年2回?の集中講義

夏休みということで、姪っこが大阪から一人で我が家へ来襲。
義妹の娘だけあって、真正(純正?)なる関西人とでも言いましょうか?
寝ている時以外はずっと喋り続けているのですが、
お姉ちゃんが来た!と我が家のムスメは大喜びですね。
女3人寄れば姦しい、旦那3人寄ればうとましい、
オカマ3人寄ればおぞましい、と歌ったのはマダムギターですが、
小娘2人寄っただけでも、相当やかましいのですが、
でも、活気があって、意外に悪くない。

で、我が家に到着後、我が家にある激安アコギに興味を持った模様。
私が弾いてあげたるわ!と何故か物凄く上から目線で
無調でフリーキーというか、アヴァンギャルドな演奏を披露。
それはそれで、なかなか微笑ましかったのですが、
深夜のバンド練習で明け方2時頃寝た私に対して、
朝の7時前から、ギター聞かせたるわ、と
寝ている私の耳元で、ガシガシ弾くのは勘弁願いたいところです。
サン・ラーが地球に帰還したかと思いましたよ。
寝ぼけていたので記憶が定かではないが、娘のトイピアノで
トラディッショナルなブルース、Tramplin’ the cat bluesを弾いていたような気も。

ちなみに本日は一家5人?で買い物に出かけたのだが、
シッピングモールにはどこにでもあるS野楽器の
電子ドラムにも興味を持っていたようで、
もしかするとファンカティアーの道を歩ませることが出来るかもしれないが、
いかんせん船橋と大阪では距離が遠すぎるのが残念だ。
年2回程度の集中講義でいかに効率よく感化させることが出来るかが、
今後の課題となるところとなりますね。
e0147206_013333.jpg
手下の2名との合同練習
e0147206_014315.jpg
出た!早すぎて手がゆっくりに見えるという、伝説のスローハンド!
e0147206_014524.jpg
マダムギターばりのアクションもお手のもの。
e0147206_0153579.jpg
我が家の姫も参戦、手にするはラヴ・ギター・ロッド by プリキュア キュア・ビート!!
e0147206_0163377.jpg
安易におもちゃを買わないと決めている私であるが、
ギターの形をしたおもちゃとなると、買ってもいいかな?と
甘い父親になってしまうのが、残念なところだ。
次回のマクンヴァ・アーケストラでロンマク氏の楽器になると思えば、
必要経費と言えなくもないので、定価5000円強、
アマゾンで3500円ぐらいの出費は、まあ良しとするか?
[PR]
by zhimuqing | 2011-08-01 00:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)
<< どこから切っても凄い 緻密で有機的な仕事に興奮する >>