天才だから仕方ないけど、諦めきれない件

出張に合わせて1本、家族でもう1本映画を見に行きましたよ。

家族で見に行ったのは、泣く子も本当に黙るアンパンマン。
ザ・ヴォイス・オブ・アンパンマンからチケット頂いたので、
ありがたく見に行きましたよ。

初めてアンパンマンの映画見に行ったのですが、
バイキンマンがやられるところでの
チビッコ達の歓声が大変微笑ましいですね。
我が家のレイたんは初めての映画館だったわけですが、
画面に釘づけで凝視していたのですが、
途中少し怖いシーンになると、
膝かけを鼻の所までずり上げて顔を隠そうとしていました。(笑)
あと、声優のゲストの人達はやっぱり下手すぎて、違和感がありました。

さて、もう1本は話題沸騰(ごく一部限定かな?)の『エル・カンタンテ』!


エクトル・ラボーは破滅型の天才シンガーであることを忘れておりました、私。
ライブのシーンは文句なしにカッコイイのですが、
なにせ、ラテン界屈指の破滅型。
薬、事故死、家族との軋轢にHIV、フルコースです。
救いがなくて、見ていて辛くなってしまったのでありました。

劇場に置いてあった日本サルサ界というかサルサダンス界の紹介文なんかには
サルサに興味がない人を一緒に連れていくと、
その人もサルサに興味持つこと間違いなし、なんて書かれてあったけど、
逆にひいてしまうのではないかな?
ウィリー・コローンとの友情なんかはグッと来ますけど。

まあ、とにかくジェニファー・ロペスとマーク・アンソニーの夫婦主演で
情熱のサルサを描いた映画と思って、ロマンティックな気分になりたい二人が
間違えて見に行ったりしないことを望みます。
というかモヤーン氏あたりが下心丸出しで、
女の子をこの映画に誘って自爆したりすると、
なんとなく嬉しくなりそうな私はいやな人です、はい。

マーク・アンソニーは細くて、私のエクトル・ラボーのイメージとは少し違うけど、
さすがに大スター、魅せてくれますね。
後半のボロボロになっていく姿はなかなか真に迫ってました。
ライブのシーンは物凄くカッコよいので、
それだけのためにDVDを買っても良いと思いました。
あと代表曲エル・カンタンテの後半のアレンジ、
くどくて好きになれなかったのですが、
今回改めて聞くと、これも良いなと思ったのでした。


でも、やっぱりスターの苦悩が刻まれてる本人の歌の方がかっこいいというか、
深みがあるのは仕方ないですね。


あとジェニファー・ロペスは出過ぎとも思わないでもないですが、
エクトル・ラボーの奥さんのプチに似てると自負しているだけあって、
自ら構想5年、制作も買ってでてるだけあって、
なかなかの力のこもり具合ですね。
たたみかける口調がラティーナのイメージ通りというか、
あれは演技というより本人そのままなという気もしたりして。
あ、あと時々キラ・ネリスに少し似ていたりもしましたよ。
これは新しい発見だ!

私がラテン音楽に目覚めたのはニューヨリカン・ソウルを聞いてからなので、
マスターズ・アット・ワークのルイ・ヴェガは、なんというか恩人なのですけど、
彼のお母さんはエクトル・ラボーのお姉さん、
つまりエクトルの甥っ子なのですね。
ということで、お姉さんが画面に出る度に男の子いないか探していたのですが、
残念ながら見つかりませんでした、はい。
あとお父さん役はイスマエル・ミランダでした。

ということで、ここ数日はもっぱらエクトルを聞いているのだが、
夏の暑い日のサルサは捨てがたいっすね。
我が家にはソロになってから順に4枚がありますが、
1枚以外は全部当たりです。
(その1枚はボレロ集、なかなか聴く気になれないのだ。)

初めの3枚は本当に甲乙つけがたいですが、
やはり有名なDi Ti Depende が今のところ1番かな。
エル・カンタンテが入ったComediaも素晴らしいですけどね。
e0147206_23505922.jpg

で、今後はウィリー・コローンとのコンビ作を狙っていこうと決めたのでありました。
[PR]
by zhimuqing | 2009-07-26 23:40 | Rumba DE Manbo! | Comments(4)
Commented by アルパカ at 2009-07-27 01:48 x
アンパンマンは良いですよね(^-^)/
私が小さい頃アンパンマン観に行きました。
キラキラ星の涙を☆
Commented by zhimuqing at 2009-07-28 09:19
>> アル様

私は幼稚園の時、父親にジョーズに連れて行かれて
ものすごく怖かった思い出があります。
あれはある意味トラウマですね。
あと小学生の時、祖母とガンダムを見に行ったのですが、
祖母は『戦争はいやだ』と言っていたのが、
今でも心に残っていますよ。

アンパンマン、劇場にいる子供達の反応が良かったのですが、
スザンヌとキャサリン?とマーガレット?の吹き替えが
破壊力満点で大変もったいないというか残念と言うか、
シュールと言うか、そんな感じでした。
スザンヌとアンパンマンのファン層は重ならないと思うんですけどね。
Commented by アルパカ at 2009-07-28 15:31 x
確かにジョーズは怖いですね(・_・;)
お父様なぜ又ジョーズを(笑)
ガンダムはお父さんが
大好きなんで家にあるゲームは全てガンダムです。私はシャアが大好きです(笑)
Commented by zhimuqing at 2009-07-28 23:17
>> アルさま

ジョーズ、なんで連れて行かれたかは
連れて行った当の本人が覚えていないようなので、
永遠の謎になりそうです。

ガンダムはですねぇ、小学生の時に見ただけですけど、
当時カイ・シデンが気になっていました。
今思うと、そうとうひねくれた子供だったと思います、はい。
<< 怒涛の竜巻にまたも巻き込まれのか? 保留事項はあるけど、とりあえず... >>