機内で観る映画の満足度は高めです

先日の出張はいつもと違って往復とも昼の便だったので、
しっかりと映画を楽しみました。
機内で観る映画はあまり期待していないのが功を奏するのか、
少し面白ければ、大いに満足するのでお得な感じはあります。

見逃していたXメンの「アポカリプス」。
e0147206_18442625.jpg
何気にこれまでの作品とうまく繋げているし、
期待を裏切りませんね、Xメン。
ピカードじゃなかったプロフェッサーXの髪が無くなる理由も
しっかり描かれてますしね。

一つだけ注文を付けるとするとアポカリプス、
外でのロケでの姿がややしょぼくて、特撮ヒーローものに見えてしまう。
スケール感が一気に小さくなってしまい、あれではもったいない。
もっとガタイがいい演者を選んで、もっと薄暗いところで演じさせた方が
良かったんじゃないかな?
あとは、ちょっと皆さん、能力高すぎるよね。
e0147206_1845272.jpg
コミックの方がやっぱいいかもね。

でも、古代エジプトだとかラーとかああいうのが出てくると、
私なんかはもう盛り上がってしまい、見終わった後にまた
オープニングのシーンを繰り返してしまうのでありました。
それにしても、パトリック・スチュワートの演じる役は
いつも肝心な時にもう一つだな、とここまで書いて気が付いたのですが、
今回はスチュワートじゃなかったね。すまんすまん。
そうそう、モヒカンなストームはなかなか良い!
ちなみに前作のようなトレッキー感涙ネタは見つかりませんでした。

シヴィル・ウォーはなかなか。
e0147206_1847513.jpg
マーヴェルのアイアンマンとかキャプテン・アメリカのシリーズは
きちんと見たことがなく、順番に観てみようと思っていたのですが、
機会を逃したまま、最新作を見てしまうという一番勿体ない展開に。
とはいえ、能力や背景を掴んでいない私にも楽しめる内容。
e0147206_18483791.jpg
絵的にかっこ悪いと思っていたキャプテン・アメリカが
意外にかっこいいのに驚いたり(衣装、変わってるよね)、
ドン・チードルが出演していてびっくりしたり、
スカーレット・ヨハンソンはやっぱりいいなぁとか。
日本よ、これが映画だ!のキャッチコピーはやはり好きではないですが、
一度アイアンマンから見てみることにしましょう。

バットマンvsスーパーマンは予想よりはひどくなかったかな。
奇しくも強大な力を持つヒーローへの危惧という設定は
シヴィル・ウォーとそっくり同じ。
というか、アメコミのヒーローものはそうせざるを得ないですよね。
e0147206_18501790.png
マーヴェルと同じようにDCのヒーロー揃踏みという構図なのですが、
バットマンとスーパーマンは基本スペックがあまりに違いすぎるので、
マーヴェルのようにスムーズに盛り上がらない。
アヴェンジャーズのようにはなかなかいかないかな、と。
主人公二人が無口過ぎるのが盛り上がらない原因!とはプリマクさん。
確かにその通りかもしれません。
ワンダーウーマンとかの登場の流れが唐突すぎるのも気になるかな。
最後の最後は一瞬目の錯覚かと思ったのですが、
このような場合、巻き戻せる機内での映画はいいですね。
DCものだと、来年公開予定のワンダーウーマンの方が面白そう。
e0147206_1851814.jpg
でもなぜか女性は露出が高くなる。
もっと肌は覆っていたほうが戦闘には良いと思うのだが。

ということで、アメコミもの3本、まとめて観ての感想は

① 一番かっこいいのはマグニート、僅差でミスティーク
② ストームが可愛ければ、基本私は満足
③ マーベル・シネマティック・ユニバースは順番に観てみよう
④ 全能のスーパーマン が、しかし生え際が気になってしようがない


もう一つ、これも全く期待していなかった「ペレ」。
e0147206_18562231.jpg
この写真はかなり好き!

アメコミものが無くなったので観てみたのですが、
ブラジルのサッカーの個人技がジンガというキーワードで
まさかのカンドンブレと繋がる、この流れはかなり私好みではないですか!
しかもセウ・ジョルジが全編出ているしで、
結末は分かっているのに、盛り上がる私。
こういう時は単純な自分で良かったなと思いますね。
e0147206_18555746.jpg
でも、セウ・ジョルジ登場の時以上に盛り上がったのは
ワールドカップ決勝の相手スウェーデンチームとの記者会見のシーン。
なんとコルム・ミーニイakaチョーフ・オブライエンではないですか!!
これで喜びそうなのはプリマク氏とうちのヨメサンしかいませんが、
でもまあいいのでないでしょうか?
(がしかし、チーフ・オブライエンの写真は見つからない)

まさかのペレ本人登場のシーンもありますが、
後頭部が映った瞬間に本人と分かるのは流石だな、と。
私の父とのツーショット写真がどこかにあるはず。
探してみないとね。
e0147206_18586100.jpg
続編?でジンガvsカンフーというのはどうでしょう?
もはやペレ本人とは全く関係ありませんけど。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-09-23 00:28 | A Felicidade | Trackback | Comments(0)

ライブは生もの

そんなわけで天候不順の中、柏のスタジオWUUまで
足を運んでくださって皆様、ありがとうございました。
e0147206_1201315.jpg
いやぁ、今回は苦戦しましたな。
リハの時は調子が良かったのですけど、
ま、ライブは生もの、思うようにいかないのが常。
それも醍醐味ということで、
更なる精進に励みます。
個人的な反省点は多々あるとはいえ、それを踏まえて
更に前に進んでいくしかないのだっ!
e0147206_121347.jpg
e0147206_1213362.jpg
e0147206_1234457.jpg


それにしても練習2回のみで全曲軽々と乗りこなすあの男、
ドクトル・サンディーの凄さには圧倒されますね。
e0147206_124362.jpg
古代エジプトにバーニー・ウォーレルが漂着したかのような
グニャグニャした宇宙ハリガネムシのようなシンセ、
ファンク化させたオーガスタス・パブロをワープホールに
放り込んだかのようなメロディカ、
全く凄まじいばかりでございました。
一緒に弾いている我々が一番大コーフンです。
海の向こうからスピリチュアル・フォーシズを送ってくれた
マシーノの尽力もあったのでしょう、はい。
e0147206_124468.jpg
目が全部黒目になっているのはヴードゥーに憑依されているから。

ということで、次回は10月23日(日)空飛ぶこぶたや。
美味しいごはんで有名なお店、
演奏が多少まずくても、ごはんが美味しいから大丈夫!
なんてことはありませんが、次回は色々な試みが
実を結ぶといいなと思っとります。

見どころは多数!
新曲は出るのか?
お店の雰囲気にあった演奏は可能なのか?
サンディーの衣装は完成するのか?
ゲストは来るのか?
はてはて。

VOODOO LOTUS
柏スタジオWUU 2016年9月22日 (祝)

1. Intro Jam ~ Here Comes Voodoo Lotus
2. パンツ
3. D Jam ~ インコ
4. いまさら
5. 黄色い太陽
6. 蛹の間
7. ピンクのお尻 >> 光る糸メドレー
8. Here Comes Voodoo Lotus (Reprise)


VOODOO LOTUS
Kendrix - Lead Vox, Flute, Trombone
Mr. P the Chef - Hypeman, MC, Dancer, Percussions, BG Vox
Preacher – Guitar
Dr. Sandee – Keyboards, Melodica
Ladies Love Cool Bon - Drums, BG Vox
Magonosheen - Bass, BG Vox
Masheeno - Spiritual Forces

e0147206_1224482.jpg
e0147206_127533.jpg

今回ムスメに写真を頼んだのですが、なんと撮った写真が381枚!
結構いい写真もあり、なんというかいい気分です、はい。
e0147206_128126.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2016-09-22 23:28 | U GOTTA FRIEND | Trackback | Comments(0)

さあ帰ろう!

さあ、日本に帰ろう。
あしたはライブだ!
e0147206_1295519.jpg
e0147206_12104216.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2016-09-21 12:10 | Mickey's Monkey Job | Trackback | Comments(0)

ไม่เป็นไร ครับ!

e0147206_2244676.jpg
ということで、台風上陸で大変なことになっている日本ですが
VOODOO LOTUS、明後日柏のWUUに上陸です!

9月22日(祝) 柏 Studio WUU
ADV:JPY 2,000 DOOR:JPY 2,300 
開場:18時30分 開演:19時
出演:Wild Balsamicos、Bealets、VOODOO LOTUS


VOODOO LOTUSの登場は19時45分頃の予定です。

台風一過、すがすがしい天候になっているのではないかと
勝手に予想しておりますが、果たしてどうなることやら。
ちなみに私は明日までタイにいるわけですが、
これもきっとなんとかなるでしょう。
ライブに向けた練習もほとんど出来ていませんが、
何とかなるでしょう、ไม่เป็นไร ครับ!という事で、
お待ちしております!ขอบคุณ ครับ!
e0147206_2251911.jpg
ドクトル・サンディーも参加しますよ!
楽しみだっ!
[PR]
# by zhimuqing | 2016-09-20 22:05 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

RIP Trisco

マーキュリー、TCDに続いて、トゥリスコまで。
フォースMD’ズは不運のグループ。







間違いなく過小評価されているグループ。
今猛烈に聴きたいけど、iPODに入っていない。
うーむ。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-09-20 00:28 | Make Me Wanna Holler | Trackback | Comments(0)

クールでもヒップでもない

白黒が連載第1回目、カラーが先日の最終回で載せられていたもの。
e0147206_21101997.jpg
表現の自由とか、そういう大上段に構えてもいいけど、
何よりヒップでもクールでもないよね。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-09-19 21:11 | Make Me Wanna Holler | Trackback | Comments(0)

昔りぞらばという曲がありましたな

私は浮気性ではなく、割と一途なタイプだと思うのですが、
異国に来るとなんというかアバンチュールな気分というか、
バブルの頃に戻るというか、そういえば昔りぞらばという曲があったなとか、
ま、そういう感じで、行く先々でかわいこちゃんを見ると、
ちょっかいをかけてしまうのですね。

ということで、昨夜ちょっかいをかけてしまった女の子がこちら。
e0147206_1017032.jpg
この子は私の横にずっと座って、
ずっと私を見つめ続けるという、まったくの困ったちゃん。
e0147206_10174727.jpg
が、しかし、その直後にもっと若くて美人が来ると、
あっさり乗り換えてしまう私。
このへんの節操のなさは大きな声では言えませんが、
多分父親譲りです、はい。
e0147206_1019460.jpg
おっさん、満面の笑みです。
e0147206_10194322.jpg
懸命の画像処理にもかかわらず、どうしても隠せないオッサンの悲哀。
美しい猫と見苦しいオッサンの対比をお楽しみください。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-09-19 08:28 | Mickey's Monkey Job | Trackback | Comments(0)

パリでのフェラ・クティ・トリビュート

パリでのフェラ・クティのトリビュートライブ。

石田昌隆さんのところで存在を知ったのですが、
なんとシェウン・クティのライブ映像がフルでアップされていて、
盛り上がります。
あの可愛いコーラスの二人を見て、かなり前に観た(何年前でしたっけ?)ライブを
思い出します。
シェウンの体の動かし方は何度見てもカッコよく、
タイのアパートで独り真似をしているのは秘密です。
(あと、服もかっこいいね)



このライブの売りはトニー・アレンがゲストで登場、
大名曲"カラクタ・ショウ"を叩くところなのですが、
録音のバランスの問題なのか、バスドラがあまり聞こえず、
なんというか物凄い不安になるリズムになっていて、
うーん、その部分は少し残念かな。

このトリビュートにはローリン・ヒルも出ていたらしく、
アンコールの映像もありますね。
"Ex -Factor"からの"Zombie"。
途中からシェウン達も乱入。



正直に言ってもいいでしょうか?

シェウン・クティ、単独で観る分にはとてもいいけど、
やっぱりローリン・ヒルの圧倒的な存在感には勝てませんね。
サックスも迫力も足りない気もしますが、これは録音との関係もありそうなんで、
まあ、良いとしても、スターとしての華やオーラの部分ではまだまだかな、と。

圧倒的すぎた親父さんとどうしても比べられてしまう損な役回りだし、
ブランクがあるとは言え、ローリン・ヒルと比べられて華で勝てる人も
そうそういないのですけどね。

ということで、ローリン・ヒルは10月に来日しますが、
圧倒的なオーラに負けない圧倒的なチケット代!のビルボードは無しとして、
ゼップ東京辺りは行っといたほうがいい気がしてきましたね。
が、しかし、先立つものが・・・。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-09-18 06:28 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)