怒涛の竜巻にまたも巻き込まれのか?

ミュージックマガジン、またもやパフューム特集で
一体どこに進もうとしているのか?
全曲解説なんか要らない、何を考えとるんや?と
ヨメサンに文句言ってたら、だったら何で買ってるの?、と言われ
答えに窮してしまった私であります。

惰性で買ってるといえば、そうなんでしょうけど、
でもまあ、石田昌隆の『音楽の発火点』あるし、
今月号はヴィクター他からのラテン再発の記事もあったし、で
やはり情報源としてはまだまだ有効なんですけどね。
ただ、全体的に雑誌としての企画力は随分と弱くなってきているけどね。

今月は別原稿でマイケルの追悼記事がありましたけど、
『音楽の発火点』での文章がなかなか心に沁みました。
ステージ(=現場)の出来で評価しているところや
ダンスが進化していることに着目する視点は
肉体を重視する現場主義の石田昌隆ならではで、非常に信頼が置けます。
弟にも読ませてあげなくては。

マイケルの追悼記事、色々なところに色々な人が書いていますけど、
中にはひどいものがありましたからね。
「スティービー・ワンダーの眼が見えていたら、マイケルがやっていたことは、
全部スティービーがやってしまっていただろう」なんて、
ずれた事を平気で書いている、したり顔の評論家がいたりしますからね。
スティービーはスティービー、マイケルはマイケル、
どちらもとても素晴らしいけど、二人を比較して何の意味があるのだろう?
思考停止して、自動書記しているだけだとしか思えない。

さて2年前ぐらいでしょうか、『ボンバ竜巻』と一部で名づけられた
プリマク氏と私の財布を直撃したボンバ・レコードの再発ラッシュがありました。
というか、今でもジワジワと私を攻撃していたりするのですが、
なんとこの度タワレコの通販で怒涛のセールですよ。

ああ、私の懐を直撃したサルサやブーガルーやブラジルの数々の名盤が
最大50%オフ!(といってもほとんどが25%以下ですけどね、値引率)
若干複雑な気持ちもありつつも、まだ未入手で気になる盤もあるので、
値引率と参加メンバーのメンツ、録音年を基にして
色々検討を重ねているところであります。
チャーリー・パルミエーリやプエンテ山脈、レイ・バレットにモンゴ・サンタマリア!
なかなか悩みは尽きませんね。

またもや竜巻来週で、私の財布からお金が巻き上げられていくのだ。
誰かお小遣いを増額してくれないかなぁ。
e0147206_19305790.jpg
一連のボンバ竜巻の中で一番気に入っているCDはこれなのだ。
[PR]
by zhimuqing | 2009-07-28 22:27 | Rumba DE Manbo! | Comments(4)
Commented by ぷリーチャー at 2009-07-28 21:01 x
ななな、なんとぉ!!
安いじゃないですか。。とても。在庫一掃せーるでしょうか。

ほら、これだけ粒ぞろいのいいCDまとめて10枚15,000円、安く、ないか。

ボンバタイフーンの危険なとこは、結局エディパルミエリしか3回以上聴いてないってとこです。

はずれは全然無かったんですけど・・・。

ぶっけヴぇっせるとふとのDVD見てるんですけど、まじすごいっす。
Commented by zhimuqing at 2009-07-28 23:14
>> プリマクさま

在庫一掃セールだとしたら、我々二人に怒涛のように押し寄せた暴風は
世間では何ともなかったということなのでしょうか?
3回しか聞かなくても、そのうち再発見するだろうし、
まったくこのボンバ攻撃には困ったものです。

やはりレイ・バレットは集めた方がいいのか?とか
カコとかモンゴ70が気になってしようがない!とか
マチートもメンツが凄いし時代も良い!とか
心乱れまくりです。


Commented by プリーチャー at 2009-07-28 23:32 x
ちょとつ猛進のライブは全部プエルトリコ大学に入ってるようでした。
買わなくて良さげです。

いまチャーリー聴いてたんですけど、ピアノでなくてオルガン弾いてる曲は何ともポヨンとした感じで、ファンキーです。でも、どうでしょ、うーん。

1500円なら買っておくべき、かも。
Commented by zhimuqing at 2009-07-29 18:37
>> プリマクさま

本日プエルトリコ大学、聞き直しましたが、
やはり「山に行こう」は名曲ですね。
バンドでなんとかできないものでしょうか?

で、このライブ聴いていると、やっぱりチャーリーは持っとかなあかん!と
思ったりするのですが、
エディの「山に行こう」前後の音源も聞いとかないかんとも
思ったりするのでありました。
<< 方丈記が面白いと思ってしまった件 天才だから仕方ないけど、諦めき... >>