久々のお茶の水でゲッダウンした件

先日のナイル・ロジャース来日公演でのギターコンテストの
ウイナーであらせられるスロハンS氏に誘われて、
お茶の水のスタジオにセッションに行きましたよ。
久々のお茶の水、狙っているJBのブルースアルバムを置いていた
中古レコード屋が消えてました。残念!
秋葉原と高田馬場のレコファンもなくなったし、
やはり業界、相当不景気になっているのか?
e0147206_0302496.jpg
あるうちに買うときや、という某レコード屋の謳い文句は正しいなぁ。

電車の都合で少し遅れてスタジオ入りすると、
なぜかビー○とか缶チュー○イが準備されているという
なんだか不思議というか、あまり経験無い空間が準備されていましたが、
私も惑星連邦所属の身、飛び込んでいくしかないのだ。

シャープなスロハン氏とルーズなロノブ氏の対称的なギターは
それぞれが邪魔をせずに、なかなか良い塩梅だ。
このまま熟成させたくなる、そんな心地よさでした。
ここにプリマク氏のファンカデリックギターを加えたら、
私の理想郷がここに完成するって感じですね。

ドラムの西ヤンさんはなかなかレイドバックしたスネアワークが
結構私の好みでありまして、
私もすぐに乗っかることが出来ました。
スネアの位置もなかなかでしたが、
飲みっぷり&ファンキーな盛り上がりぶりもなかなかで、
なぜかスタジオ終了後、ハグされてしまいましたよ、私は。
あと、昨年9月のライブでのモヤーン氏のドラムを褒めてくれたのが
自分のことのように嬉しかったりもしたのであった。

ボーカルの二名の女性陣は果敢にも勝手なワンコードに挑戦、
リード担当の方はなかなか豪快なシャウトをかましてて、
これはなかなかのファンク体質だとお見受けいたします。
福岡在住のトゥンバイ嬢とがっぷり四つに組ませてみたいな。
女性版マクファーデン&ホワイトヘッドもしくはオージェイズが出来そうだ!
e0147206_0322919.jpg


で、肝心の私でありますが、調子は今一つ。
特に定番グッドタイムズが気持ち良く弾けなかったのが、
今回の反省点ですね。
やはり微量といえど、アルコールが入ったのがいけなかったのか?
ほとんど飲んでいないビ●ル、こぼしてしまったし、
最後ジャンプしてみたら、頭痛くなって気持ち悪くなるし、
大変楽しかったのだが、反省点も残る日曜だったのだ。
次回こそはがっちり決めてみたいものだ!
e0147206_0324382.jpg
スロハン氏が戦いの果てにナイル・ロジャースカラゲットしたギター!
次回は持ってきてほしいものだ。(触らせてください!)
[PR]
by zhimuqing | 2009-06-07 23:25 | Funkentelechy | Comments(0)
<< ようやく見た! 私のように黒い夜 >>