保留事項はあるけど、とりあえず良くなった

職場の隣の部署の仲の良いオジサンが
私の以前の勤務先に商談に行って貰ってきたパンフレット、
新しくなっているので見せてもらったら、
なんと私の写真が使われていたのでビックリ。
それも2ヶ所も!なんとアップまである!?
大爆笑させて頂きましたよ。
いくらなんでも手を抜きすぎでしょ!?

使われている写真を改めて見直すと、私もなかなか若い!
もうかれこれ6,7年前の写真ですもんね。
首やら肩やら腰やらが時々痛くなるのも仕方ないのだ。

ということで、年に数回ほど、首から左肩にかけて痛くなってしまい、
文字通り「首が回らない」状態になってしまうのですが、
今週頭にまた痛くなってきてしまったので、
このチャンスを逃してはならない!と
ブラザG行きつけの整体に行ってきましたよ。

目指すは、都内某所の怪しげな雑居ビル。
狭い階段を昇って、分かりにくい表札を確認して中に入りましたよ。

いきなりジャージに着替えさせられたり、
食生活が悪いと不思議なテストを受けさせられたり、と
なかなかブラザGの事前情報通り、変化球が連発しますが、
「首、だいぶつまってるねぇ」と言われながら
ゴキュゴキュっとやられたりしたのですが、
不思議なことに1時間後には首と肩の痛みは無くなっていたのでありました。

この診断の手法に関しては、ここで詳しく書かないが、
私は正直すんなり受け入れられないのだが、
まあ調子が良くなったので、これ以上深入りはしないことにします。
なんだかよく分からないし。
でも「枕があっていない」というのは成程思い当たる節もあるので、
さっそく今晩から変更するのだ!
e0147206_0295969.jpg
どうしてもプラシーボ効果という言葉が頭をよぎるのだが、
まあ深くは追求しないでおこう。
『ファンタジーはリアリティー』とジョージ・クリントンも歌っているではないか!
[PR]
by zhimuqing | 2009-07-24 00:26 | Popper's Delight | Comments(0)
<< 天才だから仕方ないけど、諦めき... エル・カンタンテ >>