どうにかしてあの人達に使わせたい

今年結成した新バンドの練習にひそかに勤しむ私でありますが、
結構固まりかけたところで、ロノブ兄さんが一時休憩ということで、
試行錯誤が続いてて、なかなかライブが出来ないのだけど、
でもこういうのがバンドの楽しいところなんですよね。

それにしても、一時的とはいえロノブ兄さんが抜けてしまうのは
大きな穴になってしまうので、その穴を補強するためには、
容積的にも、多少大きめサイズが良かろう!ということで、
アンチェ・ヤマドリーノことマシール・マクンヴァを呼び寄せた我々。
男前すぎるドラムに対して、変態すぎるキーボードがどのような絡みを
展開するのか、非常に楽しみなところなのであります。
ロノブ兄さんが戻ってくる頃には、いい感じで楽園が醸成されているのでは?
e0147206_04845.jpg
ロングブーツとザッパを愛する男、お腹にファンクもりもり

さて、楽園を醸成と言えば、ヒョンなところから私の触覚に触れた、
Radal India社の楽器、これが実に興味深い。
インド楽器、インド音楽には全く疎い私ですが、
どうにもこうにも良い湯加減で、大変味わい深いのだ。

カタログに載っている9種類の楽器群は以下の通り。

1.DIGITAL TANPURA
2.DIGITAL TABLA
3.ELECTRONIC SRUTIBOX (SUR-PETI)
4.DIGITAL LEHRA(NAGMA)
5.TALOMETER TAALA AID-CARNATIC MUSIC
6.DIGITAL MUSIC TRAINER
7.DIGITAL - ELECTRONIC VEENA
8.DIGITAL SWARMANDAL
9.BIJOU PENDANT MP3 PLAYER

もはやこうやって並べられても、馴染みがあるのはタブラぐらいかな?
写真を見ても、こういうのや
e0147206_0222567.jpg

こんなのばっかり。
e0147206_0224194.jpg

これ↓にいたっては、ただの古ぼけたラジオにしか見えない。
e0147206_23512761.jpg


ただ私が一つだけ確信を持ってはっきり断言できるのは、
ロンマク師だったら、間違いなくこれらを使いこなせるであろう、ということか。
もう一つ、R氏に向けて言い放っておこう。
これらをステージに並べてみると、多分物凄くカッコいい!
ナチュラル・ボーン・ダブマスターがこいつを使わないという手はないぞ!
e0147206_23525626.jpg
小さくてよく見えないが、これもロンマク師の手にフィットしそうだ。

実は、このサイト、音も少しだけ聴くことが出来るのですが、
ああっもう、いい湯加減大賞を決めるコンテストのようだ。
(楽器の写真をクリックすると、PLAY と STOP があります。)
5番目の「南インド音楽用」との注釈が入っている謎の楽器、
タロメーター・タアラ・エイド・カルナティック・ミュージック?が発する
謎の音波は、もはや人智を超えた音楽の域に達している。
世界中で中華街が唯一無いインド、流石に手ごわい。

個人的にはタンプラ(という発音でいいのか?)、
ライブ前なんかに(ライブ中にも)延々と流すのもアリかと思うが、
7番のエレクトロニック・ヴィーナという楽器が一番か!
e0147206_23462081.jpg
シタール+スライドギターのようで、応用範囲が広そうな気が。
ゴッパチ兄さんだったら、文句なしに使いこなせると思うのだけど、
いかがっすか、兄さん?
試しに計算したら、10万以内で東京にお届けしてくれるみたいですけど。
e0147206_23463489.jpg
鮮明で大きな画像がないのが、かの国らしい。
e0147206_0234911.jpg
こちらが「アンプリファイ」してない、元々のお姿。

それにしても、こういうのを見ると、やはり今後期待したいのは
アフリカ大陸ですよね。
コノノのエレキ親指ピアノのように、民族楽器がどんどんエレキ化していって、
予想だにしない楽器が近いうちにガシガシ生まれて来そうな予感が。
あー、インドでもコンゴでもいいので、遊びで海外に行きたいねぇ。
[PR]
by zhimuqing | 2011-09-28 07:28 | Funkentelechy | Comments(4)
Commented by ごっぱち at 2011-09-28 18:12 x
インドのミュージシャンは普通に使ってるようですね。
昨年観たデバシシュ・バタチャルヤもデジタルタンプーラのスイッチを入れてから演奏スタート。演奏が終わってオフで鳴りっぱなしだった。
http://www.youtube.com/watch?v=1DoKX-ObX5g
右の女性の隣に四角い箱があるでしょ
Commented by zhimuqing at 2011-09-28 22:18
>> ごっぱち師匠

あれまあ、流石ごっぱち兄さんは既にチェック済みだったんですね。
どこまでも拡がる掌、ワタクシは孫悟空的な感じですかね!(笑)

しかし、こうやって見ると、意外に小さいんですね。
ふた昔前のラジカセぐらいデカければ、もっと良かったんですが。
それにしても、右の女性の不思議なやる気のなさ?が気になります。
弾いているのか、それとも横でチューニングをしているのか、
謎が深まる一方です。

ということで、兄さん、一発買っちゃいましょうよ!
Commented by M☆G at 2011-09-30 15:46 x
ライブやるとき是非教えてください!
弾けたいんです!
異世界に行きたいんです!
Commented by zhimuqing at 2011-10-02 00:37
>> M☆G さま

おお、是非ともおいで下さいまし。
遠距離で参加できない人もいますが、
メンバー半分ぐらいかぶっています。

でも年内は日程的に難しそうなんで、
年明け以降になりますかね。
決まったら連絡しますよ。

ということで、ではでは。
<< 夜中に一人興奮する ああ、麗しき泥沼化 >>