広島と長崎が教えてくれたのです

色々な意見はあるとは思いますが、
当初の予定になかった平和記念資料館を視察して、
慰霊碑に献花して、原爆ドームをきちんと見たということで、
アメリカの大統領としては出来る限りのことをしたのかなと思います。
e0147206_20441245.jpg
私たちの心を変えなくてはなりません。
戦争に対する考え方を変える必要があります。
紛争を外交手段で解決することが必要です。
紛争を終わらせる努力をしなければなりません。
e0147206_20474734.jpg


日本原水爆被害者団体協議会
代表委員 坪井直氏

あの事件は既に歴史の一コマであり不幸な一コマであった。
アメリカではなく、人類の過ちであった。
未来に向かって頑張りましょう。
プラハ演説(2009年)でノーベル平和賞を取ったのだから、
遊んどったらダメですよ。
未来志向で、駆け引きのない世界を作り上げましょう、と語りかけると
オバマ氏は笑顔で同意するように応じ、2人で何度も握手をしたという。


オバマ大統領が広島平和記念資料館に残したメッセージ。
数分間かけて、じっくりと書いていたそう。
e0147206_2114278.jpg
私たちは戦争の苦しみを経験しました。
共に、平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持ちましょう

広島と長崎が教えてくれたのです
[PR]
# by zhimuqing | 2016-05-27 20:57 | Change! | Trackback | Comments(0)

coming 07.01.2016

e0147206_16353971.jpg
Maxwell
black SUMMERS’ night

1. All the Ways Love Can Feel
2. The Fall
3. III
4. Lake By the Ocean
5. Fingers Crossed
6. Hostage
7. 1990x
8. Gods
9. Lost
10. Of All Kind
11. Listen Hear
12. Night


[PR]
# by zhimuqing | 2016-05-26 23:28 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

極私的5曲 by R氏

旧友ロンマクが大阪に来ているとのことで、
大阪某所で晩御飯を。

やつも殿下歴長いですから話題はどうしてもプリンス。
殿下の極私的5曲を選ぼうという話で盛り上がったのだが、
これは難航しますね。

プリンスをあまり知らない人に薦めるための5曲なのか、
それとも・・・等のやり取りを相当繰り返しながら、
ロンマクが選ぶ5曲はこんな感じ。


Sign O’ the Times
Another Lonely Christmas
4 The Tears in Your Eyes
The Cross
The Beautiful Ones
It's Gonna Be A Beautiful Night



曲順は決定順、珠玉の5曲?ですね。
他に出てきたのは、“Alphabet St. ”とか“Starfish And Coffee”、
“Raspberry Beret”、“Under The Cherry Moon”に
“I Could Never Take the Place of Your Man”。
当然気持ちはよくわかります。

やはり《Sign o’ the Times》収録曲が強い訳ですが、
“The Beautiful Ones”に愛を感じますな。
“Another Lonely Christmas”は“I Would Die 4 U”のB面、
はっきり言ってパープルレインの収録曲よりも個人的には好き。
高校生の頃、高価な12インチがほしかったけど、
さすがに手が出なかったことを思い出しますな。

《We are the world》のアルバムに入っていた
“4 The Tears in Your Eyes”を入れて来たのは
マニアとしての矜持でしょうか?
中近東的なメロは《Around the World》の時期の曲調で、
こうやって見ると、時代の変遷がよくわかりますな。
この曲も3枚組ベストに入っていますが、ミックスが違うので要注意。

ということで、このプリンスこの5曲!を選ぶ試み、
結構面白いですね。
私よりもずっと年季の入っている(失礼!)MAさんとか
自分のダンスグループにNPGという名前をつけたブラザGとか、
“Let’s Go Crazy”で目覚めたというミスターPとか、
映画《Sign o’ the Times》好きのsawaさんとか
その辺の方々にも選んでほしいものです、はい。
これを読んだ人は是非ともご一報を!

e0147206_1347198.jpg
選曲に悩みまくるロンマク氏・・・   に見えますが、
テレビで某ワ○ピースを見て涙してしまったのを奥様と息子に目撃されてしまい、
さんざんネタ扱いされていることへの葛藤を表現している様子です。

それにしてもロンマクとは付き合いが長いだけに
話のネタが尽きることがない。
今回もディアンジェロからアロマノカリス、キン肉マンまで語り合うのでありますな。
(いつも一緒の話という指摘もありますが)

大阪某所の鶏専門店にて
相変わらず全て旨い!!!
e0147206_13484589.jpg
e0147206_13485319.jpg
e0147206_1349339.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2016-05-26 08:28 | U GOTTA FRIEND | Trackback | Comments(0)

よっっっしゃゃゃゃゃ!

e0147206_13131583.jpg
8月のマックスウェルの初来日公演@スタジオコースト、無事ゲット!
これまた、まさに20年待たされたミュージシャン!
e0147206_13133746.png
それにしても1年の間にディアンジェロとマックスウェルの両方を
見ることが出来る!とは、何という幸運!
新作とライブ!今年後半はマックスウェル祭りですな!
うぇーい!
e0147206_1318018.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2016-05-24 13:18 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

某日

タイから帰ってくると怒涛のスケジュールで
まったく落ち着く暇もありませんね。

某日の夜
帰国後、ケンドリックス君が転職するということで、
都内某所で送別会。
送別会といっても、参加者は元同僚の仲のよかった4人で、
ケンドリックス君を含め、4人中3人がすでに会社を離れているのですが。
なかなか忙しくなりそうですが、バンド活動のほうはよろしく頼むと
いう感じですね。
仲のよい人たちとの少人数の飲み会なので、あっという間に時間が過ぎ
家に帰ると午前様でした、はい。

某日のお昼
ヨメさんに叩き起こされて、ムスメの運動会の場所取りに。
お肌の曲がり角をとっくに過ぎております故、
ほぼ木陰になる場所を確保することは重要なのですね。
e0147206_1251591.jpg
昨年徒競走で一番だったムスメは練習でも好調だったようで、
今回も一番を取る!と張り切って出かけたのですが、
伏兵の活躍で残念ながら二着。
e0147206_12503337.jpg
その後の競技に並んでいる写真を撮りに行くと、
何かを言いながら、こっちに向かってピースをしているのに、
カメラを向けると俯いてしまう。
まあ、みんなの前だと恥ずかしいお年頃かな?と思いつつ、
一枚ぐらいいいではないか?!と思っていたのですが、
あれは二番だったのを悔しがっている表情なのだと気がつきました。
鈍感な父で申し訳ない。
まあ、女性の気持ちに鈍感なのは今に始まったことではないのですけどね。
それにしても、二着でもいいではないか?というのが
私の正直な気持ちですけど、
悔しがる気持ちも重要と言う事で。
e0147206_12505353.jpg
凹んでいるムスメ。
e0147206_12512426.jpg
昼ご飯の頃には復活だぁ。
e0147206_1251478.jpg


某日の夜
U家の最大のイベントである、WASABEATSの第3弾に、
運動会を終えたムスメとともに。
パワーアップしたボディームーヴに驚かされっぱなしと2時間ですが、
話の筋立てというか、メッセージはこれまででも一番ストレートなのですが、
ダンスの世界のネガティブな部分にも触れながら進められるストーリーには
相当苦労したのではないか?と感心しました。
終盤に向かうダンスでの説得力と迫力は圧巻。

今回は香港公演もあるとのことですが、出来れば台湾とか
タイとかでもやってほしいですね。
タイはまあ仕事に絡めて行っちゃうし、台湾には行ったことがないので、
いい機会になりそうですしね。
e0147206_12522149.jpg
ヘッドスピン世界一の大野君と。
いやでも、まったくすごいね。

小ネタに終始くすくすと笑っていたムスメによると、
ダンスの動きは全部凄かったとのことですが、終演後楽屋に行くと、
まあ予想通りほとんど喋らない子に。
とはいえ、楽屋にいたミッコさん(衣装、今回も凄かった)に
ヴードゥー浴衣、私にも作ってほしい、ときちんと伝えることが
出来ました。パチパチパチ。

某日
スタジオでバンドの練習。
すみジャズモードに入っておりますが、
今回はトリビュートをやりたいと思っているのですが、
なかなかのポンコツ感満載になりそうで、
これはこれで楽しみなのであります。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-05-24 00:28 | Dawn 'n' Shine | Trackback | Comments(2)

鷲掴みと言うか、鷲掴まれと言うか

それにしてもトゥーツ&ザ・メイタルズ。
目下、私の心は完全に鷲掴みされております。

特に初期のメイタルズ名義時代、スカからアーリーレゲエの時代は
もう何といいましょうか、愛おしいという言葉がふさわしい。
ジャメイカで産まれた音楽が完成というか完熟に至るまでの盛り上がりと
トゥーツ、ラリーとジェリーの声の勢いがうまくマッチしたという、
そういう時代とジャメイカという島が生んだ奇跡の一つなのでしょう。
このプリンス・バスターの元で録音した12曲は本当に魅力的ですね。
e0147206_20263923.jpg
見よ!この粗削りはジャケを!

スカの時代、スタジオ・ワンでのやや不遇な状況の後、
メイタルズはバスターやバイロン・リーの元で録音していますが、
どちらかというと丁寧な職人技が光るリー録音に比べると、
このバスター録音は粗削りというか剛球ど真ん中しかないような音で、
原石の魅力、ただし滅茶苦茶デカくて運べない、という感じです。
生命が躍動する様が音盤に極太で刻まれていますね。
この荒ぶる魂、猪突猛進力はもちろんメイタルズの個性ですが、
バスターとの相性もあったのかな?と思いますね。
e0147206_20253257.jpg
とはいえリーとの録音集も最高であることは間違いない!
というか、ジャケの作りにも両者の違いがくっきりと。

はっきり言うと、色々粗がないわけではないのですね。
演奏陣は曲の展開を把握していない曲があったり、
コードを付け間違えているとしか思えない曲もある。
音質だっていいわけでもない(私のレコードの盤質かもしれないが)
がしかし、そんなものは些細なことに過ぎないと言いたげな、
チリチリプチプチしたノイズもものともしない、
多少破綻していても勢いを重視するという
上手いよりも美味いもの、という制作陣の姿勢が
大変美しいものでありますね。
e0147206_20244535.jpg
こうなると、バスターとの録音が全部聴きたくなるのですが、
この時代のシングルを集めるとなると、
お金がいくらあっても足りないわけですが、
ちょっと前に廉価版で出た英Blue Beatレーベルのシングル集、
これを入手するとなんとかなるのかな?
うーん、ちょっと調べてみることにしましょう。
e0147206_20233287.jpg
どう考えても底なし沼だなぁ。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-05-17 20:28 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

タイの夜

e0147206_19554218.jpg
相変わらずタイでの仕事が続くわけですが、
小さな街ですから外食する場所も限られてくる等という心配は
全くないわけです。
基本、3食外食の国ですからね。

そんなわけで本日はタイ風中華料理屋(自称)。
e0147206_1943202.jpg
こちらはサラダ!
e0147206_1944374.jpg
それにしても、このマヨネーズの塊を見よ!
マシーノが喜びそうな盛り方!
でもタイで普通に出てくるマヨネーズは甘くて
個人的にはあまり好みではないのです。
というか、中国でこういう料理は見たことも食べたこともないです。

カレー系の何か。
e0147206_19504057.jpg
基本カレーは大好物の私ですが、これは謎の植物が入っていて、
ちょっと苦手な感じ。
というか、これも中華ではない気がしますが。

e0147206_19511376.jpg
これは大当たり!ココナツベースのスープ。
中には若いココナツの幹というかタケノコ的な何かが入っていて、
食感的にも味覚的にも非常に良い塩梅。
エビはもう少し小さいほうが好きかも。
ちなみに底はめっちゃ浅くて、2cmぐらいという、ウルトラ上げ底な鍋です。
(下に火が入っているのですね)
美味しいです。でも、これって中華系かな?

さて、食事よりも大いに気になったのが、
スコールの直後に現れたこの珍客。
君の名前はいったい何というのかい?
e0147206_19522782.jpg
日本では見たことがないタイプ。
e0147206_19531117.jpg
飛び跳ねずにゆっくりと歩いて昆虫を捕食するヒキガエル系だけど、
フォルム、とくに首(というのでしょうか?)の寸詰まりな感じは
日本にはいないですよね。
e0147206_1953366.jpg
タイで初めて見たカエル。
実に興味深いです、はい。
本日一番興奮しました。
e0147206_19542627.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2016-05-15 00:28 | Starship Troopers | Trackback | Comments(2)

なんという香ばしさ

萩生田光一官房副長官
5月13日午後の記者会見

スポーツ庁の報告によると、招致委員会では招致計画づくり、プレゼンの指導、国際渉外のアドバイスや、実際のロビー活動、情報分析など多岐にわたる招致活動について、当時、複数の会社と業務委託あるいはコンサルタント契約を行っており、今回報道されている招致委員会からの支払いは、そのうちのひとつであることが確認できた。

本件は正式な業務委託に基づく対価として支払ったものであり、疑惑を持たれるようなものではないと思っている。

組織委員会によれば、契約した代理店は、2015年の北京国際陸上の招致のコンサルタントなどを請け負った、大変実績のある会社であり、かつ、アジアや中東の情報分析のエキスパートであったことから、依頼を行ったものと聞いている。


そのコンサル会社の所在地となっている公営住宅がこちら

e0147206_16532496.jpg


NHKKKより

この会社の所在地として、シンガポール東部にある公営住宅の1室が記載されていて、NHKの取材班がこの場所を訪ねたところ、男性の家族とみられる女性が応対し、男性が住んでいることを認めました。そのうえで、「自宅にはめったに帰ってこない」とだけ話して、それ以上の取材には答えませんでした。また、近所に住む女性は「家族は知っているが男性に会ったことはない。この公営住宅で会社を経営している人がいるなんて聞いたことがない」と驚いた様子で話していました。
[PR]
# by zhimuqing | 2016-05-14 16:53 | Make Me Wanna Holler | Trackback | Comments(0)