まだまだ枯れてしまうのは早すぎるぞ!

先々週からの出張ラッシュがようやく終わったのだが、
おかげさまで、ここ数年で一番忙しい、というか
同僚が大丈夫?と気を使ってくれるぐらいの
殺人的スケジュールになっていますよ。
今週も出張があるし、無事切り抜けることが出来るのでしょか、私?

とまあ、そういう状況にもかかわらず、というか、そういう状況なので
現実逃避?で、我が家のハードディスクレコーダーに
ひたすら溜まっている映像を見るわけですが
やっぱり帰国後一発目は、BSで放送された東京ジャズでしょう!
もちろん、お目当ては言うまでも無く、Pファンク!
会場、持ち時間及び個人的資金面を考慮して、
泣く泣く見送ったライブですね。
マガジン誌なんかでも、結構褒められていたので、
結構期待していたのですが・・・。
e0147206_0364025.jpg



うーん、どうなんでしょ?
臨場感のないテレビ放送であることを差し引いても、
ちょっと寂しさが残る内容だったような気が・・・。
もちろん全編放送されたわけではないし、
日本のテレビ放送独特のツルリとした質感もあるのだろうけど、
なんだか逞しさに欠けているのだな。
シャイダー、Pナット、ベリータ・ウッズ、ライジ、キャッシュワディ、アンドレ、
結構タマは揃っていたんだけどなぁ。
(スティーヴ・ボイドのボーカルは相変わらず素晴らしい。)
やはりブギー、ハンプトン、ブラックバードが居ないと随分寂しいものだ。

それにしても?マークの連発だった昨年のアルバムといい、
なんだか心配になってくるのでありますが、
こんなところで枯れてもらっては困ります。
頼むよ、クリントン!
もう1発、いや1発といわず5,6発、大きな打ち上げ花火を
ドカンと打ち上げてくださいな!
e0147206_0362778.jpg

今月号のミュージックマガジンを読んで驚いたのだが、
なんとPファンクご一行の来日にスライ・ストーンも同行していたそうだ。
ステージはもちろん、ホテルから全く出なかったらしいのだが、
もはやジョアン・ジルベルト並みの仙人ぶりですね。
こうなると、スライとジョージ、一緒にアルバム作ったほうがいいんじゃない?
まとめてクエストラブあたりが面倒見てくれないかなぁ。
(ほとんど個人的な願望ですけどね)
e0147206_0403990.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-10-19 22:16 | Funkentelechy | Comments(0)
<< フードゥームーンでグリグリ NHKスペシャルに驚いた件 >>