なんともポップでよろしい

正確な分母が良く分からなくなっているのだが、
4/7もしくは4/8マクンヴァ・アーケストラで
久しぶりにスタジオ入りしたのだが、
やっぱり凄く楽しいのであります。
プリマクさんのブランニュー・ワープコアもなかなか快調。
何とか形にしたいものだ。
e0147206_1394078.jpg
うねるギター、見た目も良いが音も良い。

さて、昨日「微妙」と評したシーローの新作ですが、
一夜明けて、出張の往復の新幹線その他でずっと聞いていたのですが、
シーローだから、という過大な期待をせずに聞くと、
やっぱりなかなか聞かせますね。
ユーチューブでアクセスが殺到して話題になった「Fxxk You」は
ポップスということで聞くと、今年屈指の曲であることは間違いないです。



なんともポップな感じが大変よろしい。
でも次は濃厚なヤツをお願いしますよ頼みますよ。

さて、ジャネール・モネエとの競演、写真だけではないはずと探してみたら、
やっぱりありました。コカコーラのCMなのかな、背景がよく分からないけど。
これまた素晴らしい。
今年一番のビデオクリップかもしれないなぁ。
(実は昨年発表されたものらしいけど)



それにしても、シーローとモネエがこうやって売れているアメリカという国は
やっぱりなかなか侮れない国なんだな、と改めて感じますね。
競演アルバムなんか出してくれないですかね。
泣いて喜びますけど、私なんかは。
[PR]
by zhimuqing | 2010-11-14 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< ユルユルとカンドンブレ、でもヒリヒリ 真っ当すぎて少し物足りないかな? >>