臍を噛む

先日随分前からの東京在住中国人の友人L氏とご飯を食べたのですが、
共通の知人(顔と名前を知っているだけ)の話題になったのですね。

当時の仕事でつながりがあった人の義弟で
10年ぐらい前に大阪に家族旅行で来日した時に私がアテンドした人。
USJとか梅田の阪急とかその辺を案内したのですね。
まあ、本人はかっこつけている人だなぁぐらいの印象しかないですが、
もうびっくりしたのが、私を召使同然にこき使おうとした我儘放題の奥さん。
我聴不懂、聴不明白、聴不清楚、不知道でほぼ全編押し通した私も
まあ当時は若かった訳ですが。

それはさておき、当時香港を拠点にしていたその人(旦那さんのほう)は
10年経った今、北京で大富豪に成り上がり、
上場企業を複数所有しているまでになったとのことで
出張や旅行では全て飛行機をチャーターして移動しているそう。

友人L氏が言うには、あれですね、稼いだ金の使い道を知らない人だ。
デカい飛行機の中に数人で座ってもスペースが余るだけで仕方ないし、
チャーター飛行機が家まで迎えに来てくれるわけでもない。
ファーストクラスにゆったり座りたいというのは分かるけど、
自分には全く理解できない、とのことで、
全くもって我が意を得たり、という感じなのですが、
そういう二人が食べているのは上野の場末の居酒屋、
てっさとてっちりを食べていたけど、全然美味しくない、むしろ不味いというところが
鉄(河豚)を食べているというよりも、臍を噛んでいる感が満載で
店の名は、うーむ、とりあえず伏せときますが、
なんともまあ寂しい限りの夜なのでした。
でも、話は楽しかったからいいのだ!
艶とハリを見事に消し去る匠の技が光る「てっさ」。
乾燥してカピカピに熟成させたてっさは
大量のもみじおろしと合わせて食すと吉!
あっという間にもみじおろしが無くなるので、大声で追加を注文しよう!
冬の代表的な味覚である「てっちり」の概念を超える新機軸の一品。
身のハリを熟達の技で無くした河豚の身はギリギリまで熟成を進めていますので、
とにかく大量のポン酢を合わせて食することが推奨されます。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2016-02-09 00:28 | Mickey's Monkey Job | Trackback | Comments(0)

猴吉猴吉!

猴年好!祝你新的一年里事業順利,心想事成!
ちなみにタイの干支では、子・丑・寅と続いて、
その後に来るのがなんと猫らしいです。
世の中は広いものだ。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2016-02-08 00:00 | Change! | Trackback | Comments(0)

タイのたばこ

流石にえぐいタイの煙草のパッケージ、
まだコンプリートは出来ておらず。(だって私は吸わないから)
日本でもやるべきかどうかは、自分の中でははっきりしないけどね。

個人的には吸いたい人は勝手に吸えばいいと思うけど、
完全に分煙された別の場所で吸ってくれ(私に吸わせるな!)というのと、
自分の部屋の中で吸わず(吸わせてもらえず)ベランダで吸うぐらいだったら、
初めから吸うな、というのが、私のスタンスです。


まだコンプリートは出来ておらず
■  [PR]
# by zhimuqing | 2016-02-07 00:28 | Make Me Wanna Holler | Trackback | Comments(0)

聴きなおさないとね

実はアース・ウインド&ファイアーにはあまり思い入れがなく、
持っているCDも93年のIllimination1枚だけ。
ラファエル・サディーク目当てがバレバレですな。
濃厚なものを求め続けている私には
あまりにもかっちりしすぎているというか、
上手過ぎて整いすぎていると言いますか、
そつがなさすぎる、と言いますか。
モーリスとフィリップの歌もそうだし、
リズム隊も上手過ぎるほど上手いけど
美味くないといいますか。
初期の垢ぬけなさは私好みではあります。
全盛期の宇宙シリーズの服装よりもね。
ヴァーダインのモデル体型と顔の対比は
文句なしに美味しいと思うのですけどね。

とはいえ、もちろん好きな曲もありますね。
5曲挙げるとして、パッと頭に浮かぶのはこんな感じかな。

・Shining Star
・That's the Way of the World
・Can't Hide Love
・Got To Get You Into My Life
・September


まあGot To Get…はビートルズのカバーなんで、
これを差し替えるとすれば初期の名曲のMighty Mightyかな。
いずれにしても名曲揃いですね。

たしかに素晴らしいとしか言いようのないレベル。
もう一度しっかりと聴きなおさないといかんな、と反省しきり。
こういう定番モノこそ、しっかりとね。
モーリスにはやはり感謝の言葉しかありませんね。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2016-02-05 19:28 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

タイで素早く退散

前の職場の博学にして、VOODOO LOTUS秘密映像班班長の
畏友SWD氏に依頼して、タイの工場の監査を実施。
スーツ姿でさっそうと登場。
Tシャツとジーパンの私と大違いだ。

流石の知識で工場のスタッフも大喜びということで、
バンコクへ移動して、色々ご飯を食べて、
本場の○○○さんを一度観てみたいとの声なき要望に応えて、
深夜某所に突撃するも、あまりの禍々しさに
品行方正な我等2名、ぐるっと回っただけでそそくさと退散。
でも、なんだかんだで楽しかったのだ。
このブログの存在を知っていそうなので、
そのうち怒られそうだな。

.
■  [PR]
# by zhimuqing | 2016-02-04 20:28 | U GOTTA FRIEND | Trackback | Comments(0)

いつもこれだな

政界で事件が起きると、かならず目くらましの案件が出てくると思うのだ。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2016-02-03 10:08 | Make Me Wanna Holler | Trackback | Comments(0)

早いもんだ

私はスターウォーズの主人公と同じ名前の黎です。

4年生になったら琴クラブと吹奏楽を頑張りたいです。
ちなみに私は吹奏楽でパーカッションの木琴と鉄琴をやりたいです。


まさかのムスメ本人の登場ですね。
私が打つっということで。
そんなわけで、我が家のレイたんも早くも9歳!
知らないうちにローマ字まで打てるようになっているのが驚きだ!
ということで、家で誕生会。
嫌がる弟と強引にツーショット。

本人リクエストのプレゼントは今小学生の間で大人気だという、
「科学漫画サバイバルシリーズ」の新型ウイルス①と②、計2400円。
(親の懐にも優しいぞ)
おまけはサンタが置いていったらしいタカラトミーの編み物機的なもの。


4年になったら吹奏楽でパーカッションやって、
そのうちVOODOO LOTUSに入ってあげてもいい、とのことで、
メンバーが近々増える可能性が出てきましたよ。

さて、そんなムスメが先日(つまり8歳の時に)作った
自分が加入する予定のバンドの新グッズがこんな感じですね。
先着6名様、激レアグッズということで、
興味のある方は早めにご連絡を。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2016-01-31 20:28 | Dawn 'n' Shine | Trackback | Comments(0)

芸人魂がビシバシと!

中古で見つけたジャンゴ・ラインハルトのボックス、
ケースはボロボロだったけど、CDの盤面はきれいだし、
なによりも中身が素晴らしいし、価格も5枚で2000円以下。
文句のつけようがありませんね。
発売はイギリスのJSPから。
SAVOYやDIALでのマスター全曲入り、なのに3000円ちょい!の
チャーリー・パーカーのボックスで名を馳せたJSPは
なんといっても音の良さが身上。
価格が安くたって、音が悪いとどうしようもないですからね。
ノイズを丁寧に取り除きつつ、音はペラペラにならず、
楽器それぞれの音がしっかりと聞き取れるのが嬉しいですね。
私のお気に入りのこのパーカーのボックス
最高としか言いようがないです。
全盛期のパーカーなのでごくごく当たり前ですけどね。
スリム・ゲイラードとの録音まで入っているのが偉いっ!

ジャンゴ・ラインハルト、ひいてはマヌーシュ・ジャズについて
ほぼ素人な私ですが、私の好きなジャイブやジャンプに
相当似た匂いを感じるので、かねてから一度しっかりと
聴いてみたいものだと思っていたのですね。
猛烈にヒップなところなんかもそっくりだし。
このボックスはJSPから出ているジャンゴ・シリーズ!の第1弾。
1934~39年のフランス・ホット・クラブ5重奏団時代の録音集。
つまり戦争でコンビ時代を解消するまでのステファン・グラッペリとのコンビで
ブイブイ言わせていた時代の音ですね。
5枚組なので当然まだ聴きこめてはいないのですが、
流石に黄金時代と言われているだけのことはありますね。
縦横無尽にフレットの上を跳ねまわるジャンゴのギターは
高度な技を披露しているですが、その一方で人懐っこさを失わず、
ギターというか楽器の演奏に詳しくない人でも
グッと引き込んでしまうところや
喜怒哀楽の微妙な機微まで表現してしまうところには
芸人魂を猛烈に感じますね。
グラッペリのヴァイオリンはフィドルと呼んだ方がしっくりきますね。
もっともこの違いもよく分からないわけですが、
ヴァイオリンは歌い、フィドルは踊るという先人の名言に沿えば、
なるほどこれはフィドルであると断言できそうな気がするではないですか?
(ハードコアなファンの方、怒らないでくださいな)

そういう意味では、フレージングは異なるけど、
例えばテディ・バン、例えばキャッツ&ザ・フィドルだったり、に
非常に近い空気感があり、満足感に浸れます。
ジャイブ勢のほうがもっとシニカルなお笑い感があり、
ジャンゴはもっと洒落のめしているという違いはありますけどね。

ジャンゴはかなりアメリカのジャズを研究していたようだし、
逆にジャイブ勢力も当然ジャンゴ・ラインハルトを聴いていただろうし
そういう相互に与えた影響なんかを考えると、
なかなか興奮してきますね。
これはやっぱり聴いてよかった、買ってよかった。
流石にまだ聴きこめていないので、JSPから出ている続編のボックスセットには
触手は動きませんが、そのうち買っていそうな自分が少し怖いです、はい。


■  [PR]
# by zhimuqing | 2016-01-28 07:28 | On The Corner | Trackback | Comments(2)