女王に不可能はないと思いたい

現地で予定が変更してしまい、少しばかり早く帰国しましたよ。
行きの便では、仕事の予習を慌ててしていた私、
見る時間が無かった映画を見よう!ということで、
映画館で見そびれた「ステキな金縛り」を見始めたのですが・・・。

中国からの帰国便って、ジェット気流の関係もあって、
飛んでいる時間が大変短くなってしまう上、
いちいち丁寧なアナウンスや機長からのご挨拶による中断もあって、
最後の15分ぐらいを残して、強制終了される羽目に。
ええ、ワタクシ、今続きが大変気になって仕方がありません。
今夜金縛りにあってしまいそうなぐらい。
それにしても豪華なメンツが贅沢に使われているのも凄いけど、
随所に面白い場面があるので、飛行機の周りの席の人の
視線が集中してしまうのも困ったもんだ。

さて、中国から帰ると、ネット環境が突然良くなるのがありがたいですね。
なにせブログ関係、ツイッター、ユーチューブ、ヤフオク、
そして政府に喧嘩を売ったグーグルでの検索、
向こうでは、一通り出来ませんからね。
(ブログはアップだけは出来るけど、修正は出来ない)
前項のギタリストの写真も無事アップ完了です。

そんな中、見つけてしまったアレサの映像!
映像をアップされた方によると73年らしいのだが、
レイ・チャールズとのデュエットが素晴らしい。



まだまだ細くて、なんというか抱きしめたくなるくらい!
レイ・チャールズもファンクネス濃度がかなり高濃度!

で、検索すると、色々お宝映像が出て来るので、
個人的な備忘録として、ついでにアップ。
なんと71年、with キング・カーティス&キングピンズ!





歌と演奏の凄まじさは映像の悪さを補って余りありますね。
なんだけど、73年のお姿に比べると、なんと言いましょうか、
豊満とでも言ったらいいのでしょうか?随分サイズが違うような?
3倍ぐらい大きく感じるのは気のせいか?
間違えて抱きしめると窒息してしまいそうだ!

キング・カーティスは71年に強盗に殺されてしまうので、
落ち武者というか幽霊になって出てこない限りは、
71年のモントルーというのは間違ってなさそうだ。

となると、女王が2年間で猛烈にダイエットした、
或いは73年という触れ込みが間違いで、本当は60年代だったのが正しいのか?
私としては、女王に不可能はないということで、前者の説を取りたいのだが、
やはり無理があるのかな?
うーむ。

それにしても、こういう全盛期のアレサの映像はなんとかして
リマスターの上、正規に発売してほしいものだ!
黒いオーディエンスの前での映像が特に期待したいところなのですけど、
贅沢は言いません。

それにしても、パーディーも細いし、デュプリーもまだまだ若いっすね!


[PR]
by zhimuqing | 2012-04-20 23:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< ドラマーも選んでみた! ギタリスト20選 >>