出張のご挨拶

嫁の友人宅に遊びに行ったり、ロンマクさん一家が遊びに来たりで、
楽しく、忙しく過ごした3連休だったのだが、
色々頑張りすぎたのか、今日になって体調が一気に悪化して
熱中症のような症状でダウン寸前なのだが、
何と明日から週末まで中国出張。

体にこもっているような熱を体外に出すには
クールな音楽の方がいい様な気がするので、
とりあえず出張中はジョアン・ジルベルトを聞こうと思っております。
(とはいえ、聞きこむとと大興奮してしまい、暑くなるのが難点だ。)
e0147206_062877.jpg


それにしても、この期に及んで、木村さんとは個人的な付き合いはない、
と言い張っているらしいヘイゾさんですが、
この出張期間中に日本振興銀行の木村前会長絡みで
ヘイゾさんがお縄になるのをちょっとだけ期待しつつ、
そうなるとやっぱり暑くてもフェラ・クティ聞いてた方が良いのかな?
暑いので、皆さんもお体、ご自愛くださいませ。
e0147206_06403.jpg




ヘイゾさんの選挙での演説
2004年7月10日 @新橋

新橋にお集まりのみなさん、こんにちは。金融政策財政担当大臣の竹中平蔵です。
というより、参議院比例に立候補している竹中平蔵です。
せっかくのこのような機会、実は、私と木村さん、中々会えないわけです。
会っているところ見つかったら、必ず週刊誌が「劇薬コンビ復活」とかですね、
二人でよからぬ相談をしているとか、妄想にかきたてられたとんでもないことばっかり
面白おかしく書いて、中々お目にかかることもできない。

しかし、私が立候補することを決めたその時に、
私の気持ちをやはり一番理解して下さったのは、木村さんであり、
そして一緒に仕事をしている担当副大臣の伊藤達也さんだったと思います。

木村さんは、私はもう正真正銘、この金融の問題で
日本でいちばん詳しい方だと思います。
私はですから、二年前の一番大変なときに、大学者と言われる人たちが
みなオレは知らんよと言って知らん振りして逃げ、金融論の学者が逃げたときに、
私やっぱり頼りにできるのは、木村さんのように本当の実務を知っている、
そして志をもっている人だったんです。
いま木村さんが非常に熱っぽく語られましたが、
その中で本質は言い尽くされていると思います 。

[PR]
by zhimuqing | 2010-07-20 23:48 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< 『理由』に震え、カラクリに頷く オーベアでサイエンスでエトゥに悶絶 >>