熱いけど、ミネラルも豊富

近所のリサイクル屋は中古CDが激安なこともあって、
たまに掘り出し物がないか覗きにいくのですが
実は奥のほうにひっそりと楽器も置いてあります。
当然のことながら、掘り出し物があるはずが無いわけですけど。
そんなわけで基本的に放置しているのですが、
久しぶりに見に行ってみると、2本ほどのボロボロのブツが目に留まりました。

片方は、テスコのベース、NB-4。
60年代のものらしいが、弦が張られていない。
コメントには「細い弦でないと張れません」、価格は3万円。
もう一本は、「グネコ、フレットレス」と書かれていて、
??と思ったが、どうやら、これはグレコですね。
(Grecoのrがnに見えるものを、その筋?ではグネコと呼ぶらしい)
リアのピックアップを改造しているのはまあ良いとしても、
改造した後を埋めておらず、穴?が開いていて、
ホコリが溜りまくっている。価格1万数千円なり。

普段だったら見向きもしないようなブツなんだが、
ゴッパチ兄さんとプリマクさんががっぷり4つになった先日の対談?に
影響されてしまったのでしょうかね?
ボロボロな感じが逆にヴードゥーな印象を高めているような気もしてくる。
一回音を出してみたほうがいいのかな?意外にワイルドな音が出たりして。
でもあのお店には、ろくなベースアンプ置いてないし、
ブツの実力は分からないんだろうけど。

さて、最近またペレケーノスを読み返しているのだが、
デレク・ストレンジ・シリーズの「Hard Revolution」、
悪役のバズが自分の愛車に付けた名前が[Bernadette]ということで、
フォー・トップスの中で私が一番好きなこの曲を持ってくるあたり、
やっぱりペレケーノスは良く分かっている。
e0147206_1954077.jpg


テムプスが好きな私としては、どうしても後回しになってしまうのだけど、
フォー・トップスというか、リーヴァイ・スタブスの
剛速球1本に絞りました、という姿勢?は、やはり爽快。
暑い夏の一日の締めにサウナに入って汗を流すような感じ?
でも汗は流れるけど、体に吸収されるミネラル分も高いので、
熱中症の心配もいらないのだ。
e0147206_1962634.jpg
70年代以降のフォー・トップスも実は結構良いのだけど、
やはり60年代半ばの黄金時代があってこそ。
H=D=Hのポップ(なんだけど少し妙)な楽曲、
ファンクブラザーズ、特にベンジャミンとジェマーソンのワイルドな演奏、
暑苦しくも麗しいリーヴァイの歌の3拍子が揃えば、
全てをなぎ倒していく素晴らしい世界が広がるのです。

H=D=Hが去った後、フォー・トップスはフランク・ウィルソンに
製作を委ねたわけですけど、それはそれで良い曲が多いけど、
掴みが若干弱い感じですかね。
仮定の話になってしまうのだけど、仮にそこで別のプロデューサー、
例えばホイットフィールドとかジョニー・ブリストルなんかが
手がけていれば、70年代のフォー・トップスの展開も
また違っていたんでしょうけどね。
サイケになりすぎる前のホイットフィールドでファンキーに歌うリーヴァイとか、
ブリストルの作るメローな展開で、ジャズ経由のコーラスを聞かせるトップスが
聴いてみたかったな。
e0147206_1917394.jpg


話は変わりますが、世間一般で言われているように、
またペレケーノスが作中でバズに語らせたように、
60年代モータウンが白人マーケットを狙うために
黒さの濃さを調節してポップにしていたというのは、
正直疑問が残るところですね。

だって、黄金期のモータウンの歌手を見ると、物凄く濃厚ですよ!
ポップでゴスペル臭が薄い(薄くみえるだけなのだが)のは、
ダイアナ・ロスとメアリー・ウェルズぐらいじゃないのかな?

ラフィン、エディ・ケン、リーヴァイ・スタブス、マーサ・リーブス、
マーヴィン、スモーキー、グラディ・ホートン、スティーヴィー、グラディス、
ジュニア・ウォーカーにアイズリーズ、エドウィン・スター。
この艶々と黒光りしたソウルフルなメンツを見よ!
はっきり言って、アトランティック・レーベルにいたメンツと比べても
勝るとも劣らない。
ホワイト・マーケットに受けたのは、セルアウトしたのではなく、
ただ歌(歌手、曲、演奏)が良かっただけだと思うんですけどね。
e0147206_19134723.jpg
60年代半ばのデトロイト、タイムマシンがあったら行ってみたいものだ。

e0147206_19142124.jpg
フォー・トップスはこの4枚組みのベスト盤「Fourever」がベスト!
モータウン時代だけでなく、モータウン以前も以降も入っている。
昔、福岡でドラマーO塚さんに死ぬほどしごかれたあの名曲、
When she was my girl も入っています。
[PR]
by zhimuqing | 2011-08-12 20:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 悪党と危険な声を持つ男 夏は濃厚ソウルに限る >>