ネギ盗むな!

一昨日は家族で調布まで足を延ばして、
キンダー・フィルム・フェスティバルに行きましたよ。
子供達が優しく成長することを願って作られた映画を
世界中から集めて放映するイベントなのですが、
こういう催し物は良いですね。
e0147206_12283886.jpg










会場にいたデカいピングーにムスメはやはり怯えてしまうのであった。

私は昨日の2本しか見ることが出来なかったのですが、
他者に対する思いやりを描いた優しい映画は
「水やりを忘れてバサバサになった心」という子供の頃に読んだ
詩だったか、話だったかを久しぶりに思い出しましたよ。
子供向けであると同時に、大人も見るべき映画であります。

最終日の昨日は戸田姐さんが同時吹き替えを行っていたのですが、
アニメとかの吹き替えを勉強している学生さん達が
終演後、口々に「レベルが違いすぎる」とか「愕然とする」とか
なんとか言いながら、会場を後にしていたのが、微笑ましかったですね。
物凄く大変だと思いますが、あのレベルを目指して精進して欲しいものです。

e0147206_12284879.jpg
近所にネギ泥棒が出現しているらしい。
やっぱり大人にこそ、この映画祭に行ってもらうべきなのだろう。
[PR]
by zhimuqing | 2009-08-25 12:34 | Dawn 'n' Shine | Comments(2)
Commented by shiny at 2009-08-25 13:43 x
ネギ・・自分で育てたら沢山食べられるのに・・。心無い人多いですねぇ><
優しさって結構難しいものだと思います。必ずしも相手を傷つけないようにする事が優しさだとは思えない今日この頃ドス。相手を傷つけないようにと相手に思わせぶりな言動をして相手を喜ばせて、結局収集つかなくなり逃げる・・そんな男が最近おりましたとさw
Commented by zhimuqing at 2009-08-25 22:54
>> ツンバイさま

ネギはたぶん10把ぐらいですね。
お金がなくて食べるものがないのかもしれませんが、
そうであれば、是非とも選挙に行って、
格差社会を作り出した政治家にNoと言ってほしいものです。

思わせぶりな件ですが、結局逃げちゃったのですか?
その程度のオトコだったんでしょうね。
まあ、言ってみれば私もそんなに大差ありませんけど(苦笑)。
<< テンションが下がった時に伝え聞... ジェイムス・タイベリアスもラサ... >>