抜群の身体能力に耳が釘付けなのだ

発売から4ヶ月近く経ってようやく入手したBig Boiの新作、
「Sir Luscious Left Foot:The Son of Chico Dusty」、
アウトキャスト名義でのサントラ盤「Idlewild」から4年ぶり、
その前の二枚組み「Speakerboxxx/The Love Below」からは8年ぶり。
ジャイブ・レーベルから売れ線でないとイチャモンをつけられた結果
本人曰く、発売まで40ヶ月もかかったというこの新作、
デフ・ジャムから発売されて、かなりのスマッシュヒットになってるので、
良かった良かった。
e0147206_4161619.jpg
大傑作「Speakerboxxx」の後なんで、ただでさえハードルが高くなるし、
1年以上前に新作の収録曲として発売されてたメアリーJとの曲や
アンドレ3000やレイクウォンとの曲は収録されてないし、
しかもアンドレ製作の曲はジャイブとの契約で大幅に削られているしで、
なんだか心配な気もしたのだが、完全な杞憂でしたね。
今年屈指の名作でしょう。

ソウルやファンクの色がかなり濃厚だった「Speakerboxxx」に比べると、
かなりエレクトロ色が強いというか、最近のトレンドである派手めの
シンセが入った曲が多いので、レコード屋で視聴した際には
ちょっと好みではないかな?と思っていたりもしていたのですが、
そこは天下のアウトキャストの片割れにて、生涯一MCを名乗るBig Boi、
そんな音作りに埋没することなく、くっきりと浮かび上がるますね。
豪華なゲスト陣、製作陣の参加も話題なのだが、
主役の存在感が大きいので、焦点がぶれることもない。
e0147206_4163460.jpg
とにかくカラフルなバックトラックの上でBoiが抜群の身体能力?を
これでもかと見せつける様が嬉しいですね。
緩急自在の身のこなしが実に見事だ。
リズムに対して前のめりで性急にフロウを叩きつけるかと思わせといて、
次のヴァースでは非常に寛いで、後ろからかぶさって行く、と思わせておいて、
小節間を飛ぶように自在に跨いで行く様は
全盛期のニコラス・ブラザーズのようだ。
アウトキャストの輝きは、アンドレ3000のファンクネスだけでなく、
このボイの天才的なフロウも合わさってこそのものだということが
良く分かります。
e0147206_4164756.jpg


豪華な製作陣の中では、何と言ってもオーガナイズド・ノイズの
久しぶりの復活が個人的な大トピックですね。
クールなエレピがスライを思い起こさせる3曲目や
クリントンだけでなくトゥー・ショートまで引っ張り出した11曲目での
ダウナーなファンクネス溢れるトラックが嬉しいところです。

オーガナイズド・ノイズもそうだが、随所にジョイとかスリーピー・ブラウンとか
クージョ・グッディー、Mr.DJ等のダンジョン・ファミリーが参加していて嬉しいが、
なんと年末頃にはダンジョン・ファミリーとしての新作も発売予定ということで、
ということは、無事発売されたら9年ぶりですか?
こいつも楽しみだ!
e0147206_4132044.jpg
21世紀のPファンク軍団は勿論こいつらだ。
e0147206_414537.jpg
上段右から2番目のアンドレ3000が目立ちますが、
でもやっぱりジョイの元旦那ビッグ・ギップのインパクト・破壊力には
敵うものはなかなか見当たらないっすね。(上段、一番右)


クレジットをよくよく眺めると、アトランタ№1をエアロン・ミルスと争う
凄腕ベーシスト、デボラ・キリングスの参加も嬉しいですが、
キャメオのケビン・ケンドリックスの貢献もなかなか大きい模様。
私の好きなジョイがちゃんとフーチャリングとしてクレジットされてるのも
嬉しいですね。
あと、トークボックスでボスコが3曲参加してますね。

で、アルバム最大の目玉は5曲目「Shutterbugg」ですね。
低音のマシーン声でボボボボボとやったのをベースにして、
その上で自在にボイが跳ねまわる。
ブリッジはザ・システムの「You are in my system」のフレーズを
トークボックスでBoskoにメロウに歌わせといて、
ソウルⅡソウルの「Back to life」もくっつけるという、
文章で読むと何の事だかよく分からないけど、
今年度屈指のファンク、カッコよすぎる!

あと、今年はこの人、ジャネール・モネエもゲストで参加!
すまん、この曲だけは、何度聞いてもボイの存在を忘れてしまう。
モネエが歌っているフレーズ、そんなに印象的ではないのですが、
Idolwildの頃に比べると、モネエの存在感が増していることが分かりますね。
うーん、そんな感じなのは私だけかな?
e0147206_4121691.jpg
それにしても、この組み合わせも大変良い!
モネエ、もうダンジョン・ファミリーにも入っちゃえ!


そんなわけで、何回聞いても盛り上がるこのアルバムな訳ですが、
先ほど触れたダンジョン・ファミリーとしてのアルバムとは別に
現在アンドレ3000と一緒にアウトキャスト新作も録音しているようで、
そちらも早く聞きたいところですね。
グッディ・モブの新作ももうすぐ出るらしいし、
ダンジョン・ファミリーの時代がまた到来するのか?
(そうであれば大変喜ばしいのですけど)
e0147206_4115088.jpg
アンドレの新作も猛烈に聞きたいぞ!
e0147206_412641.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2010-11-21 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 生楽器での再演を懇願したい 判断が難しいなぁ。 >>