モヤモヤーノ、ユスリタカリーノ

多分来月あたりに引っ越す予定なので、
そのタイミングで購読をやめようと思っている朝日新聞、
同志?前原「誠司とカネ」の辞任を無念に思う気持ちが全開の
今日(8日)の社説がかなり面白い。

どうにも、もやもやが残る。
~中略~
計25万円の政治献金が「国益が損なわれる」ほどのことだったのか。


そうそう、私もモヤモヤ感、残っていますよ。
脱税犯(というより、ヤ×ザのフロント企業でしょ)から献金貰ってて
しかも別の会社の名義でウソ申告していた件、
なんでうやむやにされそうになっているの?
その朝日を始めとする報道の姿勢にモヤモヤ感満載ですよ。
あんた達の大好きな「政治資金収支報告書」の「虚偽記載」ですよ!
おまけに闇金ルートとか派遣業界ルートとか、
色々美味しそうなネタがおまけで付いて来るのに。
そうか、「脱税」関係には触れてほしくないのかな?
なんといっても、脱税の額も桁違いだからね。

ということで、ようやく騒ぎになって来たメア米国務省日本部長の発言、
この辺りの反応もスタンスを明確に示すものとしては、
かなり役に立ちそうで、何よりだ。
全文はこちらに。

合意形成は日本文化において重要なものだ。
日本人はこれを「合意」と呼ぶ一方、それは「ゆすり」を意味し、
彼らは「合意」の文化を「ゆすり」の手段に使っている。
合意を模索するとみせかけ、できるだけお金を引き出そうとするのだ。
沖縄の人々は日本政府を巧みに操り、ゆすりをかける名人である。

沖縄の主要産業は観光業だ。農業もあるが、主要産業は観光業だ。
沖縄の人たちはゴーヤーを栽培しているが、他県の栽培量の方が多い。
沖縄の人は怠惰すぎて栽培できないからだ。
沖縄は離婚率、出生率(特に非嫡出子)、
度数の高い酒を飲む沖縄文化による飲酒運転率が最も高い。

日本に行ったら本音と建前に気を付けるべきだ。
本音と建前とは、言葉と本当の考えが違うということだ。
私が沖縄にいたころ、「普天間飛行場は特別に危険ではない」と話した。
沖縄の人たちは、私の事務所の前で発言に抗議した。
沖縄の人たちは普天間飛行場が世界で最も危険な飛行場だと主張するが、
彼らはそれが本当のことではないと知っている。
福岡空港や大阪伊丹空港だって同じように危険だ。


民間機と軍用機の事故率を比較せずに危険度を論じていて、
この人の頭の中身も疑問に残るのだけど、
最後の方の一文がかなり面白い。

日本政府が現在、支払っている高い接受国支援は米国にとって有益だ。
私たち米国は日本に関して非常によい取引を得ている。


日本政府を巧みに操り、ゆすりをかける名人はそっちでしょ!
22年度の土地の使用料や周辺対策費を含めた総「思いやり予算」は6730億円!
来年度の予算失効させて、このカネ(税金!)を止めてしまえ!
[PR]
by zhimuqing | 2011-03-08 22:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< 懐かしすぎて、涙が出そうになる はるばるデンヴァーからようこそ! >>