秋の夜長に是非とも

58兄さんに薦められる音楽はどれも外れはないのだけど、
とりわけ痺れたのがYoutubeで観たボニー・レイット。
かなりの大物ではありますが、こういう機会がないと、
私の捜査網にはかかってこないので、大変ありがたいですね。

いつか聴いてみたいと思っていたのですが、先日福岡に出張した際に
中古CD屋で目に留まって購入したのが、
72年のアルバム≪Give it up≫、税込480円。
レイットの最高傑作との誉れも高いアルバムですが、
たしかに素晴らしい内容、駄曲や捨て曲は一切なし。
スライドギターで始まる1曲目のタイトルナンバーがまず素晴らしい。
歌に続く、スライドでのソロ、ブレイクで出てくるチューバ、
歌に絡むソプラノ・サックス、転がりまくるピアノ、
ラストにかけてのソプラノとそこに絡むラッパで
ニュー・オリンズじゃなかったウッドストックの森を練り歩く
楽隊状態まで盛り上がり、もうこの時点で笑顔が零れ落ちそうに。

力みのない歌もいいですね。
必要以上にガナる英米の白人ヴォーカルは苦手なので、
このレイットとかキャロル・キングみたいに柔らかくても腰がある歌に、
白いファンクネスを感じるのですね、個人的に。

ベストは3曲目のニュー・オリンズ・クラシックの“I Know”。
ハロルド・バティステの手によるバーバラ・ジョージがオリジナルですが、
ここでの演奏はニューオリンズ・ファンクの傑作といっても過言でない。
オリジナルを超えていると言ってもいいでしょう。
隙間のあるリズムの一番のツボにスライドのフレーズがハマりまくり、
シャッキリしたドラムのフレーズと相まって大変心地よく、
全身のコリがいい感じにほぐされます。
あと、個人的な好みは8曲目の“You got to know how”ですね。
こういうオールドタイムな曲がレイットに合っていると思うけど、
まあ、そういう曲を私が好きだということのほうが大きいかな。
ジョン・ペインのクラリネットが実にいい感じ。

ウッドストック周辺の人達らしい参加しているミュージシャンは、
たぶん有名な人達なのだろうけど、そのあたりには馴染みがないもんで、
デイブ・ホランド以外は誰も知らないのが情けないですが、
我を出さずに歌を盛り上げつつ、よく聴くとしっかりと自分を出した
しぶとい演奏を繰り広げるという、理想的なバッキングですね。

元気なロックンロールの7曲目はリズムがやや単調かなと思わせておいて、
ブレイクでの旨みたっぷりのギターの絡みから、
ブレイク終わりにしゃしゃりでるハープ、ラストに向けて跳び跳ねるエレピと、
終盤に向けて怒涛の仕掛けで盛り上がるし、
9曲目ではサイドギターが西アフリカ的な金属的なフレーズをまき散らす。

バラードでのゆったりした曲はシンガーソングライター風になりますが、
よく聴くと、ピアノとドラムのコンビネーションに工夫を凝らしていたり、
スライドギターが隙間にするりと差し込んできたりと、
レイットならではの味付けがなされていて、まったく油断?禁物ですね。
一曲一曲、丁寧に大事に仕上げているのがよく分かるのですが、
それでいて、作為的な匂いを感じさせないのが心憎いですね。

レイットが昔師事していたフレッド・マクダウェルもありのままに
ギターを弾いて歌う人だったのだけど、
そういう血を受け継いでいるのかな?
ちなみに、アルバム発表直前に他界したマクダウェルに対する献辞も
しっかりとアルバムに記載されています。


ということで、ほぼ大絶賛のこのアルバム、
個人的にはポール・サイモンの70年代の作品に匹敵するレベルで、
ボニー・レイット、いろいろ聴いてみたくなりますが、
それ以前にスライドギターが弾けるようになりたいな、と思ったりもする、
実に困ったアルバムです。秋の夜長に是非とも!

■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-09-30 06:28 | Blues 4 Terapin | Trackback | Comments(0)

サルとゴリラ

山極寿一 東京新聞14年9月28日朝刊のインタビュー
多くの人は、ゴリラが胸を叩くドラミングを、拳でたたく宣戦布告だと思っている。
実際は手のひらでたたいていて、宣戦布告ではなく自己主張。
あの行動には二重性があって、自己主張しているけれど、
誰かがなだめに来てくれれば矛を収めると伝えています。
人間の様な演技性がゴリラにはあるんです。

二者間では収拾がつかない事態に、間に入ってくれる仲裁者が必要だから、
ゴリラは群れを作る。仲裁者は強くないメスでも子どもでのいい。
それはニホンザルとは違う社会です。
ニホンザルは強い弱いを決めていて、弱者が強者に譲れば争いは起きない。
だけどゴリラは強い弱いを認め合わない。

人間の社会はゴリラに似た部分があったのに、ニホンザルの方に近づいています。
勝敗にこだわるようになった。
その方がトラブルが長引かなくて時間がかからず経済的だからです。

でも人間は本来「勝ちたい」のではなく「負けず嫌い」なんですよ。
現代社会では両者を混同しています。
負けないという思想のゴールは、相手と対等になること。ゴリラと同じです。
一方で勝つことは相手を屈服させるから、恨みが残り、相手は離れていく。
本来人間は勝敗を先送りして、対等な関係を保ってきたんじゃないか、
経済より社会が重要だと言いたいんです。
山極寿一 京都大学 ゴリラ研究者
次期京都大学学長だが、学長選の時、こんなビラが話題になりましたね。
ビラの作成者は文学研究科・理学研究科有志。
ビラを作成した理由がふるっている!!

あの人が総長になって研究職を退くと世界の霊長類学の発展にとって大きな損失だから

京大といい法政大といい、いい人が学長になっているな。
一回授業を受けてみたいものだ。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-09-28 17:28 | Change! | Trackback | Comments(0)

塩加減はやっぱり難しい

超簡単だという、イワシのコンフィを作ってみた。

魚屋からイワシを買ってきます。
頭を落として、内臓を取って、良く洗います。
塩を振って10分待って、またよく洗います。
そのまま焼いて食べたくなるのを我慢するのがポイントです。

鍋にイワシを並べて、ひたひたになるまでオリーブオイルを入れます。
ニンニクひとかけら、鷹の爪とレモン、タイムやローリエ、その他スパイスを適当に。
弱火で加熱して、泡がフツフツ出るといったん止めて、
耐熱容器に入れます。
予熱をかけたオーブンに入れて、100℃で1時間20分加熱します。
そのまま冷めるのを待って頂きます。
作り方はウルトラメガトンに簡単だが、塩加減が意外に難しそう。
もう少し塩が効いていたほうが良かったかな。
ジルベルト・ジルの新作でのモレーノとベンの仕事での塩加減、
あの素晴らしさを思い知りますね。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-09-26 22:28 | Hot Barbeque | Trackback | Comments(0)

Caetano, venha ver aquele preto que voce gosta.

8月リリースで楽しみにしていたアルバムその3がこのアルバム。
ジルベルト・ジルのジョアン・ジルベルトのカバー集。
ジルベルト・ジルの弾き語りメイン、しかもジョアンの愛唱歌となると、
当然内容が悪くなるはずもないし、
しかも先日モヤーン氏からもかなり良いらしい!との話を聞いていたので、
これまた楽しみにしていたのですね。
どうも最近ジルベルト・ジルは盟友カエターノに比べて、
日本での評価が不当に低く、前から不可解に思っているのですが、
この人にはカエターノにない(というか目立たない)躍動感やバネがあって
声自体にファンクネスが感じられるのが個人的に好きなところ。
流石に若いころに比べると、声の筋力は少し落ちた感じもありますが、
今年で72歳ということを考えると、信じがたいほど艶があり、
味わい深さという点では、むしろ今のほうがすごいかも。
まあ、他の国と違って、ブラジルの歌手は年を取ってからが勝負というか、
年寄りになればなるほど、恰好よくなる人が多いのですけど、
それを差し引いてもイイ!
ジルベルト・ジルの引き語りをベースに控えめなバックが入るのだが、
歌もさることながら、ギターと歌が相まって生み出すウネリ!
安売りしたくないのであまり使わないようにしている、
グルーヴという言葉を使わざるをえないですよね。
ジョアンが持っていたグルーヴをジル流に消化し尽くした上での物凄いグルーヴ。

そこにはボサノヴァ=おサレという図式は一切なく、
ボサノヴァはサンバであり、グルーヴが溢れ出ていないと、という、
ジルベルト・ジルの思いが感じられるわけで、
それはアルバムのタイトル≪Gilbertos Samba≫に如実に表れていますね。
裏庭のサンバであるからには、余分な修飾音は不要。
以前カエターノがプロデュースしたジョアンのアルバムも
「João Voz e Violão(声とギター)」でしたが、
このアルバムもまさに同じく、ジルの声とギターに焦点を定めたもの。
でも、はっきりと言い切ってしまいましょう!
82年以降のジョアンの作品よりもずっと良いです。

プロデューサーはジルの息子のベム(ベン?)とカエターノの息子のモレーノ。
この組み合わせだけでも、私なんかはぐっと嬉しくなってしまうのですが、
そのプロデュースぶりもまた素晴らしい。
基本歌とギターに寄り添う形で最小限の音をあてがう、
そのあてがい方に物凄いセンスを感じてしまいます。
パーカッションのフレーズも音数も少なく明らかにサンバなんだけど、
明らかに10年代の今の空気があるし、
休符の中に鳴っていないはずの音を感じさせて、驚きますね。
ひっそりと挟まれるノイズも味付けしてみましたというレベルではなく、
曲、もっと言えば歌を引き立てるために必要不可欠な音になっているし、
何よりもアコーディオンの効きっぷりが凄まじい。
センスの塊という言葉がぴったりです。
そこいらのサンプラー使って、お洒落に仕上げましたというのとは
5億光年ぐらい離れているぞっと。

あとね、音がものすごく良い。
木や皮の鳴りと空気の振動がしっかりと滑らかに捉えられている。
鼓膜にも当然優しい音ですが、ここまで生々しくふくよかな音ですと、
これは並大抵のミュージシャンでは粗が出まくってしまうだろうと、
まあ、そういう感じすら受けるのでありますね。
期待以上のアルバム。
それにしても、ジル72歳、ドクター・ジョン73歳、スモーキー74歳。
まだまだいけるでしょう!期待してまっせ。
ブラジル音楽史上、最高のコンビ。
他にもいいコンビはいるけど、息の長さ、仲の良さ、全てにおいてこの二人が上!
テレビに出て歌っている若き日のジルベルト・ジルを見て、
カエターノのお母さんが「あんたの好きそうな黒人の子が歌っているよ」と。
その翌年、友人となった二人は50年にわたり、ブラジル音楽を変革していくことに。
このアルバムを受けたカエターノからの新作が楽しみだ!
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-09-25 08:28 | A Felicidade | Trackback | Comments(0)

3回目

3回目のフットルース。
さすがにこれは観ないといけないので、
後ろ髪を引かれながらスターフェスのPEとナズはパスしたのだが、
エリカ・バドゥが堪能できたので、それはそれで良しとしよう。
毎回会場が違うのですが、今回は六本木のナントカシアター。
私はこの手のハコのことはよく分からないが、
おそらく過去のハコよりも良かったのでしょう、
音の迫力も照明のメリハリもバッチリ。

ストーリーはもう十分に分かっているので、
多少変わっているキャストによって中身がどう変化するか?が
見所の一つとなるわけですが、
やっぱり演じる人が変わると、印象も随分と変わりますね。
内容も台詞もほとんど変わらないのに。

特に牧師さんとヒロインを支える3人娘のアンサンブル。
牧師さんは前回のほうが立派(過ぎる)だったし、
3人娘の歌自体は前回のほうが良かった気もしますが、
今回は今回で別の味わいが出てくるのが面白い。

オープニングの踊りでいきなり魅せられて、
いきなりストーリーに引き込まれるのはいつもの通り。
照明がこれまでよりも鮮やかだったこともあり、
ものすごく映えていましたよ。

肝心のブラザGはもちろん安定した演技。
長台詞のシーンには相変わらず私は少しビビルけど、特に問題ないし、
ラストで魅せるエアートラックは過去最高レベル。
やや全力投球しすぎて飛ばしすぎかと思わせておいて、
終演後楽屋に本人を訪ねると、疲れたといっている割には、
わりとケロッとしていて、いや体力あるね。
だてに高校生役をやっていないな、と。

それにしても、やはりラストの群舞こそが最大の見所。
スカッと爽快に終わる、ミュージカルの王道。
帰りの地下鉄でも結構年配のご夫婦が盛り上がっていましたが、
私も盛り上がりました。
ということで、まだ地方公演はあるので、お近くにお住まいのヒトは是非とも。


■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-09-24 00:28 | Popper's Delight | Trackback | Comments(2)

全身総毛立つ!

ということで、スターフェス2014。
基本的に野外の大型音楽フェスには興味がないので、
ATCQが来ても、アウトキャストが来ても観に行くことはないのですが、
現役最強ファンカティアーであるエリカ・バドゥ、しかも5年ぶり!となると、
話が全く別なのだ。当たり前ですが。
もうね、出てきた瞬間の圧倒的な存在感ね。
バンドの演奏が始まって10分近く経っての登場ですが、
一気に持って行かれますね。
ワンピースでいうところの覇王色の覇気ってのは
多分ああいう感じなのじゃないのかな。
鳥肌が立つどころではないですよ、全身が総毛立ち、涙腺崩壊。
チャカ・カーンからの流れをもろに感じさせる、
生で見ないと絶対に分からない、爆発的なヴォーカル。
そうそう、これこれ!久しぶりに生で聴いて、
全身の細胞が一気に覚醒していく音が体内から響いてきます。
問題です、私の頭はどれでしょう?

フルバンドを連れてきたとの触れ込みですが、
ここ最近のステージ(Youtubeで確認したのだ)と同じく、
ドラム、ベース、コーラス×2、キーボード×3 パッドとサンプラー2。
キーボードの二人はMacに繋いでいた模様。
つまり完全にヒップホップ仕様での編成で、
まあこういうフェス向けの編成とも言えますね。
なので、バンド全体としては前回の方が凄かったと思うが、
今回はサンダーキャットが全面に出ていて、これがまた凄い!
親分とスーパーベースの組み合わせとしては、
1970年のJBとブーツィー以来のコンビでしょう。
完全にベースがバンドの音を引っ張るところも似ているが、
しかし、ある程度好き放題にグルーヴを任せていた当時のJB’Sと違い、
ヒップホップを完全に通過した音楽だし、しかも磁場を掌握するのに長けた
エリカ・バドゥですから、全体を歌がガチっと押さえている様子が強烈で、
その辺はやや印象が異なるかな。
(そういう意味ではカサンドラ・ウィルスンにも近いかも)
いくらでも弾けるのに、必要最小限の音しか出さないサンダーキャット、
そのフレーズ、ノリ、猛烈にカッコいいですね。惚れました。

まあ、なんといってもオープニングでの圧倒的な掴みが強烈で
あとはもう私を含め、観客は為すがままだったのだが、
“The Healer/Hip Hop”の後半を完全なハチロクに変えて
西アフリカのギター風フレーズをサンダーキャットに弾かせるという
新しい技に大コーフン。この路線も更なる探求をお願いしたいですが、
それにしても引き出しの多さにも改めて驚きますね。
エリカ・バドゥは完全に自分の世界を表現したステージを繰り広げて、
一見完全に演じきっているというか、クールに見える場面が多いが、
以前も感じたことだが、隙間から滲みだす素顔が実にチャーミング。
この辺も実はこの人を無敵のファンクスターにしている部分かな。
無類の人懐っこさもファンカティアーの必要条件ですよね。
あと、先日ミスターPが使っていたローランドのエレキパーカッション、
エリカ・バドゥのと一緒ですね、やっぱり。
ずっと取り入れたいと思っていたあの技は早速取り入れなければ。
1時間の持ち時間の中で、私なんかは魂抜かれた状態で
小ぶりの雨も全く気にならず、あっという間にライブが終わったわけで、
もちろん内容には大満足。
後ろの方でアリガトーって叫んでいるお兄さんいたけど、その気持ちも良く分かる。
でも、贅沢言っていいかな?やっぱり短すぎるかな、時間が。
この素晴らしい1時間の為に1万円払うのは高いとは思わないけど。
5年ぶりの来日で1時間は短すぎるよー!あの時は猛烈に歯が痛かったし。
ホールで3時間ぐらいじっくり聴きたいよね。
ドラムの音もやや軽めだったしね。
で、まあ、野外のフェスで転換が45分しかない中で、
あれだけのセッティング出来るだけでもの凄いのですけどね。
ファンクの使者だから、腕の言葉は平和、光、愛!イエス、その通り!
噂では物販コーナーへまさかの光臨とのことで、ウーム大失敗!

私の好きなヴィデオを2本ほど!



当時の恋仲のコモンとの共演。
今日私の後ろにいた女性3人は旦那のコモン、来ないかな?と言っていたけど、
正式に結婚したことはないはず。ちなみにコモンは未練たらたらとの噂。
(その気持ちはよく分かる!)



このヴィデオほど、ヴァイナル愛に溢れたものがあるだろうか?
全部分かるのが嬉しい!ラストも最高!
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-09-21 02:59 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

第2弾に期待したいYo!

CLASSIC HIP HOP BEST COLLECTION 1000ということで、
CD1枚1000円シリーズがついにヒップホップまで。
需要がどのくらいあるのか?分かりませんが、
個人的にはやっぱり大歓迎ですね。

ユニヴァーサルが現在抱えているレーベルが多岐にわたるので、
昔では考えられないラインナップになっているのが肝かな。
パブリックエナミーやスリック・リック等、デフジャムの王道もの、
ギャングスター関連やDITC関連のNYのハードコアなブツ、
NWAとその流れをくむ西海岸のギャングスタもの等に交じって
メアリーJやベル・ビブ・デヴォーなんかが混じる面白いセレクトに
セレクターの高橋芳明さんのポリシーが滲んで見える気がしますね。
個人的には結構持っているものが多いので、大コーフンはしませんが、
それでも手元にあったはずなのに、どこかに消えてしまったものや
いつか買おうと思ってそのままになっていたものも多いので、
やっぱりありがたいですね。
というより、私の自慢の一品(逸品)である、Ultra Magnetic Mc'sのセカンドが
再発されて、少し悔しい感じもあります、はい。
個人的には、ブラックシープの2ndとかナイスンスムーズを買う予定。
このアルバム、いったい誰が持って行ったのだろう?

あと、メーカーのインフォではそれぞれ歌詞も付くようで、
割といい加減な再発(コスト削減もあるのだろうけど)が目立つ中、
こういった仕事は正直嬉しいですね。
対訳があると、もっと盛り上がったのですが、贅沢は言いますまい。

私が期待するのは、あるかどうかわかりませんが、第2弾ですかね。
おそらくユニヴァーサルの傘下にないインディーものだろうから、
期待は出来ないのですが、サウス・セントラル・カルテル関連には
大いに期待したいところです。
あっという間に店から消えて地団駄踏んだS.C.C.の≪All Day, Every Day≫、
そして発売当初から探したのにどうしても見つからなかった、
S.C.C,の派生デュオHavoc & Prodejeの≪Truez Neva Stop≫、
この2枚、何とかしてもらえないかな。
再発されると、世界中で拍手喝采なんですけどね。
このアルバムはかれこれ17年ぐらい探し続けているブツ。
再発して欲しいなぁ。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-09-19 19:28 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

It just happened through feelings!


■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-09-18 01:14 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >