もう移住しようか?

個人的には、葬儀と出張でバタバタしている間に、
北朝鮮の自称衛星打ち上げとか、婚活殺人とか、
そんなどうでも良いニュースで煙幕を張りつつ、
ノダとエダノとセンゴクがゴーを出してしまったのだ。

それにしても、エダマメは「直ちに影響はない」と言わされ続けた自分が
悔しくないのだろうか?
信用すべきでないことは良く分かっていたが、
類を見ない二枚舌に、弁護士という職業の職業病を存分に見せつけられます。

こうなると最後の砦は北陸と関西の自治体関係になるのだが、
維新の会としては、民主党が再稼働を強行した方が選挙に有利になるので、
本心では再稼働させたいはずだろうし、
橋下徹のこれまでの言動は、「弁護士」としての適性を感じさせるので、
エダマメと同様に信用出来ない。
北陸の自治体や議会は、それこそ抵抗のポーズを見せているだけで、
カネが欲しいのが見え見えだから、状況は厳しいなぁ。
もう一家で海外に逃げていきたい気分です、はい。

どこがいいかな?
放射能の影響がなさそうなところとなると、南が良さそうだ。
キューバ?プエルトリコ?コロンビア?ブラジル?オーストラリア?
移住すると、人生は楽しくなりそうなのだが。うーむ。


内橋克人著『原発への警鐘』(講談社文庫)より
当時の敦賀市長、高木孝一の講演を抜粋
e0147206_0284153.jpg
 

石川県羽咋郡志賀町(1983年1月26日) 

で、実は敦賀に金ケ崎宮というお宮さんがございまして
(建ってから)随分と年数が経ちまして、屋根がボトボトと落ちておった。
この冬、雪が降ったら、これはもう社殿はもたんわい、と。

今年ひとつやってやろうか、と。
そう思いまして、まあたいしたカネじゃございませんが、6000万円でしたけれど、
もうやっぱり原電、動燃へ、ポッポッと走って行った(会場ドッと笑い)。

あっ、わかりました、ということで、すぐカネが出ましてね。
それに調子づきまして、今度は北陸一の宮、これもひとつ6億で修復したいと、
市長という立場ではなくて、高木孝一個人が奉賛会長になりまして、
6億の修復をやろうと。
今日はここまで(講演に)来ましたんで、新年会をひとつ、金沢でやって、
明日はまた、富山の北電(北陸電力)へ行きましてね、
火力発電所を作らせたる、1億円寄付してくれ(ドッと笑い)。
これで皆さん、3億円既に出来た。

こんなの作るの、わけないなあ、こういうふうに思っとる(再び笑い)。

まあそんな訳で短大は建つわ、高校は出来るわ、50億円で運動公園は出来るわね。
火葬場はボツボツ私も歳になってきたから、これも今、あのカネで計画しておる、
といったようなことで、そりゃあもうまったくタナボタ式の街づくりが
出来るんじゃなかろうか、と、そういうことで私は皆さんに(原発を)お薦めしたい。
これは(私は)信念を持っとる、信念!

えー、その代わりに100年経って片輪が生まれてくるやら、
50年後に生まれた子供が全部片輪になるやら、それはわかりませんよ。

わかりませんけど、今の段階では(原発を)おやりになった方が
よいのではなかろうか‥‥。
こういうふうに思っております。どうもありがとうございました。

[PR]
by zhimuqing | 2012-04-15 23:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(2)
Commented by ぼん at 2012-04-17 22:01 x
海外移住って?!
バンドどーすんの!
あのイカしたバンド(笑)!
Commented by zhimuqing at 2012-04-21 00:20
>> LL・クール・ボンさま

Hahaha!
その時は、みんな一緒に海外移住しましょう。
というか、その前にみんなで海外ツアーしましょう!
<< ハードコアなヴィンテージもの 飄々とヒップでDIY >>