期待を上回る出来に悶絶している件

高まるだけ高まった期待を上回る出来映えに
凡人である私はただひれ伏すだけなのであります。
e0147206_1565748.jpg
「New Amerykah Part Two: Return Of The Ankh」

エリカ・バドゥの待望の新作、ようやく本日聞くことができたのです。
まだ数回しか通して聴いて(聴けて)いませんが、
今年度のベスト1と断言してしまっても問題ないと思うのだ。
それどころか、ここ数年のアルバムでベストと言ってしまいそうになって
でもまあ、そこはぐっとこらえていたりしてる自分がいたりするのだ。
e0147206_243884.jpg
ヒネリが効きまくっているくせにキャッチーで、
どこまでもヒップホップで、しぶとくアーシーな肌触りもある音に
軽やかに転がったり、鋭く突っ込んでくる声が重なっていく様は
さながらミヒャエル・エンデが脳内で描いた夜の森ペレリンのよう。

気持ち良い電子音で一気にファンタージエンに連れて行かれるオープニング、
続く2曲目や前作に引き続いてロイ・エアーズを使った4曲目は
非常にキャッチーで心地よさ抜群なのだけど、
前後にサーラーを絡めて、アルバムの流れをグッと引き締める。

サーラーも自身のアルバムでは結構未整理な部分が目立つのだが、
声を前面に押し出しつつ、サーラーの持ち味を発揮させつつ
きれいに整理しすぎないところはエリカ・バドゥ、流石の綱裁き。
ちなみに5曲目はウィングスの曲をサンプルしているとのことですが、
ポール・マッカートニーに詳しくない私はよく分からない。

と、このようにアルバム前半の流れも素晴らしいのだが、
実は個人的には6曲目以降がアルバムの肝になると感じていて、
マッドリブ製作の捻じれた音像がカッコよすぎる6曲目、
一緒にベースを弾くと気持ちよさに唖然とする9、10曲目も良いのだが、
韻を踏んで転がりまくるヴォーカルに気を取られていると
ワームホールに入って土星に連れて行かれる3部作の11曲目、
そして故Jディラの連環するドープネス極まるビートに打ちのめされる7曲目が
このアルバムの目玉なのだと思いますね。

随所に出てくる電子音はもちろんエリカ・バドゥのテルミン等も
入っているのだろうけど、エグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねている
Mike "Chav" Chavarria の功績が大きいようだ。
(多くの曲でMooger Fooger 担当とされている。)
もちろんジェイムス・ポイザーも大活躍していますけど。
数曲で弾いているベースのスティーブン・ブルーナー(と読むのか?)も良い。
(スティーブンさんは、ツアーメンバーでもあるようだ!)
e0147206_1571946.jpg
バドゥ姐さんとマイク兄さん。

それにしても、このアルバムが出たタイミングで来日公演があるのは
本当にラッキーというしかない。
期待が高まるばかりなのだが、そういう期待度のハイパーインフレをも
今のエリカ・バドゥは軽く超えてきそうで、今から待ち遠しくてたまらないのだ。
ライブには是非ともアルバムに参加したメンバーも連れて来てくださいな。
e0147206_27236.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2010-03-31 01:59 | Funkentelechy | Comments(3)
Commented by プリーチャー at 2010-03-31 23:56 x
ブログ読んで、あわてて買いにいきましたよっ!
まだ1回しか聞いてないですけど、少なくともママズガンの次にかっちょいいつうのは決定です。前作はディープすぎてあんまり聴いてないのですが、今回はだいぶ解りやすいです。ジャケットも良いですし。
Commented by ぷり at 2010-04-01 00:01 x
そういえば、なぜか直前にオフィシャルウェブサイトで公開された新曲が収録されてないですよね。
PVがファンカデリックの1stみたいで、けっこう気に入ってたんですけど。
Commented by zhimuqing at 2010-04-01 09:39
>> プリマクさま

昨日一昨日と新作を聞き続けていますが、
やっぱりカッコイイっす。

デビューして15年弱でミニアルバム、ライブアルバム含めて6枚、
全てAクラス以上の名作で、しかもその間ブランクを空けずに
ライブやってるというのも、考えてみたら凄いものです。

事前にネットで発表されていた音源は他にも2,3曲ありそうだし、
例のおとり捜査後のD様と?様との3人で最近録音したものも
あるようなので、その辺がシングルのカップリングで出てこないか、
注意が必要となってきそうな予感がします、はい。
それにしてもライブが楽しみだ。
<< 保安院、データの偽装疑惑の言明せず 千葉の水道水、一般規制値超えるウ素 >>