人形は怖いが、グリグリで安心

e0147206_154351.jpg
伯母から七五三のお祝いが贈られてきましたよ。
なんでも著名な作家に随分前に頼んでくれていたというお人形。
一ひねり、いや二捻りしたファンクネスですかね?
なかなかブルジョワジーでラグジュアリーな香り?が漂うのですが、
一つ問題があるとすれば、ちょっと怖いことですかね。
我が家のレイたん、ひたすら怯えているのであります。
伯母さんには秘密ですけどね。

e0147206_155985.jpg
ちなみにムスメが怖がる我が家の人形を勢ぞろいさせてみましたよ。
リアルな人形やファービーが怖いのはなんとなく理解できますね。
中国のお店に飾ってあったジャック・スケリトン、
お土産用に無理を言って譲ってもらったのに、
家でかばんから取り出した瞬間に、ヒィィィと叫んで逃げていく始末。
その中で一番恐れているのは、アンパンマンのマペット。
出した瞬間に怯えます。
怖がるポイントが良く分かりません。

むしろ私なんかは、最近ムスメが誰もいないところを指して、
○○チャン(実在の友達の名前)もいるよ、と言うほうが怖いのでありますが、
これはいわゆる生霊ってやつなのでしょうか?
今日もお風呂に入っていると、湯船の中を指して、
◇◇チャンもお風呂に入っている、と言っていたのですが、
どうせならモデルさんとか女優さんとお風呂に入りたいものだ、と思い、
色々な著名人の名前を挙げてみたのですが、
皆さんいらっしゃらなかったようで、残念なのでありました。

e0147206_162832.jpg
先日入手したドクター・ジョンの記念すべきファーストアルバム、「グリ・グリ」。
ずっと聞こう聞こうと思っていたアルバム。
レイたん、これはちっとも怖くないようで、お風呂上りにグリグリで踊っていました。

サイケだ、とか、オドロオドロシイ、との評判のアルバムだが、
今の耳で聴くと、伝統に沿ったカッコいいニューオリンズ・フォンク(ファンク)。
重心は決して低くはないのですが、下半身にパーカションがいっぱい。
グレイトフル・デッド meets サン・ラーっていうと褒めすぎ?
でもたしかに惑星サターンに通じる道標って感じがして、
同時期に作られたファンカデリックの1stに近い感じだ。

ドクター・ジョンの以降の活動は完璧で文句のつけようがないのだが、
グリ・グリ40周年記念とかそんなのにかこつけたりして、
続編みたいなアルバム、出してくれないかなぁ?

e0147206_15059.jpg
中国で見かけた子供用の1元いれたら揺れる乗り物?
いろいろな意味で怖いのだ。
夜中にこれが歩いていると、間違いなく悶絶だな。
[PR]
by zhimuqing | 2009-11-10 23:32 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)
<< 不破+芳垣に吹っ飛ばされる 初の主演舞台に何故か     ... >>