ついに来てもうた!

腰痛がようやく収まって来たと思ったら、
突然来ましたよ、くしゃみの連射、
とめどなく流れおちる鼻水、
ガンジャをキめたかのような真っ赤に充血した眼球。
頭部の上半球の前面部分がモヤっとしていて、
熱があるようになって、仕事にもならない。
(もっとも仕事に集中できる時間はニワトリ並みなのだが)

花粉症がこれほど強烈な症状を示すとは思いもよらなかったな。
通勤途中にエルモア・レナードの愉快な話を読んでいるのに、
ひねりとエスプリが効いた話を読んでいるのに、
常に涙ぐんでいる40のオッサン、ある意味このマヌケな状態は
レナードの小説にふさわしい状態とも言えないことも無いのだが。
e0147206_1084119.jpg
当世最高にヒップな男の一人、レナードさん。

なにせ、常に泣いている状態で、朝起きた時は目やには出ているほどですから、
瞼が大変腫れぼったく腫れている訳で、
その写真を見て実の母親でさえ間違えた実績がある
スールーことジョージ・タケイに通常よりも3倍増しぐらいで、
近づいてきている訳ですね。
e0147206_1071740.jpg

もはや別人とは言えない状態です、はい。
更なる精進を目指して、フェンシングの練習でもしないといけないのか?
e0147206_1075313.jpg
やや、私の従兄にも似ていないことも無い。
血は水よりも濃い!のか?

病院でも貰った飲み薬は朝夜2回飲めば良いということなのだが、
なかなか効きめが現れてこないのに、
そのくせ眠気が猛烈に押し寄せるという、
なかなかな厄介はシロモノ、薬を変えてもらった方がいいのかな?

なんだか、顔の皮膚もかさかさしてきたし、
カーデシア人みたいになってしまいそうで、やや心配なのだが、
同僚のY氏とT氏は食品安全の大家であるだけに、
「化学的な対処だけではく、物理的にも対応した方がいい」とのアドバイス。
何かと思えば、マスクとゴーグルをしろということだったのだが、
そういう時まで、物理的とか化学的という言葉で説明する二人、
さすがHACPPのマスターだけあるなと感心しつつ、
ある種の職業病だなと思ってしまう私。
e0147206_1093678.jpg
今思うと、意味深な写真だが・・・。
来週の私は目の腫れをごまかすために、こんなメイクをする必要があるのかも。
[PR]
by zhimuqing | 2012-04-07 09:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(2)
Commented by M.A. at 2012-04-09 11:09 x
中年(失礼!)過ぎて突然花粉症を発症することがあると噂には聞いてましたが…。
どうぞお大事に!
Commented by zhimuqing at 2012-04-09 23:20
>> M.A.さま

あはは!
いやいや、まさに中年真っ盛りですからね!

蓄積のリミッターを超えると、突然発症するという話、
私も聞いてはいましたが、まさか自分がこんな目に会うとは
予想していませんでした。

仕事がはかどらないのは、いつも通りですが、
更に見苦しさが加算されてしまい、
職場環境を悪化させていないか、
女性陣の意見が大いに気になるところでありますので、
是非一人ずつ個人面談してみたいところです。

ではでは。
<< 飄々とヒップでDIY 偉大なるつながり >>