1年経って

ヨメサンが所用で外出した後の14時46分、
船橋市もサイレンを鳴らしてくれたので、
部屋の掃除していた手を休めて、娘と二人で黙祷しました。
(息子は寝ていたので)

新聞に載っていた福島第1の敷地図を眺めていたら、
娘がこれは何?と聞いたので、
出来る限り丁寧に教えてみた。

5歳の子供に届くように話したつもりだが、
1年経っても社会の仕組みというところで、
大して何も変わっていない現状を見ると、
10年後に私は子供にキチンと向かい合うだけの
言葉を持っているかどうか、疑問が残ってしまう。

大上段に振り上げて何かをすることはできないけど、
自分に何が出来るか、日々考えていきたいと思う。
やはり基本となるのは、未来を担う子供達なのだと思う。
e0147206_1273450.jpg


震災の犠牲となった方々に心からご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by zhimuqing | 2012-03-11 23:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< 単なる神輿なのかい? 思い入れと愛情のない仕事 >>