たしかにミラクルパンチだ!

「アジアのミラクルパンチ」
本屋に山積みされている、よくある日本人妻ものでもなく、
海外の危険な生活を自慢するものでも当然ない。
ネットはもちろんのこと、電話さえも引かれていない
20年前のインドネシアの下町に飛び込むというだけで、
ある意味、玉砕的な体当たりだし、実際は相当苦労したのは
間違いないはずだが、おおらかでさりげない書きっぷりからは
その人柄がよく伝わってきますね。
それにしても、ネシアの下町で出産するというのは、
相当に根性が座っていないと出来ないですよね。
ま、本人もそうだけど、それを許す両親も凄いとも思いますが。

全体を通して書き綴られた文からは、著者の細胞がどのように感じたかが
溢れ出していて、20年たった今でも大層瑞々しい。
ダウン・トゥ・アースと言う言葉も思い出しますね。
文体のフットワークも抜群でリズミックで若い生命力を感じさせますね。
一貫して、結婚相手のンマ(祖母)への尊敬の念が滲みだすところもいい。

あくまでも自分の身の回りの出来事を内側から見つめているのだけど、
視線がまっすぐなので、モノや情報に溢れる当時の(そして今の)日本を
見透かすパースペクティブな深さまで到達することもあるのが素晴らしい。

苦労を苦労と思わせない愉快な話が続く。
冒頭から洗濯がいかに大変かを切々と説いてみる本はあまりないし、
お手伝いさんが来てくれたために、やることがなくなり悶々としてみる話も
海外駐在の奥様方とは別の次元の話で面白い。

個人的に、興味深く読んだのはやはりゼンコウのあたりかな。
私には謎の、そして出来たら敬遠したい、物凄く臭い料理の話。
作り方まで丁寧に書かれてあるし。

料理の作り方といえば、素材にこだわった美味しい唐揚げの作り方で
いきなり鶏を市場から買ってきてしめるところからスタートするのも
なかなか愉快ですね。
あとはイスラムでの風習で羊なんかを生贄にする話も
内側から素直な視線で観ていて面白い。
あと、一夫多妻制の話とかね。

白黒で写っている写真が綺麗みたいなので、
鮮明なカラーで見てみたかった気もしますが、
これは文庫本オリジナルなんで、仕方ないっすね。

ちなみに著者の今井千香子さんは実はバンド仲間。
58 Specialのフロントでドスを効かせてシャウトしている人ですね。
こちらは20年後の姿!
付き合いはもうすぐ3年近くなるけど、
こんな本を出していることは全く知らなかったのです、はい。
知り合いの著作でも良くないと思ったものは薦めません。
残念ながら絶版なんですが、アマゾンで廉価で手に入るので、是非とも。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-31 00:28 | U GOTTA FRIEND | Trackback | Comments(2)

やっぱりいい!

モネイちゃんが合同ツアーをやっているキンブラと一緒に
ロックステディー+ワナビースタートサムシィン。

ロックステディもいいが、マイケルのグルーヴを見事に咀嚼したモネイが
やっぱりすごい。



これも相当いい!こんなの街で見たら感激して鼻血が出る!


■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-30 13:13 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

情熱全開で迫られる

近所の公園には野良猫がたくさんいて、
その顔と縄張りを最近覚えてきたのですが、
いつもいる別嬪の黒猫が昨晩ミャーミャー鳴きながら
私のほうへすり寄ってくる。

すり寄ってくるのはいいのだが、脚に体をこすり付けまくり、
挙句の果てに尻尾をピンと立てて、お尻をこちらに突き出してくる。
猫のことはあまり詳しくないが、これは発情期というやつなのでしょうね。

それにしても、顔見知りではあるとはいえ、
ほぼ赤の他人(というか猫なんだが)にいきなりお尻を突き出して
すり寄ってこられてしまったというわけで、
私の人生、異性からこんなに激しくアプローチされたことは
初めてのことであるなぁと一瞬悲しい気持ちになったわけですが、
見ず知らずの女性がいきなりお尻丸出しで迫ってくるとなると
これは相当怖いわけで、まあ、何が言いたいかというと、
猫というものは人を化かしたりするというのも頷ける話なんですが、
すでに話の着地点がよく分からなくなっている自分に気が付き、
これまた猫に化かされたということかと思ったりするのでありますね。

ということで、猫の話を枕に最近読んだ本のことを書こうと思ったのだが、
いくらなんでも作者(女性)に失礼だろう、ということで、
その話はまた後日にでも。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-29 23:28 | La Sombra Del Viento | Trackback | Comments(0)

危ないところでした

あまり時間をおかずにドクター・ジョンの新作が登場。
素晴らしかったヴードゥー全開の前作を受けての新作、
しかもサッチモの曲をドクター・ジョンがカバーとなると、
期待もいや増すというもの。
正直に言いますとね、初めの印象はもう一つだったんですよね。
ドクターの作品の中では中レベルかな、期待しすぎたかな?等と
したり顔で分かった気になっていたのです。
危ないところでした。

オープニングの“この素晴らしき世界”は
ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマのぶ厚いコーラスが効いていて、
最高の出だしなんだけど、2曲目のファンク(いやフォンクか)仕立ての
“マック・ザ・ナイフ”がソツが無さ過ぎて破綻がないというか、
引っ掛かりが少なすぎる気がして、テンションが盛り下がってしまったのですね。
もう一つカッコ良くないラップも邪魔だし。

たくさん参加しているゲストの中で一番期待していたアンソニー・ハミルトンの
“Sometimes I Feel Like …”もベタっとした感じで、平板だし。
バンドの演奏は上手いけど、つるつるし過ぎているし…、と
危うく棚の肥やしになるところでしたよ。
このアルバムのメイン・ディッシュは中盤以降ですね。
7曲目の“That’s My Home”からアルバムラストまでの流れは完璧。
ファンク調、しかもツルツルしたスムーズジャズ方面に近い、ではなく、
よりトラディッショナルなスタイルに近い方が気持ち良いですね。
ドクター・ジョンのピアノや歌はいつでも文句なしだが、
そういう曲調の方がより映えるのは間違いない。
あと、ゲストのヴォーカル陣も豪華(人によっては渋いだけかも)ですが、
ボニー・レイット、レディシ、シェメキア・コープランド、
いずれも甲乙つけがたい。それにしてもレディシは本当に幅が広い。
レイット姐さんはギター弾いてくれていたらもっと良かったのに!
3曲目で猛烈にスペイン語でのラップというか語りを聞かせるテルマリーは
相当カッコいいので、色々漁ってみたいぞなもし。
意図しなかったのだけど、写真が一番でかくなってしもうた。

このアルバムはサッチモのトリビュートなんで、もう一つの売りは
トランペッターがたくさんフューチャーされているところですね。
その味わいを聴き比べるだけでも相当面白い。
名前を見ずに好みを探ろうとしてみたのだが、
ひしゃげたフレージングがヒップな9曲目“Wrap Your Troubles”と
ガラっぱちな破裂音が気持ち良い5曲目“Gut Bucket Blues”が良い!と
ブックレットを確認すると、テレンス・ブランチャードとニコラス・ペイトン!

(私的には)有名でない人を持ち上げて見栄を張りたかったのに、
あまりにも有名どころだったので、なんだかガッカリ、
いや別にがっかりする必要もないのですけどね。
あとは“That’s My Home”でのまろやかの度合いが過ぎてファンキーな
ウェンデル・ブルニアスのフリューゲルホルンが素晴らしい。

ということで、初めの印象と結構異なって、いまや愛聴盤なのですが、
私は知らなかったのですが、バックバンドのLower 9-11、
新しい方向に進みたいというドクターの意を受けて、すでに解散していたのですね。
ドラムのハーマン・アーネストⅢはかなり好きだったんですけどね。
ああ、最近の来日ライブ、観に行っていなかったからねぇ。
これまた失敗だ!

ということで、それはさておき、御歳73歳でもまだまだ全盛期のドクター、
出たばっかりのこのタイミングで言うのもなんですが、
次回作も期待していますよ!


■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-27 18:14 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

ペコロス

これまでの流れを読んでいると、ペコロスさんはお母さんに
ずっと会いに行けるような気がする。
この名作は全国の学校に置いておくべきだと思う。
大人はもちろんだが、子供にこそ読んでほしい本だ。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-26 02:17 | Make Me Wanna Holler | Trackback | Comments(2)

じんじんとする

この夏に出た文庫本『お文の影』。
江戸もの×怪奇もの=宮部みゆき 必殺技中の必殺技、しかも短編集、
まさに無敵の一冊です。
短編が6編、すべて様々な物の怪が登場するお話だが、
怪談と呼ぶには、おどろおどろしくなく、
市井の人々の営みに潜む機微や影が胸にジンジンと響く、
宮部みゆきならではの世界。

話の組み立て、場面と背景の設定、オチの落としどころ、
まさに天才としかいいようがない。
宮部みゆきの天才性はここで私が改めて語るまでもないけど、
どうしても語らずにいられない。(しかし表現出来る語彙がない、ううう)
題材に挙げられるお化けの多様性も素晴らしい。
馴染みのあるのは化け猫ぐらいだが、
よくこんな物の怪を探してきたなと感心しますね。

大段営にファンタジーな要素が溢れる『博打眼』、
宮部みゆきワールドど真ん中の『討債鬼』、
逆にあまり宮部的でない余韻を残す『ばんば憑き』、
淡々とした描写に暖かみが宿る『坊主の壺』。

どれもが名作と称されるレベルの珠玉の逸品ですが、
特に痺れるのが『お文の陰』と『野槌の墓』かな、やはり。
苦みが残る、決して楽しい話ではないが、ラストの描写に溜息が出る。
『お文の影』はぼんくらの政五郎親分とおでこが登場するのも嬉しい。
夏の夜はやはり江戸の怪奇物、気になった人は必ず読むべし。
もともとは『ばんば憑き』で出版されていた模様。
個人的には『お文の影』の方がしっくりくるな。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-24 16:28 | La Sombra Del Viento | Trackback | Comments(0)

こんなところに

相変わらず可愛いモネイちゃん、インタビューの内容も興味深いわけですが、
個人的にはもう一人の方、こちらに注目すべき。
私に随分近しい人とクリソツというか、同一人物にしか見えない。
我が家では大爆笑ですよ。
君、英語上手くなったな。



身内ネタすまん。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-23 17:36 | U GOTTA FRIEND | Trackback | Comments(4)

☆こ☆れ☆は☆大☆正☆解☆

これは正解。
ワカッテマス感が出ると思って、漫☆画太郎について触れる枚と思ったのだが、
原画の実物を間近に見て、実に緻密な画に圧倒されました。
過度に神経質である一方で、生命力が溢れ出してもいる。
爆発といってもいい。
実は社会の風刺もたっぷりだが、そこに触れるのは野暮ですね。
入場料タダ、写真OKの太っ腹設定を含め、素晴らしい。
あと見に来ている女性は何故か別嬪さんが多い(一部例外もあるが)。
入場制限がかかっているため、行列に並ぶのだが、
最後尾の人がこの絵を持っておくという仕組み。おもしろい。

写真は自由に撮って良いのだけど、やっぱり写真じゃ伝わらない。
これはブーツィー・コリンズですな。
抱き枕は流石に高いけど、Tシャツ買おうか結構悩みました。
でも、根性ないので、やめときました。
来週の火曜まで。行っといた方がいいよ!

一つ残念だったのはこの名作とのコラボ作が無かったこと。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-23 01:21 | Change! | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >