鉄腕アトムと太陽にほえろと               ワム!とレット・イット・ビー

e0147206_1515248.jpg
私に小学生から中学生にかけて、音楽を教えてくれたエレクトーンの先生が
昨日亡くなられた。

私は小学校の時にエレクトーンを習ってたのだが、
さっぱり興味が湧かず、全く楽しいと思えなかった。
当然全く練習もしなかったために、クラスから落ちこぼれて、
結局辞めてしまうという、まあ、小学生の男子にありがちな展開を
辿っていた訳ですね。

その1年後だったか、2年後だったか正確に覚えていないが、
近所の美人で有名だった同級生Oさんの家に
とてもいいエレクトーンの先生が来ると母が聞きつけ、
小学生のことなので、今のようにヨコシマな心は抱いていなかったと思うが、
Oさんの家に弟と行き、そこで先生に初めて会ったのだ。

以前弾いていた曲を弾いてみて、と言われ、
とりあえず弾いてみたのだが、一通り黙って聴いた後、
こんな難しい曲を一生懸命弾くよりも、
もっと楽しい曲を弾いた方がいいよね、と。

小学生の男の子が小難しい顔をして音楽をするもんじゃないと、
派手め(当時の私にとっては)の曲をチョイスしてくれるのが嬉しかった。
鉄腕アトム、とか、太陽にほえろ、とか、勝手にしやがれ、なんかが小学生、
中学では、ワム!のフリーダム、そしてレット・イット・ビーなどなど。
そんな曲に混ざって一部ラテンっぽい曲も入っていたかな。
ちなみに習った期間が私よりも長い(時期も遅い)弟は、
マイケルの曲ばかり弾いていましたね。

当然譜面通りに弾きましょう、なんて野暮なことは言わないので、
先生がアレンジして弾いているのが基本となるのだが、
今思うと、随分と3連のはねるリズムが多用されていたかな。
あと、音色に関しても、好きな音を選ばせてくれたのが嬉しかったね。
音の名前はたしかコズミックだったかな?オートワウ系の音色を
多用すればするほど、いいねと言ってくれていたものだ。
今こうやって思い返してみると、この時点で私の好みは決定付けられていたのかも。
まさに刷り込みだ。(しかも、大変いい方向での刷り込み)

その昔、音楽をずっと聴き続けている人は、ジャズにいくか、ブルーズにいくか、
ラテンに行くのよね、とおっしゃっていたが、私にくれたテープには、
エリントンのAトレインが入っていた。
このテープも結構愛聴していたのだけど、その辺の音の刷り込みが
ジャイヴとかジャンプとか小唄系の音が好きになった真の理由かもしれない。
e0147206_1541030.jpg
このLPをテープに落としたものだった。

惜しむらくはバンドをやるようになってから、
いつか共演というかセッションしてみたいと思っていたのに、
それが果たせなかった事。返す返すも残念だ。
学生時代は結構近くに住んでいたのにね。
後悔先に立たず。
弟のステージは観に来てくれたことがあったそうで、弟を羨ましいと思う反面、
私たち兄弟が受けた恩を返してくれていて良かったと思ってみたり。

つまるところ、私と弟(だけじゃなく、多分直接・間接的に母も父も)は
音楽に救われたと言えば、やや大げさな表現になるのだけど、
音を楽しむということを先生に教わったおかげで、
人生がより豊かになったのだな、と。
世界や価値観が広がり、友人にも恵まれ、
片方(弟)は音楽とその周辺を仕事として充実した日々を過ごし、
もう片方は仕事中に関係のない音楽のことばかり考えているという
些細な差はあるといえども。

私達兄弟に教えて頂いた、音を楽しむという人生を楽しむ秘訣は、
弟と大切にしていくと同時に、子供たちにも引き継いでいきたいと思います。


本当にありがとうございました。
[PR]
by zhimuqing | 2012-06-19 00:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)
<< こいつはもう神懸かりだ! 一歩一歩近づいて行くしかないのだ。 >>