危ないところでした

あまり時間をおかずにドクター・ジョンの新作が登場。
素晴らしかったヴードゥー全開の前作を受けての新作、
しかもサッチモの曲をドクター・ジョンがカバーとなると、
期待もいや増すというもの。
正直に言いますとね、初めの印象はもう一つだったんですよね。
ドクターの作品の中では中レベルかな、期待しすぎたかな?等と
したり顔で分かった気になっていたのです。
危ないところでした。

オープニングの“この素晴らしき世界”は
ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマのぶ厚いコーラスが効いていて、
最高の出だしなんだけど、2曲目のファンク(いやフォンクか)仕立ての
“マック・ザ・ナイフ”がソツが無さ過ぎて破綻がないというか、
引っ掛かりが少なすぎる気がして、テンションが盛り下がってしまったのですね。
もう一つカッコ良くないラップも邪魔だし。

たくさん参加しているゲストの中で一番期待していたアンソニー・ハミルトンの
“Sometimes I Feel Like …”もベタっとした感じで、平板だし。
バンドの演奏は上手いけど、つるつるし過ぎているし…、と
危うく棚の肥やしになるところでしたよ。
このアルバムのメイン・ディッシュは中盤以降ですね。
7曲目の“That’s My Home”からアルバムラストまでの流れは完璧。
ファンク調、しかもツルツルしたスムーズジャズ方面に近い、ではなく、
よりトラディッショナルなスタイルに近い方が気持ち良いですね。
ドクター・ジョンのピアノや歌はいつでも文句なしだが、
そういう曲調の方がより映えるのは間違いない。
あと、ゲストのヴォーカル陣も豪華(人によっては渋いだけかも)ですが、
ボニー・レイット、レディシ、シェメキア・コープランド、
いずれも甲乙つけがたい。それにしてもレディシは本当に幅が広い。
レイット姐さんはギター弾いてくれていたらもっと良かったのに!
3曲目で猛烈にスペイン語でのラップというか語りを聞かせるテルマリーは
相当カッコいいので、色々漁ってみたいぞなもし。
意図しなかったのだけど、写真が一番でかくなってしもうた。

このアルバムはサッチモのトリビュートなんで、もう一つの売りは
トランペッターがたくさんフューチャーされているところですね。
その味わいを聴き比べるだけでも相当面白い。
名前を見ずに好みを探ろうとしてみたのだが、
ひしゃげたフレージングがヒップな9曲目“Wrap Your Troubles”と
ガラっぱちな破裂音が気持ち良い5曲目“Gut Bucket Blues”が良い!と
ブックレットを確認すると、テレンス・ブランチャードとニコラス・ペイトン!

(私的には)有名でない人を持ち上げて見栄を張りたかったのに、
あまりにも有名どころだったので、なんだかガッカリ、
いや別にがっかりする必要もないのですけどね。
あとは“That’s My Home”でのまろやかの度合いが過ぎてファンキーな
ウェンデル・ブルニアスのフリューゲルホルンが素晴らしい。

ということで、初めの印象と結構異なって、いまや愛聴盤なのですが、
私は知らなかったのですが、バックバンドのLower 9-11、
新しい方向に進みたいというドクターの意を受けて、すでに解散していたのですね。
ドラムのハーマン・アーネストⅢはかなり好きだったんですけどね。
ああ、最近の来日ライブ、観に行っていなかったからねぇ。
これまた失敗だ!

ということで、それはさておき、御歳73歳でもまだまだ全盛期のドクター、
出たばっかりのこのタイミングで言うのもなんですが、
次回作も期待していますよ!


■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-27 18:14 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)

ペコロス

これまでの流れを読んでいると、ペコロスさんはお母さんに
ずっと会いに行けるような気がする。
この名作は全国の学校に置いておくべきだと思う。
大人はもちろんだが、子供にこそ読んでほしい本だ。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-26 02:17 | Make Me Wanna Holler | Trackback | Comments(2)

じんじんとする

この夏に出た文庫本『お文の影』。
江戸もの×怪奇もの=宮部みゆき 必殺技中の必殺技、しかも短編集、
まさに無敵の一冊です。
短編が6編、すべて様々な物の怪が登場するお話だが、
怪談と呼ぶには、おどろおどろしくなく、
市井の人々の営みに潜む機微や影が胸にジンジンと響く、
宮部みゆきならではの世界。

話の組み立て、場面と背景の設定、オチの落としどころ、
まさに天才としかいいようがない。
宮部みゆきの天才性はここで私が改めて語るまでもないけど、
どうしても語らずにいられない。(しかし表現出来る語彙がない、ううう)
題材に挙げられるお化けの多様性も素晴らしい。
馴染みのあるのは化け猫ぐらいだが、
よくこんな物の怪を探してきたなと感心しますね。

大段営にファンタジーな要素が溢れる『博打眼』、
宮部みゆきワールドど真ん中の『討債鬼』、
逆にあまり宮部的でない余韻を残す『ばんば憑き』、
淡々とした描写に暖かみが宿る『坊主の壺』。

どれもが名作と称されるレベルの珠玉の逸品ですが、
特に痺れるのが『お文の陰』と『野槌の墓』かな、やはり。
苦みが残る、決して楽しい話ではないが、ラストの描写に溜息が出る。
『お文の影』はぼんくらの政五郎親分とおでこが登場するのも嬉しい。
夏の夜はやはり江戸の怪奇物、気になった人は必ず読むべし。
もともとは『ばんば憑き』で出版されていた模様。
個人的には『お文の影』の方がしっくりくるな。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-24 16:28 | La Sombra Del Viento | Trackback | Comments(0)

こんなところに

相変わらず可愛いモネイちゃん、インタビューの内容も興味深いわけですが、
個人的にはもう一人の方、こちらに注目すべき。
私に随分近しい人とクリソツというか、同一人物にしか見えない。
我が家では大爆笑ですよ。
君、英語上手くなったな。



身内ネタすまん。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-23 17:36 | U GOTTA FRIEND | Trackback | Comments(4)

☆こ☆れ☆は☆大☆正☆解☆

これは正解。
ワカッテマス感が出ると思って、漫☆画太郎について触れる枚と思ったのだが、
原画の実物を間近に見て、実に緻密な画に圧倒されました。
過度に神経質である一方で、生命力が溢れ出してもいる。
爆発といってもいい。
実は社会の風刺もたっぷりだが、そこに触れるのは野暮ですね。
入場料タダ、写真OKの太っ腹設定を含め、素晴らしい。
あと見に来ている女性は何故か別嬪さんが多い(一部例外もあるが)。
入場制限がかかっているため、行列に並ぶのだが、
最後尾の人がこの絵を持っておくという仕組み。おもしろい。

写真は自由に撮って良いのだけど、やっぱり写真じゃ伝わらない。
これはブーツィー・コリンズですな。
抱き枕は流石に高いけど、Tシャツ買おうか結構悩みました。
でも、根性ないので、やめときました。
来週の火曜まで。行っといた方がいいよ!

一つ残念だったのはこの名作とのコラボ作が無かったこと。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-23 01:21 | Change! | Trackback | Comments(0)

夏の夜は怖い話に限る

さて、ブラザG宅へはワンピースの単行本を7、8冊置いてきて、
代わりにカズーやらTシャツ、子供達へのプレゼントというかオモチャ等を
受け取ったわけですが、これは凄い、読んだほうがいいと言って渡されたのが、
巴 亮介「ミュージアム」全3巻。
確かになかなか恐くて、また素晴らしく面白い。
各方面で話題になっているのも頷けますね。
サイコキラー、シリアルキラーの話なので、相当エグい描写も出てくるが、
センセーショナルな描写で話題を取ろうとしたものではないことは明確だ。

3巻の中にミュージアム以前の短編が2作品収められているが、
それらの作品でも効果的に使われているように、
一つの描写やセリフを畳句として使うのが実に巧い。
全体の構図がかっちりと初めから頭の中にあるタイプ、
おそらく映画や説等を丁寧に味わってきた人なのでしょうね。
全体の構成がまた素晴らしい。
犯人が犯行を重ねる場面、犯人の正体を追いかける場面、
対決、何とも言えない後味を残すラスト。
内容とは裏腹にどことなく淡々とした描写(読まないと分からないな)もいいし、
うっすら漂うユーモア(私刑の名付け方)もセンス抜群。
陪審員制度、死刑制度云々がまたストーリーにコクを加える。

もちろん疑問符が付く場面や部分もあるが、個人的には些細なこと。
圧倒的な構成力とスピード感を堪能すべし。
夜更けに一人で読むと痺れます。
あと、名刺に書かれていたURLね、ああいう試みも面白いね。
後書き的なものも。
個人的にはあれで十分だったのだが。

こちらは一緒に持って帰ったアコギ。
普段全く弾かないから持って帰ってもいいよ、とのこと。
Gリースとか今の私をKばんに詰めて、とかで使っていたギターですね。
夜更けにスライドバー使ってウルトラ・インチキ・ギターを弾いていると、
ミュージアムのカエル男よりも恐ろしい、との噂が。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-19 00:28 | La Sombra Del Viento | Trackback | Comments(0)

真夏の怒涛の二日間

そんなこんなで、58 Special、2 days無事に終了。
すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル、やっぱりいいですね。
初日は、昨年に続き今年もニシキ屋。
いい感じに仕上がったお客さんで一杯。
始まる前から盛り上がっていますからね。
やっぱり100点満点で500点ぐらい!素晴らしい。
昨年は全くダメダメダメだったのに対し、今年はダメダメぐらいで済んだので、
45点から52点ぐらいになったかもと思いつつ、まだまだ精進が必要だと
反省しておりところです。
知らない人からピノ・パラディーノみたいで良かったよ!と言われ、
一瞬有頂天になりかけましたけど、そうか、プレベのルックスの事かと思い直し、
はじけなくて良かったなと思いました。
もはや、何をしているかよくわからない図だ。

その後大雨になり、色々と用事があるので、打ち上げには参加せず帰宅。
少し気落ちする話なんかもあったのですが、
ケンドリックス君が所用で来てくれたので、二人してブラザGのところに。
ライブで使う予定のブツを受け取りに行ったのですが、
あの男は私に似て?気前がいいので、これをあげる、あれも持って帰れ等と
色々お土産?を貰って帰ったのですが、その話はまた後日。

で、すみジャズ2日目、私は初めてのジャズ・バスでのライブ。
錦糸町周辺の会場を回る無料バスの中で45分くらい演奏するという、
実に愉快な催し物なのですが、これがとても楽しくて最高でしたね。
バスの中なのでエレキベースは使えないし、ウッドベースも無いので、
私はギロとGの住処から持って帰ったエレキ・カズー、
そして誰のか分からないタンバリン、あと時々後ろで叫んでいたのですが、
これが実に愉快で、病みつきになりそうですね。
やっぱり普段やれないことをやるというのがお祭り感満載で楽しいですね。
あまりに楽しいためか、ケンドリックス家の令嬢ヨーコ嬢も
ぐっすりとお休みになられておりました。
来年もバスには出たいなぁ。
まったくフロントの女性2名は凄いことになってます。

ということで、バスに乗った後はまたニシキ屋に戻り、
空犬さんとかJoe-Goさんとかのご機嫌なライブを堪能した後、
スミエ姐さんの娘さんのユニットを応援にジャズバスに乗り、
一周またギロでギコゲコやったり、マダムギター関連で岡地さんを見かけたけど、
声をかけそびれたりと、愉快な一日で疲れ果てましたけど、
実に楽しい2日間でしたね。
実行委員の皆さん、お疲れさまでした。
58兄さん!ぶれた写真しかないので、綺麗なものをくださいませ。

今回大活躍の2品。
ランチ姐さんにこんな形のものが好きなのね、と意味深なお言葉をいただいたが
それはとりあえず忘れておきましょう。
特にギロはシンプルな楽器だが、センスがもろに出てしまいそうで、
ためらいも恥じらいもなく、ギコゲコやっていたけど、
失笑ものだった可能性もあるな。これまた精進が必要だ。

■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-18 01:54 | Blues 4 Terapin | Trackback | Comments(6)

ようやく揃った!

海の向こうからはるばる届きましたよ、必殺の大名盤。
これだけはどうしてもヴァイナルで欲しかったのだ!
オランダかな?での正規でのリリース。
180gのカラーヴァイナル2枚組!


これで、絶対に欲しかったソウルクウェリアンズ3部作が揃った。
いつでも部屋にヨルバの精霊が呼びだせるぞ!


CDのブックレットでは全く気が付いていなかったメッセージにグッと来る。
これに気が付いただけでも、買った価値はあったというものだ。


the warrior's reminder

i am awake

my mind is free

i am creative

i love myself

my willpower is strong

i am brave

i practice patience

i don't judge folks

i give, not receive

i don't expect

i accept

i listen more than talk

i know i'll change

i know you'll change

i'll hold on one more day

i start over when necessary

i create my own situations

i am cosmic

i don't have the answers

i desire to learn

i am the plan

i am strong

i am weak

i want to glow

i know i will

i take on responsibility

i hide myself from on one

I'm on my path

warrior's walk alone

i won't let my focus change

taking out the demons in my range



that's mama's gun


erykah badu


子供の教育、いや大人もだな、の指針としてあるべき言葉。
■  [PR]
# by zhimuqing | 2014-08-16 23:28 | Funkentelechy | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >