こいつは今年度一番のファンクネスか!

ということで、今年一番のファンクな映画ですね。
アイアン・フィスト。まさにドープ!
ファンカティアーには絶賛の嵐になると思うけど、
興味のない人には全然響かなさそうなところも含め、
実に素晴らしい。
e0147206_051266.jpg


e0147206_0515241.jpg
なんといってもRZAでしょう。
RZA、というよりアフロ・アメリカンが子供の頃に熱中したカンフー映画の
そのカッコイイと思ったエッセンスがここに凝縮されている。
(なので、途中でXメン的な風味も入っているかな)
香港人が作ると、どうしても体術メインになってしまうところを
様々な武器+体術の形式にしたのも新しいと思うのだ。
義手に関するくだりも笑えるけど、でもそのカッコよさというのも
凄く共感?納得?できる自分がいるのだな。
e0147206_0521022.jpg
脚本を作るのに1年半かけただけあって、
色々な話の要素が散りばめられていて、飽きさせない。
(カンフー映画では結構途中でだれるのが多いのだ)
この辺はやはりRZAの思い入れに因るものだと思いたい。
続編も観たいと思うけど、多分RZAの思いはここに凝縮されたと思うので、
仮に製作したとしても、この映画を超えることはないと思う。
e0147206_054777.jpg
個人的な最大の見せ場というか、力が入ったのは
娼婦の館の女主人を演じるルーシー・リューが活躍する場面。
やはりこの人、こういうのを演じるのがとても似合う。
アクションのシーンは実に素晴らしい、というか美しい。
e0147206_0485973.jpg
でも劉玉玲、私の知り合いの中国人にはもう一つ人気ないんだよね。
あまりにもアジア人的なルックスだからなのか、
可愛くないという声が多数。
まあ、私はかなり好きなんだが。

e0147206_0523587.jpg
その次に燃えるのは金塊を護衛する双飛の二人かな。
あまり活躍の場は少ないのが、やや残念だが、
かなり印象に残りますね。
それに比べると、主役級のラッセル・クロウとリック・ユーンは
あまりカッコ良くないかな。
敵も中途半端に強い(弱い)のが勿体ない。
話を詰め込み過ぎて、あまり活躍させる場面が作りにくかったかな。

最大の問題点は、大詰めでのジャック(クロウ)の言葉なのだが、
あれはどうなんでしょうね?うーむ。即座に疑問符がたくさん。
唯一気になったのはそこかな。
あと、せっかくパム・グリア姐さん出ているので、
他の役にしてアクションをやってほしかったかな。
e0147206_0473912.jpg
麗しのパム姐さん
e0147206_0481029.jpg
おや、横にいるのはスヌープ・ライオンではないか!
二人が手にしているのは、ダチョウの卵かな?

それにしても、映画館は休みの日なのにガラガラ。
明らかに場違いなオバさまが2名と私の計3名。
R15指定になっているのだが、中学生の男子とかには
是非見てほしいな。
ということで、少なくとも私の友人にはこれはマストだと
力強くお勧めしたいのですね。
これは大画面じゃないと、燃えないっすよ。
是非是非。
e0147206_053089.gif
これの上の方の絵、大きいヤツが全部ほしいぞ!
[PR]
by zhimuqing | 2013-08-12 23:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< こっちが通常バージョンだったのか! 終演後に指導される父と私 >>