サンタのブラン・ニュー・バッグ!

クリスマス・アルバムというのは、
ソウル界に限ってみても結構沢山あるのですけど、
どうしても季節モノなんで、買うチャンスを逃してしまうと、
また1年待たなきゃいけないってのが難しい?ところですね。
なもんで、私も買わなきゃいけないと思いつつも、
買いそびれているブツがいっぱいありますよ。
ラサーン・パターソンとかフェイス・エヴァンスは持っているけど、
オージェイズとかパティ・ラベールなんかは、
毎年買おうと思いつつ、未だに入手できてません。

e0147206_22391387.jpg
そんな私ですが、HIP-O SELECTから今年発売されたJBの
クリスマス曲のコンプリート集「The Complete James Brown Christmas」、
無事に捕獲出来たんで、クリスチャンではないんですけど、
季節柄、家で結構かけていたりするのです。

このコンプリート集、66年~70年に発売されたJBのアルバムに
シングルと未発表テイクを合わせたものなんですけど、
なんと言っても泣く子も踊るこの時期のJBですから、
悪い筈がある訳無いですね。
e0147206_2244301.jpg
で、まとめて3枚のアルバムを聴いてみると、
一番聞き応えがあるのは、面白い事に最初のアルバムなんですね。
e0147206_22423373.jpg
JBの3大ルーツと言えば、ルイ・ジョーダンとロイ・ブラウン、
そしてチャールズ・ブラウンだと思うんだけど、
そのチャールズ・ブラウン直系のジャズ・ブルース的な音をバックに
JBの素晴らしい泣きの節回しが映えること映えること。
全曲必聴と言っても良いのではないでしょうかね。
完全に余談ですが、私の携帯で「JB」と打つ時は
「な」「き」と打った後に変換することに気が付いた私。
やはりauの携帯もJBの魅力の一つに「泣き」だと認識しているのか?

バックのミュージシャンには、ピーウィーとクライド、ノーラン、
そしてボビー・バードぐらいしか有名処がいないですけど、
インスト曲でJBのソウルフルなピアノが聞けるところが嬉しいですね。
数曲ではノーランの通常より3倍増しのブルージーなギターが楽しめる。
因みにライナーによると、クライドはこの時JBとの初録音だったらしい。
e0147206_22425347.jpg
68年の2枚目になると、メイシオやフレッド、クッシュ、ピンクニーに
スウィート・チャールズあたりのいつもの面々も加わって、
どファンクはないものの、これまた愉快な演奏。
メイシオ他の随所に入るソロも短いが、なかなか痛快。

曲名にはなかなか興味深いものが多いですね。
Santa Claus go straight to the Ghettoとか、
Let’s unite the whole world at Christmasなんて曲は
まさにこの時代の熱い気持ちの高ぶりを感じさせます。
他にも、Santa Claus gave me a brand new startなんて曲も興味深いが、
これはインストでしたね。
Soulful ChristmasやChristmas is comingは
結構ストレートなファンキー・ソウルでかっちょいい。
全体的にヴァイブが使われているのはJBとしては珍しいのだけど、
ブルージーさは大分薄れてしまっているかな?

そんな中、何故か唐突にSay it loud – I’m black and proudが収録されていて、
これは一体どういう意図だったのか良く分からないけど、
当時のJBの支持層はほぼ100%ブラックだったはずだし、
JBらしいチョイスだとも言えますね。
e0147206_22435684.jpg
70年のアルバム「Hey America」は、時期的には最高のはずだけど、
JBのロードバンドを使っていないので、前の2枚に比べると、
面白味というか旨みが欠けてしまうのは、仕方ないですかね。
JBの歌自体は素晴らしいけど、ブルージーさはかなり減少してて
JBがファンクを磨きに磨いて完成させていく中で、
削り取っていったものがその辺りなのだということが
分かるような気がしますね。

LPに収められていないシングル曲のIt’s Christmas timeでは
ベーシストとして、William Upchurchとクレジットされてるけど、
アップチャーチという名前のミュージシャンはあまりいないんで、
やっぱりこれはフィル・アップチャーチなのでしょう。
この人は本当に神出鬼没だけど、ベースでもギター同様に
神業を発揮していて、本当にすごい人だ。

ということで、明日クリスマスの25日はJBの命日。
あれからもう4年も経ってしまったんですねぇ。
最後まで仕事のことを気にしていて、
マイケルやプリンスとしなければならない仕事があるのだと
周囲に語っていた現代のポピュラー音楽最大の巨人を
これを聞きながら、思いを馳せているクリスマスイブなのであります。
e0147206_22394236.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2010-12-24 23:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< ルーディーになりたいけど、  ... 素材を活かすのは難しい >>