セクション31

私が勤めている職場はかなり固くて、私生活でも友人になれそうな人が
ほとんどいないように思えるのだが、人は見かけによらないもので、
やはり個人の趣味(というより性癖と言いたい)というもののは
なかなか表に出てこないものなのですね。

先日仕事のパソコンのメールの調子が悪くなり、
総務に調節に来て見らっていたのですが、私の受信メールボックスを見た
総務のHさん(若くして部長、男前)のふと漏らした言葉、
私は聞き逃しませんでしたよ。

「おっ、芽瑠璃堂、懐かしい!」

フェレンギ金儲けの秘訣第8296条だったかな、
「芽瑠璃堂という言葉を平然と口に出す人間は疑ってかかれ」を思い出して、
後日軽く問い詰めてみたところ、やはり濃厚なソウル好きだということで、
軽くのつもりがコテコテの応酬に。

世の中の黒人音楽が好きという人は結構いるものの、
よくよく聞いてみると、アースとかが好き、とか、
マライアとミーシャが好きなんですとか、そういう人が多くて、
盛り上がりに欠けることが多いのですが、このHさんは一味違う。

黒人音楽が好きなのだという告白?を受け、
おお、私も大好きなんです!と答えて帰ってきた質問がこれ!

年代は何年ぐらいから何年ぐらいまで?

胸元をえぐるような一球ですね。以下、そのやりとりを。

私:(のけぞりつつ)そうですね、64年ぐらいから75年ぐらいですかね。

H氏:自分はリズム&ブルースの時代から精々72年かな。
  
私:誰が好きなんですか?

H氏:デルズが一番かな。コーラス・グループが好きなんだ。
   マーヴィン・ジュニアとジョニー・カーターのコンビは最高!


私:(出会い頭のデルズに悶絶しつつ)マーヴィン亡くなりましたよね。
  そういえば、この前、ロン・バンクスも亡くなったし。


H氏:LJとロン・バンクスのコンビも鉄壁よね。
   ドラマティックスも最高だ!ソウルのコーラス・グループは
   ベースと重いバリトンを含めた5人編成じゃないとね。


私:(もう遠慮はいらないと)コーラス・グループだと、
  デルズかデイヴィッド・ラフィン時代のテンプスですよね。


H氏:ラフィンもいいけど、80年代のアリ・オリも捨てがたいね。

私:(アリ・オリ登場!)アリ・オリのリード曲では何がいいですか!

H氏:≪Special≫に収録されていた≪Soul to soul≫かな!

e0147206_192523.jpg
一事が万事、こんな感じで永遠と話が終わらない。
なんでも、奥さんが怖いので、最近はセミリタイア気味だとのことだが、
キャンディ・ステイトンのフェイム時代のコンプリート録音集を
最近一番愛聴しているのだとか。
e0147206_195190.png

私が、そういえば、スペンサー・ウィギンズのフェイムとXLでの
レコーディングもまとめて出てますよね?というと、
なに、ゴールドワックスの音源じゃなくて?と切り返しが来たり、
デトロイトもやはりいいですよね?というと、
ホットワックス/インヴィタックスは凄いシンガーが多いとか、
もうあんたは私ですか?と言わんばかりの怒涛の展開。
e0147206_1101042.jpg

まさか職場でデルズとLJとラフィンの名前が出て来るとは、
一寸先は闇のように黒い音楽です。
hide兄さん以来の久しぶりにがっぷり4つに組める相手、発見です。
別れ際に私に向かって。これはもう完全に変態だ!と言っていましたが、
その言葉はそのまま返すことが出来そうだ。
なんでも、社内に(神戸だが)もう一人、ソウル・マニアがいるとの事で、
ケンドリックス君も無理矢理含め、これはもう組織内の秘密組織ですよ。
もうこうなったら、目指すはセクション31だな。
近々、全面対決しかない!
ケンドリックス君は胸を借りるつもりでウォームアップしておくこと!
e0147206_1104024.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2013-09-07 03:11 | U GOTTA FRIEND | Comments(2)
Commented by hide at 2013-09-08 16:57 x
ミーシャと言えばUKのミーシャパリス、好きです。日本に呼んでちょうだい!とおっしゃってますが、記憶によると一度だけきてますが。BN東京さん、よろしくお願いします。…スペンサーのそれもキャンディのこれも持ってますが、黒汁好きの男前にはかないません(>_<)…そうです、アナタは変態仮面です。
Commented by zhimuqing at 2013-09-09 01:06
>> hide兄さま

これはこれは、黒汁兄貴の登場です!!

ミーシャ・パリスときましたか!流石です。
可愛かったですよね。
といっても、初めの2枚しかちゃんと聞いていませんでしたが、
あの辺の音は今こそ再評価した方がいいのかもしれませんね。
日本に来ていたのも知りませんでした。(汗)

一度上京された折に、黒顔御対面コーナーを設けないといけないっすね。
世は戦国時代状態になって収集つかなくなりそうなのが
相当面白そうです。
といっても外野はさっぱりわけが分からなくなりそうですけど。

お借りしている美味しすぎるブツ、焼くのに少し手間取っております。
もう少々お待ち下さいませ。でもあれは全部面白すぎます!
<< ライブのお知らせ 旨み成分の海に浸る >>