こいつは楽しみだっ!

全く気が付いていなかったのだが、今週頭の3月2日にカズオ・イシグロの
久しぶりの長編が刊行されたそうですね。
タイトルは≪The Buried Giant≫。
邦訳は来月下旬に刊行予定、邦題は『忘れられた巨人』だそう。
前作の長編「私を離さないで」(中身を思い出すだけで震える)が2005年、
短編「夜想曲集」(これも名作)が2009年だそうで、世界的には待望の1冊。
恥ずかしながら昨年イシグロを読んだのが昨年の私には、
もう本当にタイムリーすぎるタイミングですね。
なんでもカズオ・イシグロ、6月には来日予定だということで、
色々なイベントがありそうで、その辺も楽しみすぎます。
まあ、イベントもいいのですが、一日でも早く邦訳の出版をお願いしたい!
というか、一秒でも早く読みたいぞ!
■  [PR]
# by zhimuqing | 2015-03-05 07:28 | La Sombra Del Viento | Trackback | Comments(0)

この人がいなければ全てなかった

病院に急遽入院していたのはもちろん知っていたのだが、
それでもやはりレナード・ニモイの突然の逝去の報はさすがにショックでした。
スタートレックの産みの親はもちろんジーン・ロッデンベリーだが、
私が思うに、育ての親として大きな役目を果たしたのが、
スポックの面倒を見たレナード・ニモイだと思いますね。

視聴率も振るわず、僅か3シーズン79話に終わったスタートレックが
ここまで大きなものとなったのは、勿論脚本や設定の素晴らしさもあるが、
ヴァルカン人と地球人のハーフの科学士官スポックの存在があってこそ。
スポックこそがスタートレックの理念を体現する存在であるし、
以後の作品でのデータやオドー、ウォーフ、セブン、クワーク、トゥポル、
みんなスポックの中に内包されている理想や葛藤を投影したものでもある。
スポックの葛藤や理想こそ、当時も今でも世の中に求められているものであり、
そのスポックに魂を吹き込んだニモイの貢献はいくら強調しても
強調しすぎることはないでしょう。

目先の数字に振り回されるテレビ局のお偉方に対して、
スポックのあるべき言動を守ろうとしたニモイの姿は
ニモイの自著「私はスポック」に詳しく書かれていますね。
その本でも述べられていますが、スタッフはシーズン毎に入れ替わるものだし
新しいプロデューサーや監督はそれ以前の経過を知らないわけで、
役に相応しくない行為やセリフを指摘するのは役者の務めとする意見は
実際の現場では色々と軋轢を生んだものかもしれないけれども、
真っ当な意見であったことは、後の歴史が証明していますね。

人気が出た後であればともかく、視聴率が低迷していた初期の段階での
この「役者の務め」は相当に大変だったとも思いますし、
後世の我々にとって幸運だったのは、レナード・ニモイ本人が
洞察力や想像力に満ちた堀の深い人物だったことですね。
底の浅い俳優が自説を振り回していたらと思うと、正直ぞっとします。
(後世に残る作品にはならなかったとも思いますが)

新スタートレック以降はスタッフに元々オリジナルのファンだった人が多く、
スタートレックの世界観はしっかり守られているが、
ここでは何といっても107話、108話でのスポックのゲスト出演が肝ですね。
(加えて、その前触れとしてのスポックの父サレクが登場する71話)
スポックが最後の場面でピカードと精神融合して亡き父のカトラに触れる場面は
全シリーズの中でも屈指の名場面だが、オリジナルと新シリーズとの連続性を
持たせる意味でも本当に重要な話ですね。(私が言うまでもないですがね)

更にいえば、結果的には昔検討された設定の復活となった、
J・J・エイブラムス監督の11作目の映画では、
ニモイは若いスポック役のオーディションに携わり、
しかもまさかの出演(しかも2作連続)で繋がりを深めてくれるサービスぶり。
(ザカリー・クイントをチョイスしてくれたことにも感謝!)
それにしても11作目でニモイが出てきた時の興奮は
今でもはっきりと覚えていますね。
13作目にも出てくるのではないかと期待していたのですけどね。
ヴァルカンの血が混じっていない私、やはり大変寂しいですね。
(ヴァルカンの血が混じっていても寂しいのだろうけど)

Infinite Diversity in Infinite Combinations
(無限の組み合わせにおける無限の多様性)、
つまり、様々な形態の生命が平和に力を合わせることで、
意味と美を創造出来るという、ヴァルカン人の信念を
見事に演じてみせたレナード・ニモイ、ありがとう。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2015-02-28 10:29 | Make Me Wanna Holler | Trackback | Comments(0)

弛緩した緊張感がたまらんばい

久しぶりの岡山出張ですが、ロンマク氏はインフルB型に罹ったとのことで、
夜に時間が出来たので、昔懐かしいレコード屋に行ったのですが、
無くなっていたり(移転?)、閉まっていたり(岡山の夜は早いのだ)で、
残念ながら収穫という収穫はありませんでした。
が、目当てのレコ屋のすぐ横にジャメイカ臭をもうもうと沸き立てている店を発見。
ここ2週間ほど、レゲエやらダブやらをずっと聴いている私としては
タイミングもばっちり。(数日前に演歌を観にいってはいますけどね)
定期的にジャメイカへ渡って、民家を回って隠れたレコードを探して来ているようで、
ジャメイカ・プレスの良さげなブツが大量にストックされており、
一瞬血圧も上がったわけですが、そのプライスもなかなかの高血圧高カロリーで、
手に負える価格帯でなかったので、ここは目の保養に徹したわけであります。

ただ最近の生のジャメイカ事情が聞けたのは良かった。
ここ数年向こうの音楽シーンはボロボロになっていると聞いていたのですが、
最近バンド単位で活動するミュージシャンが増えているそうで、
なかなか明るい兆しがあるようですね。
(この辺、ディアンジェロの話につなげたい気分もあるけど、今回はパス)
やはりジャメイカの音楽はいろいろな意味でタフだとか、
音楽の質にはやはり周期があるとか、お店の人と色々話が出来て
なかなか良い時間が過ごせましたね。
レゲエは7インチもLPも両方追わないと全体が見えない、という説には
なるほど私も納得。
ですが、先立つものも無いとね、なかなかね。

ちょうどお店に入った直後に掛かっていたレコードが
これまた最近個人的に大ブームになっているグレゴリー・アイザックス。
岡山に来る時の新幹線の中でずっと聞いていた人ではないか!
まあ、レゲエ専門の店でよくかかっているド定番のシンガーなので、
不思議はない訳ですけどね。
ちなみに、最近私が気に入っているのは≪Mr Isaacs≫。
ブラッド&ファイアーからの再発盤もそろそろ見つけにくくなっているようですが、
やはりこれはグレゴリー・アイザックスの代表作、というかベスト3の1枚、
70年代後半のジャメイカ音楽を代表する1枚でもありますね。
レヴォリューショナリーズ(一部ソウル・シンジケート)による演奏、
ヘプトーンズ!のコーラス、オジー・ヒバートによるミックスやエンジニアリング、
アイザックスの自作曲の良さ、そして何よりここで完全に完成する歌のスタイル。
色々な要因が重なった結果による、あまりにも素晴らしい音塊。
テムプスの"Get Ready"のカバーが象徴的なように、
メロディーの原型を留めなくなるまでトロトロになるまで煮込んだ歌は
まさに天才のなせる業。
ルーディーという言葉、それはこのアルバムでの歌唱を指す表現といっても
過言でない、ストリート臭溢れるメロウでタフで滑らかな殺気に満ち満ちた歌。
もちろんそのスタイルは、アルトン・エリス等のロック・ステディの偉人達、
更に言えばインプレッションズ(シカゴ)やミラクルズ(デトロイト)等の都会ソウルにまで
遡ることが出来るそのスタイルが、こうやってキングストンに辿りつき発展した結果、
フレーズの崩し方、力の抜き差し、リズム(この場合リディムですな)へのアプローチ、
そして表情を変えずにナイフが飛び出てくるような、弛緩した緊張感?といった
このようなオリジナリティーに溢れるものへと生まれ変わったという、
その事実に思いを馳せるだけで、色々と楽しい気分になりますね。
アルバムの曲はほぼ全て名作と言うべきもの。
声と演奏(とミックス)全体が絶妙なバランスで絡み合っている様子が
完熟一歩手前という感じがあり、最高に美しい音ですね。
(まあ人によっては完熟でしょうというかもしれませんが)
やはり冒頭の"Sacrifice"、"Storm"が群を抜いているかな。
ドラムとベースがいいのは当たり前、切れ味の良いギターの音色自体が好き。
切り込んでくるホーンのイナたい響き、男くさいヘプトーンズのコーラスもすこぶる良い。
冒頭からいきなりダブ全開で入り、ヘプトーンズが割り込んでくる"Handcuff"も
全編ポコポコなっているタイコを含め、たまりませんね。
もちろん有名な"Slavemaster"も絶品ですけど、この3曲が今のところ最高かな。

しかもこの時期のリリックはコンシャスなものが多く、
B&F盤にもその歌詞が載せられていて、なかなか胸を打ちますね。
私の節約を乗せるとアイザック先生の株が暴落するので載せませんけどね。
そういうコンシャスなものとメロウなラヴァーズものを何の違和感もなく
同居させるのも、この人の凄味であり、大きな魅力でもあります。

ということで、個人的な定番のウェイラーズやアップセッターズを除くと
久しぶりに来たレゲエ・ダブのマイ・ブーム。
今のところ、収まる気配なし。仕事中も頭の中はグルグル、
私ぃぃぃ生活ぅぅぅぅがダブワァァァァズしならないようぅぅぅぅ、
気ぃぃぃを付けぇぇぇぇぇたいぃぃぃと思ぉぉぉぉいますぅぅぅぅ。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2015-02-26 19:28 | Open the gate | Trackback | Comments(0)

語彙が少ないね、私は

ということで、都はるみ、観にいって来たのでありますね。
もちろん人生初の演歌体験ですね。
一人だと敷居が高いので、両親も同伴です。
色々な方法でチケットは半額ぐらいでゲットできます!

由緒正しい浅草公会堂の周りはもう凄いですよ、
相当な人生の先輩たちの熱気で溢れんばかり。
もうね、皆さん人生のベテラン、しかもテンション上がっていますから、
係員の誘導なんかも無力感が漂いつつも、
いっせいに階段を駆け上るなんてこともなく、
皆さんゆっくりと時間をかけて階段の両サイドを上がっていかれますね。
お前もすぐにヨボヨボさっ!というバッパーズの曲も思い出しました。
熱気ムンムン!?の開場直後、あまりの熱気にピンボケだ。

で、肝心のショーですが、途中休憩ありの2時間強、
がっつりと歌いまくる都はるみ、満喫しました。
昨日慌てて予習したアンコ椿以外、知ってる曲はないと思っていたのですが、
やはり子供のころに耳にしていたのか、意外や意外、
かなり聞いたことがある曲が多い。全体の8割ぐらいかな。

Youtubeで観た若い頃のうなりまくる感じは流石に薄れてきていますが、
もう円熟しまくった歌ぢから、分かっちゃいたけど、やはり驚きますね。
針の目を通すようなコントロール、変幻自在のこぶし、
重力が突然変わるようなダイナミクス、やはり超一流の歌手だな、と。
もちろん私が普段聴いている音楽のそれとは違いますが、
天性のリズム感の凄みにも圧倒されますね。
もっとリズムものを歌っていたらよかったのに!と思いましたが、
私が知らないだけでしょう、多分。

デビュー50周年を超え、シングルはなんと141枚、
さすがに肉体的には歌手としての最盛期を越えているのだろうけど、
そうは思わせないソウルフルな説得力も凄いですね。
MCで、今が一番最高!と言っていただけのことはあります。
ここぞという時の感情移入とそれを表現する体の動きは生で見てこそ。
ちょっとした目線や体の動き一つ一つの表現の完成度にも
当たり前だけど、びっくり。
何千回、何万回と毎回しっかりと同じ曲を歌いあげてきた、
その積み重ねや表には出てこない日々の鍛錬が透けて見えるような気が。

演歌のどろどろした感じ(私の偏見?かもしれないですね)がなく、
さっぱりした後口は多分、本人の資質でしょう。
曲間の京都弁でのMCも軽妙で親しみやすいですが、
1曲1曲、作曲家や作詞家のエピソードを挟んで丁寧に説明するのが面白い。
演歌界ではそういうものなのかどうかは、分からないけど。

あと、びっくりするのがバックバンドを務める閻魔堂の演奏。
もちろん、ファンクやラテンの躍動感はありませんが、
演奏、ものすごく上手い。
バックを務めて26年だそうだけど、エンディングの音を切る場面なんか、
軽く打ったバスドラの響きが消えるタイミングで全ての楽器の音が
スパッと消えてなくなる様に驚愕。
バンマスのベースのオジサマ(紹介があったが名前失念しました)の
音をリズムの上に柔らかく置いてくる感覚は、
ジャンルが異なるとはいえ、アシュトン・バレットを思い出すほど。
(出てくる音は全く違いますけどね)
学生の頃に少し参加したビッグバンドのバンマス(RIP)が言っていた、
演歌が一番難しいという言葉を20年ぶりに思い出しましたよ。

ということで、まあ今後通いつめたり、CD集めたりすることは
流石に無いでしょうが、やはり超一流は超一流だと再認識。
凄い、とか、驚いた、とか、そういう言葉だらけになるのも勘弁していただきたい。
勉強にもなりましたが、それよりもいいもの観たなぁという気持ちですね。
前方のほうで、飛び跳ねる推定年齢75歳の人生の先輩の姿も含め、
いいもの見せてもらいました。
熱気ムンムン?の会場周辺!
■  [PR]
# by zhimuqing | 2015-02-25 23:28 | Blues 4 Terapin | Trackback | Comments(4)

歌声优美,人亦美,如沐春風,百听不厭





■  [PR]
# by zhimuqing | 2015-02-25 01:22 | Trackback | Comments(0)

最近購入したお勧めのブツ

我が家にある練習用のベース用ヘッドホン・アンプは
PHIL JONES BASS(PJB)のBASS BUDDY、中古で買ったので、
初めから少しだけガリがあり、調子が時々悪かったのだが、
遂に本格的に調子が悪くなってしまいました。
まあ新品同様だったとはいえ、中古で買ってからすでに8年、
結構頑張ってくれたかな、と。
で、修理に出そうと思って色々調べてみると、PJBからもっといいブツが
出ていてびっくり、さっそく我が家の大蔵大臣を説き伏せ、
大蔵ローン?にて購入!取り立てが厳しいので注意しなければ。
ということで、その名もBIG HEAD!
まったくビッグではなく、サイズはスマホぐらいですかね。
重さ240g!しかも充電出来て持ち運び可能ですよ!
値段もサウンドハウスで2万円を切る価格!
ギターや鍵盤で使えるかどうかは分かりませんが、
ベース本体の音がきっちり伝わる音質。
まあ、PJBなんでその辺は当たり前なんですけどね。
これは実に良い買い物だ。


もう一つは某所でゲットしたヘッドホン。
これはもう見た目だけで即購入というものですね。
値段も1000円。流石に音質はチープ。
でもね、昔の60年代とかそれより前の音楽を聴くんだったら、
こういうチープなヘッドホン、意外に悪くないような気もしますね。
満員電車での痴漢撃退用に是非とも!

着用イメージはこんな感じか。
こんな感じで装着すると、まあ変な野郎どもは寄って来ないかと。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2015-02-21 23:28 | BOP GUN | Trackback | Comments(0)

これはいい!

ファンクが好きな同世代の人はご飯が何杯もおかわり出来るはず!


■  [PR]
# by zhimuqing | 2015-02-20 00:01 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

恭賀新年!

恭賀新年!
May The Funk Be With U!
未年というと、やっぱこの2人ですよね!

と、そんなことを考えていると、鹿児島に出張中のモヤーン氏から
たった今、突如電話があり、鹿児島で仕事で知り合った人が
なんとバーニー・ウォーレルを神と崇めるキーボーディストだったということで、
いきなり名前も知らない人と、ディアンジェロのブラック・メサイア最高っすよね?と
電話で語り合い、いつかセッションを約束することに。
うんうん偉大なる繋がり、いいですね。
この未年、いい年になるかもしれないっすね!

■  [PR]
# by zhimuqing | 2015-02-19 22:50 | Change! | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >