セクシーな女とのフォトセッション

台風6号マーゴンが来る中、富士山山麓まで出張に来たのだが、
マーゴンって何だか非常に親近感が湧く名前なんですが
誰が決めたのでしょうかね?
6号みたいな番号よりも、一つ一つ名前が付いているほうが
私は好きなんですけど。

さて、そういうわけで、ここに泊りがけで来ると
必ず泊まるホテルというか宿があるのですが、
ここの露天風呂、人も少ないし、毎回ほぼ独占出来て嬉しいのですけど、
今回は思わぬ珍客が!
この風呂は混浴ではないはずだけど
最初は脅かさないよう遠巻きに見ていたのだが、
案外平気な様子で、こちらに蠱惑的な流し目をくれやがる。
こちらの目はあまりにセクシーな肢体にもう釘付け。

こうなっては、こちらはもう辛抱タマラン。
写真撮ってもいいですか?等と口にするのは野暮の骨頂、
そそくさと浴衣を羽織って部屋までかけ登り、
デジカメをひっつかみ、再び露天風呂に再突入。

幸いまだ風呂を楽しんでいる様子。
撮る方も撮られる方も産まれたままの姿で撮影会がスタートしたのだ。

シャーデー・アデュよりも滑らかな肌、
全盛期のダイアナ・ロスを上回るコケティッシュ、
瑞々しさはソロデビュー直後のローリン・ヒルを凌駕し、
太股の張りは90年頃のアンヴォーグ4人をかけ合わせた程。

物憂げで夢見心地なのに勝ち気な性格がかいま見える瞳は
ハル・ベリーのよう。
艶やかな曲線美はンデゲオチェロの爪弾くベースほど滑らか
小柄な身体にみなぎる気力はジャネル・モネイ、
そんなパーツをファンクネスの域まで磨きあげているその様は
エリカ・バドゥを超えている。
うはぁー、ほんまにええ女でっせ!




ということで、撮影会の成果をここに発表!
タダで発表するのは勿体ない気もするし、
ネット上で発表して良いものか迷うのだが。









e0147206_12421259.jpg
見よ!この艶やかな肌合いを!
e0147206_12422681.jpg
こちらを威圧するほど挑発的な眼差し
e0147206_12365863.jpg

e0147206_12372058.jpg
うっかり誘い込まれそうになるのは私だけではないはずだ!
e0147206_12372759.jpg
見よ!この指先に溢れるファンクネスを!
e0147206_12373784.jpg
そんな軽い女ではないのよ、と軽くいなされる私
e0147206_12362454.jpg

写真を撮った時は、モリアオガエルか!と色めき立ったのだが、
鼻から目にかけて黒い線があるし、
白目?の部分が赤みがかっていないので、
正式名称:ニホンアマガエル サイズはかなりでかかったので、
メスだと思われます。
[PR]
by zhimuqing | 2011-07-23 12:28 | Funkentelechy | Comments(4)
Commented by M.A. at 2011-07-25 14:35 x
はははは…つられました。
暑中お見舞い申し上げまする。
それにしてもよく撮れてますなあ。
Commented by zhimuqing at 2011-07-27 18:07
>> M.A.さま

M.A.さま、お久しぶりです。

エル・デバージの来日も中止になっちゃいましたが、
ブーツィー、行きますか?
私は熟考の上、価格が高すぎるので、
多分行かないことにしました。
でも、ぎりぎりになって翻案するかもしれないですけど。
Commented by M.A. at 2011-07-28 15:18 x
ブーツィー、熟考の末行くことにしました。
P-Funk系のライブって期待以上に良かった〜という経験がないんですよ、不幸にも。
でも今年のブーツィーは行っとかんといかんという気がするんです。
震災その他諸々による心理的な影響……てことは全然なくて、
単に新譜が良かったからなんですが(笑)。
しかし高いよね( ̄へ ̄)
Commented by zhimuqing at 2011-07-30 02:10
>> M.A.さま

いいですねぇ、私も勿論行きたくはあるのですが、
マーク・リーボウとデバージに振り分けることにしたのですが、
エル様来なくなっちゃったんで、心が乱れる次第でございます。

Pファンクのライブでは、ビリー・ベースが初めて来たときの
横浜でのライブ(95年ぐらい?)と
その後、99年ぐらいの大阪2デイズが物凄く楽しかったです。
どちらもオールスターズですけど。

でも、確かに年々星になってしまう人が多いので、
行ける時は行っといた方がいいんですよね。
ブギーの体調のことを結構心配しています。

ではでは。
<< 緻密で有機的な仕事に興奮する ラディカルで、火を噴くような >>