さ、財布の紐が

さて、クリスマスに向けて欧米では新作のリリース・ラッシュが続きますが、
日本も随分ひどい?ことになってますね。

夏前から始まったブランズウィックの大再発シリーズも迷惑この上ないが、
アトランティックの1000円シリーズに引き続き、
秋からはモータウンとチェスのソウルやブルースの1000円シリーズがスタート。
ああ、本当に迷惑過ぎる。
e0147206_1855092.jpg
モータウンの方は100枚。誰が監修しているのか分からないが、
ド定番以外に結構目を引くものがあるのが全くもって許し難い!
さすがにHip-Oや英ケントの再発されているものも多く、
スピナーズの1stやエディ・ホーランドはその前であれば、
俄然燃え上がるところだったかな。
全体的に(時代的に仕方ないが)60年代後半以降のアルバムが中心。
割とレアになっていたファンタスティック・フォーやオリジナルズは
なんだか悔しいが、両方ともグループのベストではないので許そう。
e0147206_1921024.gif
オリジナルズの1stは大名曲"Baby, I'm for real"収録!

個人的には、まずアルバム単体で買いそびれたもの、
ミラクルズ、マーヴィン(ソウルもののみ)、マーヴェレッツ、ヴァンデラス。
更には、モニターズ、チャック・ジョンソンの2枚、ジミー・ラフィン、
エドウィン・スターの2枚、この辺はマストかな。
レアで有名なエイモス・ミルバーンは内容次第か。
70年代以降だと買いそびれていたスウィッチとプラチナム・フック、
ダイナミック・スーペリアーズ。
それにしても、なんでオリジナルズの70年代のアルバムがないの?
頼みますよ!
e0147206_1943824.jpg
モータウンの80年代だったら、このアルバムが好きなのだ。

一方のチェスのほうはブルース中心。
気持ちは分かるし、基本中の基本なんだろうけど、
これまで散々再発してきたものばかりなのが、勿体ない。
(財布的には助かったと言えるけど)
e0147206_18552013.jpg
どのアルバムも名盤ばかりだけど、一番の目玉は間違いなく、
このアルバム、『ブラック・コーカス・コンサート』。
e0147206_1859817.jpg
コングリショナル・ブラック・コーカス(黒人議員連盟)の支援コンサートだけど、
メンツが凄いっすね。
カーティスにグラディスにクール&ザ・ギャング、ウォー。
これはLP探していたんだけど、見つからなかったんだよね。
それぞれ1曲ずつで計46分ほどだけど、貴重な(しかもいい時期の)記録。
ありがたやありがたや。
ムーングロウズもポイント高い!これまたマスト!
e0147206_18584510.jpg
でも、やっぱり言わせてもらうのであれば、
なんでデルズが入っとらんとね!
こういうのを出し惜しみというのだっ!
[PR]
by zhimuqing | 2013-09-26 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 続きもASAMPでお願いします ライブの告知です! >>