名コンビ数あれど

ギャングスターに関しては、その全盛期には
私の耳がまだ開いていなかったこともあり、
なかなかその良さが分からなかったのだが、
ある日突然物凄く良いことに気づいて
びっくりしたものである。

プレミアのドープ(と表現するより他にない)な素晴らしい音の上に
自在に乗りこなすモノトーンなグールーの声の響き。
ヒップホップの一番面白かった時代の
一番コンシャスで一番ストイックな音。
e0147206_0382751.jpg
名コンビ数あれど、このコンビに匹敵できるのは
マイルス&コルトレーンぐらいしか思い浮かばない。

e0147206_04013.jpg
初めて聞いたのは、スパイク・リーの映画のラストを飾ったJazz Thing。
一番好きなのは、選ぶのが難しいけどThe Planetかな。
いい曲しか入っていない2枚組のベスト盤を聞いて、グールーを偲ぶとしよう。
e0147206_0371813.jpg
アルバム単位だと、これが一番かな?


こちらはエリカ・バドゥとグールーのコラボ。
声の対比が実にすばらしい。
[PR]
by zhimuqing | 2010-04-23 00:40 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< 捻じれた会話を生で見たくなって... 雨季直前のマンゴーのように艶やかな >>