南房総を攻めてみた件

実は夏休み中なのです、今週は。
以前だと考えられない1週間。
ということで、海水浴に行きましたよ。

我が家のベイビーズ2人には初の海水浴、
私もずいぶん久しぶりで、何年ぶりか分かりません。
関東の海で泳いだこともないので、
適当に千葉の南の方をセレクトしてみたのですが、
こちらの海の砂浜の色が黒いのに改めて驚きました。
ということで、ベイビー2人のツーショット。
e0147206_29422.jpg
波打ち際にいるトビムシが強烈に足に噛みつくのにも驚いた。
九州と関東、海は全然違いますね。


その昔、専攻していた関係もありますので、
海辺に漂っている海藻をチェックしてしまうのですが、
緑藻系が意外に少なく、アマモがたいへん多いのに驚きました。
舘山周辺には結構良い藻場があるのでしょう。
近年アマモ場はかなり減少しているので、大変貴重ですね。
私の嫌いな小池百合子の珍発言通りに地球が温暖化していって
ジュゴンの生息北限が辺野古から上がってきたとしても
舘山近辺だったら大丈夫かな?

さて舘山まで足を延ばしたので、有名な鴨川シーワールドに行きました。
マンボウやシロイルカ、トドやセイウチのデカサに子供のように感動しますが、
やはりシャチが一番大きいです。(小学生低学年の感想文レベルだな)
学芸員の方がシャチの鼻に乗っかってジャンプしたりしますが、
あいつらは英語名キラー・ホエールなんですけど、学芸員の人も大変ですね。
昔、学生時代の先輩が水族館にバイトに行って、
サメとかが泳いでいる大水槽に潜って壁面を掃除している時に
ウミガメに首を噛まれて怪我をしていたことを思い出しました。
e0147206_213039.jpg
シャチとかイルカが陸に上がっているのを見ると、
座礁したイルカとかクジラを思い出して心配してしまうのは私だけ?


水族館の中で初めて発見されたものの、
まだ天然では発見されていないというクラゲも印象に残りましたが、
エトピリカが自分の3倍はありそうな魚に果敢にアタックしている姿、
あれが良かった!テンションが上がりましたね。
やはり、動物たるものああでないといけない、と反省したりしましたよ。
あと、水族館の前の海(太平洋)がなかなかきれいで勇壮だったのですが、
シャチがアザラシを襲う海岸の雰囲気に似ているのが気になります。

我が家のおちびさん2人は、と言いますと、
ヨウたん(11か月)は基本的に一切興味が無いのは仕方ないですね。
レイたん(2歳6か月)が一番反応したのはモリアオガエル。
館内に響き渡る大声量で『かえるの歌』をずっと歌っていましたよ。

ということで、スペシャルサービスのセクシーショット。
こういう写真をアップしたら、アグネス・チャンに怒られるかな?
e0147206_205389.jpg
e0147206_211025.jpg
それにしても曇りの日の2,3時間しか海にいなかったのに、
背中から肩にかけてヒリヒリ痛い痛い。
腹まで黒いと言われた学生時代が懐かしいなぁ。
[PR]
by zhimuqing | 2009-08-06 23:57 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)
<< デュードにノックダウン! ラファエルなのか、それともラフ... >>