ブッチギリで行くべし

ということで、出張で札幌にいるのだが、
先ほど、おい、思い出に残る味って書いてあるから入ろうや、と
上司に言われて入った札幌ラーメン屋の名店らしい「D」、
非常に残念な味でした。
ええ、確かに思い出には残る味だったので、看板に偽りなしですけどね。
それにしても、今夜の札幌は雨が降っているのですけど、
なんとも残念な感じです。それだったら雪が降って欲しいです。

さて、札幌でNHKをつけると、APEC首脳会議でのTPP問題を
大きく取り上げているのだが、基本的に真っ向から反対の姿勢で
この問題を取り上げていて、東京での報道との温度差に驚いたのだが、
例えば新潟とか鹿児島とかでも同じような姿勢なのでしょうか?
もっと頑張れと思うのと同時に、地方でチマチマ頑張ってても
大きなウネリにはならないのだから、東京で大きな集会を開いて、
戦わないといけない時期だろうに、と思ったりもするのですけど。

「TPPに参加しないと、日本は世界の孤児になる」と経団連が騒ぎ、
マスコミ(正確には中央マスコミですね)がそれを煽っているのだけど、
尖閣列島の件もそうだけど、そういう煽りで一体誰が得しているのか?という
視点を忘れてはいけないと思うのだ。
朝日新聞はこの問題を取り上げると言って、各界の推進派のインタビューを
連載しているが、1回目が某大手商社のトップ、2回目がアメリカの関係者。
要は、関税を取っ払うとおいしい思いをする人達でしょ。

こんなこと誰でもわかることなんだけど、結局は全てリンクしているのだな。
佐高信のいう「社畜」では無いけれど、結局エライ人達はこっちのことを
家畜か何かと思っているのだな。

関税撤廃したけど、お隣の韓国や中国に負けるので、人件費を削りたい。
会社の収益を上げたいので、正社員を減らして、出来るだけ契約社員にしたい。
消費税を上げて、輸出会社の消費税還付金は増やしたい。
でも、法人税と所得税と資産課税は引き下げたままでよい。
所得が減った部分は安い輸入食品をあてがってやる。
病気になるのは自己責任だから、自分で何とかしろ。

大体、農産物に対する関税自由化が国内に及ぼす影響の大きさを考えたら、
民主党はその是非を選挙で問うべきだ。
前の衆院選での民主党のマニフェストにはなんて書かれていたか?
「日本の農林水産業を立て直す」と書かれていたのではないかい?

そもそも、この関税撤廃による悪影響は輸入国である日本だけでなく、
輸出国である発展途上国に対してだって、
悪影響を及ぼす可能性も高いのだ。
農家は海外で高く売れるものを作ろうとすると、
輸出用のコーヒーやバイオエタノール用のトウモロコシを優先する。

そうなると、大きな旱魃にもあっていないのに、
自国で食べる物がなくなってしまうこともあるのだ。
つい数年前各国で自分達が食べるトウモロコシが無くなってしまったのを
マスコミは忘れてしまったのか?
ただでさえ、単一作物を作り続けるのは土壌に与えるリスクが高いのに。
相手の国のことはどうだって良いの?

でも、相手の国が凹むだけではないんですよね。
結局、先進国の生活レベルも下げられて、
勝つのは多国籍企業だけってことになるんですけどね。

大体、アメリカのいう関税「障壁」なんか気にする必要は無い。
やつらにとって「障壁」でも、こちらにとっては守りの壁なのだ。
壁がなくなると、郵政民営化の時もあったように、
こちらの金融や資産を狙いに来ることは間違いないのだ。

それに、関税を撤廃しただけで、韓国や中国の工業製品に
そのまま勝てると決まっているわけでもない。
品質やお客へのアピール力を含めた技術力で勝てなくなってきているから、
海外で売れなくなってきてるのでしょ?
その技術力を磨く為には、関税撤廃ではなくて、
長期的に国民の教育レベルを上げるしかないと思うのだ。
どうせ日本には広い国土もたいした資源も無いのだ。
ブッチギリの商品開発力、技術力で突き進むしかないのではないかい?
e0147206_22343563.gif
一番でないと駄目ですか?と言った女がいたが、
ブッチギリを目指さなくて、高いレベルが望めると思っているとしたら、
大間違いだ。
[PR]
by zhimuqing | 2010-11-08 22:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< なんとか鶴川に滑り込む 甘く苦い持ち味が全開、変なセン... >>