場内が金縛りになった瞬間を思い出す

エル・ヴァーナーちゃんのライブ、観に行こうかどうか、
迷っていたのですが、迷っているうちに終了していることが判明。
となると、俄然観に行っておけば良かったとなるのが、
我ながら器が小さいと感じてしまう今日この頃、
それはさておき、新年も明けたこの時期から3月にかけての
ソウルやファンク系の来日ラッシュは物凄いものがありますね。
しかも青山とか六本木とか、お高い価格設定が多い場所が多い。
日本は景気が悪い悪いというが、私を中心とした半径5mだけの現象なのか?
最近は円高なんで、呼びやすいという背景はあるのかもしれない。
その割には、価格設定があまり変わっていないような気もしますけどね。

ブッキングでは、六本木が大きくリード。
ブルーノートの方が好きな私としてはやや不本意だが、
R&B、ソウル関係のブッキングでは弱いかな。
1月から3月でも目立つのは、RHファクターとケムだけだし。
とはいえ、RHファクターには元ジャネイのルネーも来るし、
なんといっても、ケムが来るのが大きい!
緻密なヴォーカルは多分ライブではエモーショナル大爆発になるはず。
これは行っておいた方が良さそうだ。
e0147206_14384193.jpg
やや宇宙人っぽい雰囲気が逆にソウルフルだ!

六本木の方はざっと見ただけでも、かなり濃厚。
エル・ヴァーナー、ザップ、グラスパー、ミーターズ・エクスペリエンス、
メイシオ、アレクサンダー・オニール、ホセ・ジェイムズにクリントン。

毎年のように来ているザップ、たしか前回はシャーリー・マードックと
ボビー・グローヴァー!が一緒に来ていたと思うのだが、
今回は単独なので、やはりパスかな。
ロバート・グラスパーはレイラ・ハザウェイが同行ということだが、
もう一つ弱いか?ビラルだったら心動いたかも。
e0147206_14374972.jpg
ビラルの新作ももうすぐ!今年最初の期待作!

ミーターズ・エクスペリエンスはノセンテリしかいないけど、
スタントン・ムーアにバーニー・ウォーレルとフレッド・ウェズリー。
結構心が動かされる感じ。
メイシオ・パーカーと一緒に来るスキート・カーティスも一緒だったら、
確実に決定だったのだが、とりあえず保留か?
e0147206_14353824.png
というより、オリジナルのミーターズ再結成を!
世界中で同じ意見の人がたくさんいるはず。

クリントンはメンバー次第なのだが、今のバンドにはぐっと来ないのも
正直な感想かな。
お布施としていくべきなのかもしれないけど、金銭面で余裕がなさ過ぎるか?
3月に来るシーナ・イーストンは本人には全く興味はないが、
バックボーカルで来る元スウィッチのフィリップ・イングラムは観たいかも。
ジェイムズ・イングラムの弟、兄弟そろっての大実力派シンガー。
数年前、イーストンが体調不良で休んだ時に、イングラムをメインに立てて
代行ライブをやったそうだが、それを後日知った時にはもう、
涙を飲みつつ、臍を噛みつつ、爪に火をともしつつ、あっ爪はは違うか。
e0147206_14305467.jpg
歌の実力は互角だと思うけど、お兄さんの方が男前だな。

問題はあれですね、アレクサンダー・オニール、というより、そのゲスト。
シェレールと一緒に来るのも良いのだけど、
加えてアンジェラ・ウィンブッシュ!
e0147206_1429196.jpg
これは随分前の写真ではあるが。

どうでもいいですが、私がこれまでの人生で見た中で一番綺麗な女性は、
モンテゴベイに向かうエア・ジャマイカの客室乗務員3人だが、
ステージで観た歌手ではダントツでアンジェラ・ウィンブッシュなのですね。
(ちなみに日本人だったら、戸田さんの舞台を見ていた江角マキコかな?)
略奪婚していたアイズリーズ(別れたらしい)のライブに同行し、
1曲だけ出て来て一節だけ歌ったのだが、その容姿と歌声のあまりの美しさに、
ロンマクと私はもちろんのこと、会場全体が金縛りにあった、あの瞬間を
今でも思い出す、というか、あのライブの思い出はあれしかないぐらい。
(アーニーのピックとタオルをゲットした覚えもあるが)
e0147206_14295923.jpg
シーナ・イーストンとの2ショット。

あれから月日が経つのだけど、意志の強そうなアンジェラは
声はもちろんのこと、美貌もキープしているはず。ああ、見たいなぁ。
ただ、アレックスのライブでゲストだけで出てくるってのがね、
悩ましいところなんですよね。
アレックス、もちろん悪いはずもないけど、
どうせだったら、単独で観たいのですけどね。
[PR]
by zhimuqing | 2013-01-09 19:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 第3弾、第4弾! アミール少年のベスト50 >>