カバの波状攻撃にさらされる

ムスメの明日の運動会仕切り直し、父兄参加コーナーもあるということで、
気合を入れ直していきたいところなのだが、
昼過ぎに少しだるそうにしているムスメを、よくよく見てみると、
顔の両側の下というか、耳の下あたりがムクっと膨らんでいる。
熱も少しずつ出てきて、これはおたふく風邪、決定ですね。
ということで、運動会には参加できないですね。
幼稚園一(ですよね)の美少女が参加できなくて、
幼稚園中の男子はさぞかしがっかりすることでしょう。

e0147206_17227.jpg
さて、先日リリースされたジャクソン5の未発表ライブ盤、
ようやく聞いてみたのですが、やはり声変わり前のマイケルは凄い。
天才としかいいようのない歌(と多分ダンス)ですね。

バックの演奏はどうなのだろうか?と心配していたのですが、
虐待一歩間際だったらしい父の特訓のおかげもあって、
確かにI want you backとかABCの演奏では拙さが残るものの、
なかなか鍛えられた演奏に驚きますね。
70年のライブなんて、ジャーメイン14歳、ティト16歳ですもんね。
ジャーメインのベースの腕前なんか、私よりうまいような気がして
しかも歌いながら演奏してるし、なんだか嫌になってしまいますね。
e0147206_1115159.jpg
観客の黄色い歓声がこれまた凄いですけど、
そうなるとメンバーそれぞれの人気の格差が分かってしまいますね。
マイケルとジャーメインが大人気、ジャッキーがそれに続くのだが、
マーロンは・・・、ティトにいたっては・・・。
なかなかこういう稼業も大変だなぁと思ったりして。
あと、この時期のジャーメインの歌もなかなかカッコ良いというか、
ジャクソン5の二枚看板だったんだな、と改めて感じました。
それにしても映像は残っていないのかな?
e0147206_112712.jpg
この構図一つ見ても、人気の度合いが分かってしまう。
ちなみに運転してるオジサンはベリー・ゴーディーJrですよね。


さて、こういう具合に私の懐を痛めつけるHIP‐O SELECT ですが、
年末にかけて、波状攻撃をしかけてくるので、これまた油断ならない。
e0147206_115327.jpg
めぼしいところでも、JBのクリスマス・ソングのコンプリート集とか、
タミー・テレルのソロでの全キャリアを追ったコンプリート集とか、
スモーキー・ロビンソンのソロアルバム波状攻撃(来年まで続くらしい)とか、
はたまたネヴィル・ブラザーズの未発表ライブ!とか。
e0147206_114162.jpg
これはマストかな?
モータウンだけでなく、JBのところにいた時とかチェス時代の録音も含まれるらしい。


ようやくJBのシングル全曲集が75年まで来たので、
一息つけそうになって来たのに、
まったくいい加減にしてもらいたいものだ。
これでエドウィン・スターの全曲集なんか出したり、
ジュニア・ウォーカーの全アルバムの波状攻撃をしかけてこられたら、と思うと、
うかうか夜寝てられなくなってしまうではないか?
e0147206_1161516.jpg
89年のネヴィルズのライブなんて、
反則すれすれというより、反則そのものではないか!
[PR]
by zhimuqing | 2010-10-11 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 俺たちとっても強いんだ! キング・ソロモンに敬礼 >>