウェイの68回目の誕生日ね。
[PR]
by zhimuqing | 2013-10-02 07:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< まったりとした休みの日 4種盛り、一気に食べてみる >>