これは8月が楽しみになるばかり

マックスウェルの作品はいつもなかなかしぶとくて、
ある程度聴きこまないと、本当の良さが分かりにくいのですが、
7年ぶりの新作“blackSUMMER’Snight”も例外でないですね。
e0147206_19165979.jpg
マックスウェルのベスト作である“BLACKsummer’snight”には
さすがに及ばないでしょうか。
作曲、歌唱、演奏、様々な面でギリギリのバランスが高いレベルで
取れていた前作をそう簡単に乗り越えられるはずはないわけで、
それを嘆いても仕方がない。
前作に及ばない部分としては、キャッチ―なフックが不足していること、
喉が少し荒れているというか、シャウト気味な歌が多く、
マックスウェル最大の持ち味の繊細な響きが不十分なことでしょうか。
e0147206_19173050.jpg
が、しかしそれは1曲1曲を前作と比べた場合、のことであり、
トータルアルバムとしてみた場合にはもちろん相当なレベルであり、
聴けば聴くほど新しい発見がありそうな予感もするのですね。
e0147206_19175184.jpg
全面的にクリス・デイヴを起用した前作の流れを汲んで、
今作の前半はクリス・デイヴ以降(と言っていいですよね)の細分化した
ドラム(打ち込みも人力もあり)を散りばめている。
マックスウェルの起用するドラマーはみんな凄腕ですが、
ここでもロバート・グラスパーのとこのコレンバーグとか、
ジャーメイン・パリッシュが実にいいドラミングを聴かせます。
(が、これを再現するのは大変難しそうでもあります)
この辺は前作以降、積極的にライブをやってきたことで掴んだ
ステージングと絡んでいそうだな、と思います。
3曲目のワン・トゥー・スリー、アウッ!というのは
何を目指したのかよく分からないけれども、
これはまあ暖かい目で見守ろうではないか!
e0147206_1918649.jpg
あと、個人的にはこの辺の細分化したドラムに対するベースの合わせ方に
非常に興味を覚えましたね。
ドラムの細かい符割を巧みに乗りこなすベース、
地味ですがこれは相当難易度が高いかと。
長年の相棒のフッド・デイヴィッドが結構弾いているようですが、
RSGのデリック・ホッジもさすがにかっこいい演奏ですし、
トラヴィス・サイラスのフレージングも流石。
マックスウェルは完璧主義者なので、この辺のアンサンブルを
更に高めてライブに挑んでくることは間違いないわけで、
もう来月のライブが楽しみでならないのですね。
e0147206_19184197.jpg
オープニングからのリズム・オリエンテッドな曲を続けて、
滑らかに滑空する先行シングルの4曲目“Lake by the Ocean”、
ロバート・グラスパー組が登場する5,6曲目を経て
おそらくアルバムベストの1曲“1990x”へと続く流れは
マックスウェルでしか作ることが出来ないのではないか、と。
前作から続く好調なホーンのアレンジも◎。
e0147206_19191274.jpg
もうここまで来ればもうペースはマックスウェルに。
ブルージーな重めな“Lost”はスチュワート・マシューマン作。
シャーデー・アデュではなかなか難しい曲。
やや古い感じかな。
もっと徹底的にクラシックな感じに攻めたほうが良かったかも。
マシューマンの曲だとラストの“Listen Here”のほうが
みんなが求めるマックスウェル像に近くて良いかも。

ということで、8月のライブ、間違いなく最高のはずですが、
メンツはどうなるのかな?
当然のベシでギターは盟友フッド・デイヴィッドだとして、
ベースとドラムは誰なんでしょう?
希望としては、ベースにデレック・ホッジが来てくれると嬉しいなぁ。
あとね、一部で噂のあの別嬪コーラス(名前が分からない)には
実は大きく期待しているところなのであります、はい。
本当に楽しみだ!
e0147206_19193384.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2016-07-24 19:20 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

でもたまにはいいよね?

海に行ったかと思わせといて、仕事で北海道へ。

久しぶりの北海道、テンションが上がるのはなぜでしょう。
でも、前日結構雨が降っていたそうで、肌寒くて驚く。

品行方正な私の楽しみはこれしかありません!
まずお昼はこちら!
e0147206_13821.jpg
定番ですな。

仕事をみっちりやった後、本日の宿へ移動!
予想していなかったので、テンションが上がる!
e0147206_142058.jpg
昔の鰊番屋をそのまま移転した民宿。
晴子情歌をもって来るべきだったと軽く後悔。
e0147206_145028.jpg
e0147206_163984.jpg
e0147206_171159.jpg
e0147206_173880.jpg
足踏みオルガンが超クール。
何を弾いたかは秘密ですが、バンドの新曲を弾いたとの噂も。

夕ご飯が最高でした。
e0147206_184836.jpg
またしてもウニ!昼のウニよりも数段上なのであります。
e0147206_193641.jpg
北寄貝もべらぼうに美味い!
e0147206_1101331.jpg
アカガレイの唐揚げ!
e0147206_1104560.jpg
時鮭の焼き物!
e0147206_1112666.jpg
ウナギの白焼き!これは関西風(なので私の好み!)
e0147206_1121093.jpg
締めはタイのほぐし身といくらの丼。
e0147206_1125534.jpg
ああ、最高です。
観光客向けのお店でないので、値段も実はそんなに高価ではないのが素晴らしい。
これはプライベートでも来たいお店ですね。
e0147206_118507.jpg
最初から最後まで、ああ美味しいと言い続けて食べるということの
何と幸せなことよ。
完全に役得なのですが、でもたまにはいいよね。
e0147206_104183.jpg
朝ごはん、凄い。
この後、仕事が出来そうにない。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-07-20 00:28 | Hot Barbeque | Trackback | Comments(0)

また行こう!

夏ですね!ということで、海へ。

このところ毎年行っている下田へ。
あの辺りは小ぢんまりとした海水浴場が多く、
こわもてのお兄さんや露出度の高いオネエサン(これはアリ!ですが)が
あまりいないファミリー向けのところがあるのがいいところです。

それにしても日曜日の天気は事前情報では微妙!。
しかも毎年このタイミングは梅雨明け直前ということで、
今年もどうなることやらと思っていたのですが、
下田に着くと一転して好天!
やはり日ごろの行いは大事です。

ということで、うみぃぃぃぃ!
e0147206_0221375.jpg
はしゃいで走りまくる姉弟(と父)
e0147206_024533.jpg
e0147206_026139.jpg

e0147206_026566.jpg
波に立ち向かう
e0147206_0271881.jpg
波から逃げる。
ロングパスを受けようとゴール前に走る人にも見える
e0147206_0281544.jpg
燃えつきました。

一番元気が良かったのはヨウたろう、まったく体力的についていけなかったのが私。
歳の差を感じますな。

e0147206_0341635.jpg
港の回転寿司を食べて帰路につくも、東名が事故渋滞で往生しました。
が、しかし、この喜びは本当に何物にも代えがたいのであります。
来年もまた行こう!
e0147206_034292.jpg
e0147206_0344590.jpg
爆睡する二人。
何故か知らないうちにポジションが入れ替わる。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-07-19 00:35 | Dawn 'n' Shine | Trackback | Comments(0)

使者

夏ですね。

昨日今日は少し涼しいですが、
湿気がもの凄いので、タイよりも暑い気がします。

さて、夏の風物詩、地底からの使者を発見。
e0147206_12552076.jpg
どアップで撮ろうとすると、どんどんカメラに近づいてくる。
赤外線に引き寄せられるみたいですね。
e0147206_12533274.jpg
家の網戸に張り付けて羽化を見ようと、
無事捕獲して家族に自慢する。
e0147206_12534962.jpg
e0147206_1254884.jpg

が、しかし子供と一緒に寝落ちして、気が付くと朝。
リアルな意味でのもぬけの殻になっておりました。
e0147206_12525984.jpg


さて、こちらは宇宙からの使者。
e0147206_12515339.jpg
ギャラクシー・クエストTシャツ!
着ていて果たして何人の人が分かるのか?
QB師ぐらいではなかろうか?
e0147206_12523331.jpg
タグをみると、なんとハイチ製!
ハイチ製のものを手にしたのは初めてではなかろうか?
Tシャツにもヴードゥーの精霊による祝福があるのではないか!と
密かに期待しております。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-07-16 12:54 | Starship Troopers | Trackback | Comments(0)

優しく覆われる

以前からずっと気になっていたバンド、Matt Sounds。
7インチのリリパということで、観に行ったのですが、
これがもう気持ちよくて気持ちよくて。
e0147206_1052743.jpg
リロイ・シブルス、カールトン&ザ・シューズ、
キース&テックス、ストレンジャー・コールと
ジャメイカから大御所のシンガーが来る度に
東京でバックアップしているバンドということは、
思いっきり腕達者なのは分かっていましたが、
空気の密度からして私の一番好きな時代のジャメイカ感が
優しく覆ってくれて、もう感激。
e0147206_958055.jpg
バンドの音の重ね方と抜き方、いやあカッコいいですね。
魅せられました。
全パート良かったのですが、特にリズム隊の気持ちよさは格別。
気持ちの良いツボしか押さないドラムとベースはもちろん、
コロコロ転がる単弦ピッキングのギターに
私の耳はくぎ付けでしたね。

ジャメイカのレジェンドが来るときのバッキングがメインのようですが、
単体でもガシガシライブやってほしいっす。
当日は持ち合わせが少なく7インチ買いませんでしたが、
次回は買おうと決めたのでした。
e0147206_1061352.jpg
会場の渋谷Star Roungeはかなりカッチョいいハコ。
ここでいつか演奏したいものだ。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-07-15 00:28 | Open the gate | Trackback | Comments(0)

遂に出た!まさに人類必携!

遂に出ましたよ!奥さん!
ひたすら待ち続けてはや15か月!
当初の予定より遅れること半年!
待ちに待ったわけですが、我々ファンカティアーはですね、
Dのおかげでひたすら待たされることに
かなり免疫がついていますからね!

Ahh… The Name Is


BROTHAS BE, YO LIKE GEROGE,
AIN’T THAT FUNKIN’ KINDA HARD ON YOU?

By GEROGE CLINTON



・・・長いな。


ジョージ・クリントンの自伝ですよ!

邦題は、邦題は・・・

ファンクはつらいよ
バーバーショップからマザーシップまで旅した男の回顧録

e0147206_13244561.jpg



邦題ふざけてると思った方、手を挙げて!

1、2、3、・・・・
うーん、結構いるようですね。

ちなみにこの邦題、本を読めば分かります。
だてに丸屋九兵衛師が監修しているわけではないです。
ここをこうチョイスしてきたQB師のセンス、
実に素晴らしい!と声を大にしておきましょう。
一つ驚きだったのはDUブックスからだったことかな。
スペースシャワーじゃないんだ。

さて、肝心の内容についていいますと、
ただ必携の書というしかありません。

ファンク界の聖なる三大自伝、ホーリートリニティといえば、
“マイルス・デイヴィス自叙伝”、 “俺がJBだ!”、“私はスポック”が
その偉大なる三冊とされていましたが、
今後はどの本をもって三位一体とするか悩ましい出来でないかと。
本日読了した直後の感想としては、
マイルスとJBだ、そしてこの「ファンクはつらいよ」が新三位一体、
スポックは使徒列伝のほうに入れたほうが良いのかと。
e0147206_13272247.jpg
見よ!この堂々たる存在感。

もうね、随所に面白いエピソードが入っているのだけど、
クリントンの明晰さが際立つ描写が多くて、
恐れ入るばかりです。
もう各ページに赤線を入れていくしかないという感じなのですが、
クリントンの付け毛にちなんだのか、栞紐がなんと4本、
しかも黄色、ピンク、青、緑の4色あって、
これを各所に挟むことで後で参照できるという
素晴らしい装丁!いい仕事しています。
(ですが、参照したくなるところが多すぎて、当然4本では足りないのだが)
e0147206_13255610.jpg
試しに面白いところに付箋を付けてみた。

本の語り口はあくまでも冷静かつ的確。
なので、逆に凄みを感じるのですが、その辺が実にクリントンらしい。
Pファンク再評価以降、バンドメンバーへの愛情が溢れるあまり、
クリントンの凄みが逆に低めに見積もられてきたと感じている私には
いや、そうやねん、クリントンあってのPでしょ?と
膝を激しく叩きまくるわけであります。

見たこともなかった写真がたんまりと掲載されているだけで
私なんかは大きく盛り上がるわけですが、
やはり書かれている内容に燃え上がります。
下積み時代の話やモータウンに対するあこがれ、
スモーキーの才能に適わないと感じた率直な思い、
ジミ、スライ、トップス、スティーヴィーに対する尊敬の念、
特にジュニア・ウォーカーにもしっかり触れられている部分。
エディやバーニー、ブーチーに対する賛辞は色々なインタビューで
読んできましたが、造反したザ・パーラメンツの3人に対する思い等は
やはり読めてよかったかなと。

後半は著作権を取り戻す戦いが描かれていて、
それはそれで面白いのですが、やはり最高に面白いのは
下積み時代から全盛期最後の78年ぐらいまで。
この辺の生き生きした描写は燃えます。
好きな人が読むと本を閉じることが出来ませんので、
注意が必要ですね。(でないと寝不足確定です)

まだほとんどの人が読んでいないでしょうから、
あまり抜粋しまくるのは無粋ですし、きりがないのですが、
どうしても書きだしておきたいことも多々。
とりあえず今日の時点では、それは下の方に隠しておくということで。
でも、一つだけは、どうしても抜粋しておきたい。

自由は危険だ。なぜなら、自由になると、人々は自発的に考えるようになるからだ。
自分の権力を守ろうとする人間で、自由に考える市民に満ちた社会を欲する者などいない



いや、もう一つだけ。

自分にできることとできないことについて、明確に認識していないアーティストは多い。俺は自分の限界を知っていた。自分にできないことを把握していた。俺は楽器ができない。歌やアレンジだって、一番上手いわけではない。それでも、高所から全体像を眺めることができたため、飛行機を着陸させることができた。


この名著をものにした御大に望みたいのは、私が言うまでもなく、
世界中のファンカティアーが望んでいることだと思うのですが、
70年代のステージなどを中心とした豪華写真集ですよ。
出来るだけ大きくて、出来るだけ分厚いもの。
UFOが突然私の前に降りてきたときに
堂々と渡すことが出来るお土産の第一候補なんでね。
頼みますよ!

【追記】
翻訳を押野素子、監修を丸屋九兵衛が担当したというのは
我々日本語を母国語とするファンカティアーにとっては、
本当にありがたいというか、幸せなことです。
本文443ページ、一気にストレスなく読めるのはお二人のおかげ!
ファンクのなんたるかを分かったつもりで分かっていないセンセイに
翻訳とかされていたら、と考えるとゾッとします。
このお二人には感謝の言葉しかありませんね!

ここから先はネタバレ
[PR]
# by zhimuqing | 2016-07-14 07:28 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

ほぼ唯一の手札

e0147206_1685215.jpg
持っているほぼ唯一の手札を今ここで切る意味。
震えました。
e0147206_155937.jpg
ハイレ・セラシエ一世と。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-07-13 22:10 | Open the gate | Trackback | Comments(0)

全部持っていかれる

BSでSISTER ACT 2、天使にラブソングを2。
これは本当に久しぶりに観たわけですが、
いやあ懐かしいですね。
1993年の作品!ということは、えーと何年前かと言いますと、
んー、考えるのをやめておきましょう。
e0147206_138487.jpg
もうベタベタな展開でこれをクサいと取るか、
いや爽快だと取るかは、その人次第というか、
その時の気分次第なわけですけど、
今晩の気分ですと、とても楽しく見ることが出来たわけです。
(シスターや神父さんたちの演技はちょっとつらいけど)

私としてはウーピー・ゴールドバーグが出ているだけで、
ガイナン、この時代にはLAに住んでいたのだ!となるわけですけど、
トレッキーはまあ、必ず同じ反応を示すのでしょうが、
それ以外の人は完全に起きざりですが、そこは気にしません!
ちなみに、学生時代合コンってやつですか、あれで
好きな女優?ウーピーやね、と答えて、その場をクールダウンどころか、
変な空気にしてしまったことは内緒です、はい。
e0147206_11201396.jpg
マントショー!
音楽ネタ満載ですが、分からなくても楽しめますが、
分かるともっと楽しい。

この映画あたりが昨今のクワイアブームの走りなんでしょうけど、
当時から今に至るまで私はこの映画を見ると、
ただひたすら嗚呼ローリンたん♡みたいな感じで
全編通してしまうわけで、まあこれは致し方ないかな、と。
フージーズのデビュー1年前、The Scoreの3年前、
ソロアルバムの5年前ですから、世の中の誰もローリン・ヒルのことを
知らない時代ですが、この存在感のデカさ、大物感は凄いの一言。
その大物感のために、映画全編がローリン・ヒルを全力で
プロモーションしているような感じになるのも仕方ありません。

もうね、ふてくされるローリン、笑うローリン、
虚勢を張るローリン、泣きそうなローリン、
自信満々のローリン、弱気になるローリン、
18歳ローリンがこれでもかと言わんばかりの
てんこ盛りなわけですよ。
e0147206_112118100.jpg
ふてくされるローリン。
画像が粗いのはテレビ画面を写したためであって、
私が興奮しているからではありません。念のため
e0147206_11234281.jpg
苦笑するローリン
e0147206_11235879.jpg
挑発するローリン
e0147206_11241110.jpg
自信満々のローリン
e0147206_11243476.jpg
考え込むローリン

このローリンを前にして、出た!ガイナン!なんて言ってる暇はありません。
クワイアが成功する感動なんかが私の心に入り込む隙間は
1ミリもないわけですよ。
クワイアをバックに歌って映えるタイプではないですけど、
そんなこと、1ヘルツも気にならないわけです。
e0147206_11255245.jpg
エル・オーリア人(推定200歳)から教えを受けるローリン

思えば、ローリンの魅力はこの不機嫌そうな表情だったのですが、
40超えて更に気難しくなってしまい、
なんだかおっかないという印象が強くなっている最近に比べると
(それはそれでいい!という声があることも承知してますが)、
この奇跡的に瑞々しい当時のローリンの姿はどうだ!
その姿をフィルムに収めたということだけで、
誰がブッキングしたのかはわかりませんが、
まあ監督がビル・デュークですので、そこは代表して
デュークさんの功績を大いに讃えようではありませんか、みなさん。
e0147206_11292641.jpg
これは05年、10年前のローリン。
これはプリンスみたいで良い!
e0147206_11305975.jpg
不機嫌なローリン。
ま、出廷時の写真なので、不機嫌になる気持ちはよく分かる。
e0147206_1132209.jpg
全盛期のローリン。
この頃、あと20年はローリンの時代だと思っていたのですが。

それはそうと、この映画で注目したいのは、
ブラッカリシャスなセリフが面白いライアン・トビー君。
クワイアのシーンではハイテナーでのリードがたまりません。
e0147206_1453542.jpg
映画出演後、ジャジー・ジェフに見初められ、
全盛期ちょっと前のネオフィリー勢に参加して、
ウィル・スミスの大ヒット作で熱唱したかと思えば
ブレイク後の(ローリンに去られた)ワイクリフの指導の元、
ネクスト・フージーズを目指したCity Highでデビューして
なんとグラミーにまでノミネートされるという、
映画そこのけの活躍ぶり。
e0147206_144494.jpg
隠れた名盤ですよね。
e0147206_143081.jpg
City Highの紅一点、クローデット・オルティス、
うーむ、いいですな。(こればっか)

その後もアッシャーの大ヒット作にヴィダル・デイヴィスと
一緒に曲を書いて1000万枚売り上げるわ、と、
ある意味ローリン・ヒルよりも安定した活躍ぶりですが、
もうCity Highのセカンドは諦めたほうが良いのでしょうか?
秘かに期待しているのですけど。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-07-13 01:28 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)