真っ当すぎて少し物足りないかな?

今年下半期の目玉だと考えているCee-Loの新作、
12月発売予定だということで、首を長くして待っていたのだが、
突如発売が1ヶ月早くなり、いきなり発売されているので、驚きました。
多分置いてないだろうと思いつつ、東京駅にある小さいタワレコに行くと、
ひっそりとR&Bのコーナーに置かれていましたよ。
私の中ではグッディ・モブのイメージが強いので、
どうしてもヒップホップの棚を探してしまうのですけどね。
e0147206_1385570.jpg


話は変わるが、APECの関係で首都圏の警備が
異常に厳しくて鬱陶しいこと、この上ない。
馬鹿みたいに警官がいて、からかいたくなってしまうのは
良いとしても、ロッカー全部封鎖するなよ!
楽器を預ける所が無くなってしまうじゃないか!

それはさておき、この新作、前作から6年も経っている訳だが、
この間、ナールズ・バークレーの誰も予想しなかった大ヒットを挟んで
まさに大物としてのソロ第3作目。
名盤の誉れ高い(ですよね)の1st、2ndからどのように進化してきたか?
非常に興味が募るところなのだ。
e0147206_1391597.jpg


帰りの電車では目を皿にしてクレジットを眺めていたのだが、
サラーム・レミが5曲、フレイザー・T・スミスが4曲、
今をときめくブルーノ・マーズ、ジャック・スプラッシュが各2曲担当。
ネプチューンズやティンバランド、DJプレミアー等、
大物プロデューサーが名前を連ねていた前作に比べると、
かなり地味ではあるが、何と言っても気になるのはスミスの3曲。
なんとピノ・パラディーノがベースで参加!

で、かなり興奮しながら家に帰ったのだが、ウーン、微妙かな。
ナールズ・バークレーでの活動で完全に「歌手」になってしまったのか?
前2作にあった稀代のファンカティアーとしての底知れない輝きが
正直あまり感じられない。

もちろん歌手としてのシーローはソウルフル。
11曲目のサイケ直前のテンプスみたいな曲や
サザンソウルの精霊が木霊する12曲目の歌は
今時のシンガーにない、生々しさが素晴らしい。
この歌が好きか嫌いかと言えば、もうたまらなく好きだし、
例えば新人歌手として、初めてこの声を聞いたら
間違いなく大騒ぎして100点だ!と触れまわるのだろうけど、
シーローなんだから、このぐらいの出来だと満足できないですね。
e0147206_1412637.jpg


ファンクもヒッポホップもブルーズもソウルもロックも全部一遍に
南部の教会のゴスペルの中で煮込んでみました、という音楽性を
もっと全開してほしいのだけど。
今回は上澄みをすくい取りました、という感じで、
勿論旨みは随所に感じるのだけど、旨みだけでなく
アクも全部一緒に出してほしいのだ。
全部混ぜて煮込みながら、ブラックネスの精霊を召喚することにかけては
ディアンジェロにも匹敵すると信じているのですけどね。
むしろ軽々と引きだしてきそうなところはD以上かもしれないし。
e0147206_1393946.jpg
前作のサングラスには様々な表情が映っている。
こういう感じをおねがいしたい。

ということで、もうちょっと聞き込まないと分からないけど、
ポップな佳作ではあるけど、これだったら前の2作を聴くかな。
シーローも戻って、無事に再結成したグッディ・モブの方に
期待することにしようかな。
同じダンジョン・ファミリーのアウトキャスト関連と共闘してくれたら、
物凄く嬉しいのですけどね。
あとはジャネール・モネエとの競演かな、やっぱり。
e0147206_1402334.jpg
と思ったら、すでに2ショットの写真を発見。
やはりジャネール・モネエ、素晴らしい!
[PR]
by zhimuqing | 2010-11-13 01:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< なんともポップでよろしい ジェーニーでなくジーニーだと思... >>