マニフェストにトイレ掃除も入れてみろ

ようやく顔ぶれが決まったどうでも良いノダ内閣であるが、
内閣決める前にさっそくノダが経団連へご用伺いに行っていたのは
余りの予想通りの展開に笑ってしまったのでありますね。
本来であれば、真っ先に駆けつけるべきは福島や三陸であるべきだと
私は思うんですけどね。
まあ、政治家になるためにわざわざ塾通いして、
社会経験の無いまま職業政治家になった人間に
そのような感性(勘性)を求めても仕方がないのでしょうけど。
e0147206_2357482.jpg
塾生といえば、やはりトイレ掃除。
立派な塾をご卒業のセンセイたちなので、トイレ掃除ももちろんポーズではないでしょう。
恐れ多いですが、ソウリにおかれましても、地元船橋駅のトイレ掃除も是非お願いしたい。

早速ノダは三党合意を維持するとか、原発(再稼働)を重視するとか言っているが、
何の権利があって、このような寝言を言っているだろう?
三党合意というのは、自民党が言うところのマニフェスト4K問題の見直しになるのだろうが、
そもそも2009年のマニフェストが支持されて政権交代を果たした民主党であるのに、
誰の許可を貰ってマニフェストを修正するというのだ。
マニフェストを見直して自公に擦り寄るというのは、事実上の大連立になる訳だが、
それをどのくらいの国民が支持していると言うのか?

マスコミの恣意的な世論調査では決してそれを担保できない。
マニフェストを見直すには必要最低限の手続きがあり、
それは選挙以外のなにものでもありえない。
選挙の洗礼を受けていない今の内閣が増税もそうだが、
脱・脱原発なんかを進める権利は一切ないのだ。

思い出してみると、3・11から半年も経つのに被災地への公的支援が
ろくに行われていないが、この間、財務大臣だったのはノダ本人。
市況を注視することしか出来なかった男に何が出来るというのだ!
マスコミでは演説上手と持ち上げる風潮があるが、
例えば代表選での演説のどこに、日本が今どういう方向性を持つべきか、
将来の日本(子供たちの未来を含めた)がどうあるべきかという、
視点やヴィジョンはどこにもなかったではないか?

2009年の民主党のマニフェストに戻ると、
一番のキーポイントは国家予算の組み換えだったはず。
一般会計と特別会計を統合した207兆円の中身を見直し、
官僚の無駄を根絶して、16兆円の余剰金を生みだし、
これを財源に当てると言っていたはずだ。
これをやる気がないのだったら、今すぐ解散しろ。
解散せずに、増税も原発再稼働を進めます、
ノーサイドだからみんな無条件に俺を支持しろ、というのは
余りに虫が良すぎる話で、その二頭身のスタイルとともに、
冗談としても笑えない。
いいから、今すぐ解散しろ。
e0147206_2355251.jpg
それにしても、満面の笑みで関係修復をアピールする両者だが、
総理大臣と財界総理のこの2名を改めて並べてみると、
日本を代表する顔はこのレベルなのか?と、
やるせない気持ちになる私です。

どうせだったら、総理はこの人に変えた方がまだましなのでは?
e0147206_23551483.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2011-09-02 23:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< 恭賀生日! ギャングスタ英会話学校に入学か? >>