トランペットは花形だ

先週は物凄く忙しくて、朝から夜までほぼ全力で仕事しているのに
結局仕事が間に合わず、家に帰っても夜更けまで仕事をしていた私、
さすがに寝不足気味となってしまい、なかなかシンドイ思いを。

最近ストイックな仕事ぶりから随分遠ざかっている私、
金曜の夜には辛抱たまらなくなって、下北までカセット・コンロスを見に。
相棒は困った時はこの人、イデ・ケンドリックス氏。
で、コンロスだから、20時には始まらないだろうと気楽に考え、
時間過ぎて会場に行くと、すでにオープニングアクトが演奏してました。
ギタリスト兼ボーカルの人はおそらく博多出身、
「ツヤーに」って博多弁、久しぶり聞きましたけど、
アレは今度から多用してみよう。

ということで、4ヶ月ぶりぐらいのカセット・コンロスですが、
いつ見ても大変コストパフォーマンスが高いというか、
エラく安い値段でいいもん見た!と満足出来るコンロスですね。
リズムのキレの良さはいつもの通り、素晴らしい。
断言できないけど、今見ておくべきバンドであることは間違いない。

今回のゲストは、トランペッターの光風氏。
と言っても、スカ~ロックステディ演っている人の方面、
あまり詳しくないので、存じ上げなかったのですが、
この人、カッコいいね。
肩の力の抜け具合が絶妙で、60年代ジャメイカっぽい。
見た目が、チェ・ゲバラみたいだったし。
e0147206_1125898.jpg
それにしても、華があったトランペット。
ペットは花形だというのも、ああいうのを見ると納得です。

で、カセット・コンロス、この光風氏のペットが入ると、
最後のワンピースが揃ったという感じで、実に良い塩梅になったので
私は大変驚きましたよ。
リズム隊とフロント陣の調和が綺麗に取れたというのですかね。
音の厚み、サックスとペットの絡み、歌とホーンのバランス、
そして見た目のバランス、色々な部分で全てしっくり来た感じ。
ライブを見に行って、こういう風に感じるのは初めてかも。

リズム隊が強力すぎて目立ち過ぎる感もあったし(そこが好きなんだけど)、
少しフロントに華が欠けている感もあったし(そこも好きなんだけど)、
そういう意味で、微妙に弱いところを補う絶妙なパズルのワンピース。
これを逃すというのは勿体ない。
コンロスの一ファンとして、是非とも加入してもらいたいところです。
かなり忙しく活動している人のようなのだが、
ライブ中に本人も、このバンドに入っちゃおうかな?と言っていたし、
強引にでもバンドに加入させてほしいものだ。

ということで、帰宅したのは午前様になっていたのですが、
翌日は幼稚園の運動会。
なのはいいけど、8時過ぎには幼稚園に到着しなければならないという、
ハードスケジュール。
とは言え、娘の頑張りを見るのは良い気持ちだ。
徒競争の結果は、まあ父親と同じレベルだったかな。
でも、園内で(先生、父兄を含め)、うちのムスメが一番可愛いという事実は
ゆるぎない事実として存在するのであります。
e0147206_1201855.jpg
金メダルを貰ってご満悦のご様子。
e0147206_122680.jpg
ついに野獣化か。
e0147206_1223261.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2011-10-09 23:28 | Rumba DE Manbo! | Comments(1)
Commented at 2011-10-10 08:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 丁々発止 パパ撃沈の巻 >>