中国出張が延期という、ラッキーな事案

来週予定していた中国出張が延期となったおかげで、
シェウン・クティのライブを観に行くことが出来るように。
いやあ、ラッキーですね。
人生初の生アフロビート、プリマクさんと堪能する予定。
e0147206_2531100.jpg
それにしても、フェミとシェウンのクティ兄弟は
数多くいる二世ミュージシャンの中でも、
頭が二つぐらい抜けている感じですね。

というより、二世ミュージシャンを色々考えた場合、
大物ミュージシャンを親に持ち、その親の域を超えることが出来た人は
ジャズにしても、ソウルやファンクにしても、ロックにしても、
ほとんどいないような気がしますね。特に欧米では。

父親母親を超えるのは難しいにしても、後世に名を残しそうな人としては、
シシイ・ヒューストンの娘、ホイットニーは別格としても、
その他には、ソウル系ではエディの息子ジェラルド・レヴァート、
ロック系ではリンゴの息子、ザック・スターキーぐらいかな。

レイラ・ハザウェイとかニューオリンズのアイヴァン・ネヴィルも
頑張っているけど、やはり小粒かなぁ、親父さんに比べると。
それにしても、余談であるが、○○の息子、◎◎っていう言い回しは、
スタートレックのクリンゴンを思い出すので、個人的にはやや嬉しい響き。

JBとかサム・クックとかマイルスとかマイケルとかバードとか
カークとかカーティスとかサンラとかエリントンとかのDNAは
一体どうなっているのか?もう少し頑張ってほしいものだ。

なお、私がファンク界の大いなる希望として期待しているのは、
エリカ・バドゥとアンドレ3000の間に産まれたセブン君ですね。
というか、セブン君だけでなく、プーマちゃんとマーズちゃんの
3人全員に期待しているのは私だけではないでしょう。
e0147206_224316.jpg
セヴン君、たぶんもう15歳。
e0147206_224579.jpg
来日公演で見たマーズちゃん、でかくなったな!

ちなみに、叔父叔母と甥姪なんかだと、結構いい組み合わせがいる。
ミス・リズムと呼ばれるルース・ブラウンとレジェンドであるラキム、
これはリズムに対する鋭い感覚という点で、血筋というのを感じさせる。
あとは、メルヴィン・フランクリンとリック・ジェイムズかな。
両者の共演もあるし、なかなかいい感じだ。
新しいところではアリス・コルトレーンとフライング・ロータスか。
そういえば、ブーツィーとスヌープも叔父甥の関係だと読んだことがあるけど、
これは多分眉唾でしょう。

欧米以外では、カエターノとモレーノとかマーリーの息子達がいるが、
ここで親を超える可能性があるのは、なんといってもマリア・ヒタ!
母親エリス・レジーナに並ぶ可能性があると思っているのは私だけ?

そうやって考えると、フェミとシェウンの兄弟は
やはりかなりのハイレベルでしょう。
流石に偉大なる父親を超えることは出来ないだろうけど、
時間をかけていいので、なんとか頑張って欲しいものだ。
e0147206_227392.jpg
ルックスが見ているのは、兄のフェミのほうか?

と、そんなことをつらつら考えるのは、エル・ヴァーナーがきっかけ。
エル・ヴァーナー、ジミー・ヴァーナーとリン・ロデリックの娘!
e0147206_2113526.jpg
はっきり言って、エル・ヴァーナー、いいっすよ。
今年最強の新星かも。
ということで、続きはまた今度。
[PR]
by zhimuqing | 2012-11-17 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< デートしてくれ! 是非とも! >>